【愛知杯2020】結果・動画/デンコウアンジュが内から差し切りV

愛知杯2020 デンコウアンジュ

愛知杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の愛知杯の着順は1着:デンコウアンジュ、2着:アルメリアブルーム、3着:レイホーロマンスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年の愛知杯はデンコウアンジュが内から差し切りV

2020年1月18日(土) | 1回小倉1日 | 15:25 発走
第57回 愛知杯(GIII)芝・右 2000m
Aichi Hai (G3)

スポンサーリンク

2020年・愛知杯の動画

関連記事

昨年の愛知杯はワンブレスアウェイが制していた。

愛知杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の愛知杯の着順は1着:ワンブレスアウェイ、2着:ノームコア、3着:ランドネとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・愛知杯の結果

スポンサーリンク

1着:デンコウアンジュ
2着:アルメリアブルーム(クビ)
3着:レイホーロマンス(クビ)
4着:フェアリーポルカ(3/4馬身)
5着:センテリュオ(4馬身)
6着:ウインシャトレーヌ
7着:パッシングスルー
8着:リリックドラマ
9着:サラキア
10着:サヴォワールエメ
11着:アロハリリー
12着:ポンデザール
13着:カレンシリエージョ
14着:モルフェオルフェ
15着:レッドランディーニ
16着:ランドネ

勝ちタイム:2.01.1
優勝騎手:柴田 善臣
馬場:重

レース後のコメント

愛知杯2020 デンコウアンジュ

1着 デンコウアンジュ(柴田善臣騎手)
「返し馬の時からきょうは雰囲気が違った。中間で攻め馬を強化したのがプラスと出たのだろう。レースでも4コーナーまで持ったまま。うまくインもあいてくれたので差し切ることができた」

2着 アルメリアブルーム(武豊騎手)
「思い通りのレースはできた。あと少しだったけど、勝ち馬の決め手の方が上でした」

3着 レイホーロマンス(酒井学騎手)
「前走に三千を使っていたので出して行ったし、内枠もあって道中はいい位置で運べた。最後も内にもたれ気味だったが、反応良くしっかり伸びた」

4着 フェアリーポルカ(和田竜二騎手)
「馬場もこなしてくれたし、いいところを抜け出してきたけど、最後は同じ脚いろになった。もうちょっと内枠なら…」

5着 センテリュオ(C.ルメール騎手)
「スタートから、この馬場で進んでいかなかった。能力があるので直線は伸びたが、ラスト100メートルで疲れてしまった」

7着 パッシングスルー(池添謙一騎手)
「向こう正面で脚を取られてしまった。ジリジリとはきているけど、力のいる馬場がこたえました」

8着 リリックドラマ(菱田裕二騎手)
「いつもみたいにマイペースで行けなかった。最後まで頑張ってはいます」

9着 サラキア(川田将雅騎手)
「返し馬での雰囲気からも、状態は良かったと思います。ただ馬場の影響なのか、この馬本来の走りは見られなかったですね」

11着 アロハリリー(北村友一騎手)
「この馬場でハンデの55キロがしんどかった。落ち着きがあって、(状態は)よかったんですが…」

12着 ポンデザール(藤岡康太騎手)
「向こう正面から手応えに余裕がなかった。ジリジリとは伸びているけど、この馬本来の伸び脚は見られませんでした」

13着 カレンシリエージョ(藤田菜七子騎手)
「前走と同じくらい、スタートは出たけど、このメンバーで距離も短かったので、あの位置になってしまいました。自己条件なら、もう少しやれると思います」

勝ち馬プロフィール

デンコウアンジュ(Denko Ange)牝7/黒鹿毛 荒川 義之(栗東)
父:メイショウサムソン 母:デンコウラッキー 母父:マリエンバード
馬名の由来:冠名+天使(仏)

関連記事
デンコウアンジュは2019年の福島牝馬ステークス以来の重賞勝利。
福島牝馬ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の福島牝馬Sの着順は1着:デンコウアンジュ、2着:フローレスマジック、3着:ダノングレースとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。