【京成杯2024】結果・動画/ダノンデサイルが鮮やかに差し切る

京成杯2024 ダノンデサイル

京成杯2024の結果・動画をまとめた記事です。2024年の京成杯の着順は1着:ダノンデサイル、2着:アーバンシック、3着:コスモブッドレアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2024年の京成杯はダノンデサイルが鮮やかに差し切る

2024年1月14日(日) | 1回中山5日 | 15:45 発走
第64回 京成杯(GIII)芝・右 2000m
Keisei Hai (G3)

2024年・京成杯の動画

JRA公式

みんなのKEIBA

関連記事
昨年の京成杯はソールオリエンスが制していた。
京成杯2023の結果・動画をまとめた記事です。2023年の京成杯の着順は1着:ソールオリエンス、2着:オメガリッチマン、3着:セブンマジシャンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2024年・京成杯の結果

スポンサーリンク

1着:ダノンデサイル
2着:アーバンシック(3/4馬身)
3着:コスモブッドレア(クビ)
4着:ハヤテノフクノスケ(1/2馬身)
5着:ニシノフィアンス(1/2馬身)
6着:アスクナイスショー
7着:バードウォッチャー
8着:エコロマーズ
9着:ドゥレイクパセージ
10着:マイネルフランツ
11着:レイデラルース
12着:ジュンゴールド
13着:ロードヴェスパー
14着:グローリーアテイン
取消:ロジルーラー

勝ちタイム:2:00.5
優勝騎手:横山 典弘
馬場:良

関連記事
G1・皐月賞をにぎわす馬は?
皐月賞は2024年4月14日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2024年で第84回を迎え、昨年はソールオリエンスが制した。皐月賞の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

京成杯2024 ダノンデサイル

1着 ダノンデサイル(横山典弘騎手)
「本当にオーナーサイドが僕と調教師と自由にやらせてもらえるので、すごい馬はそれに応えて、伸び伸びと良くなっていますね。今日はいいポジションでリラックスして走れたので、不利のないようにいいところでスパートして、いい感じで馬のリズムで伸びていけたので良かったですね」

2着 アーバンシック(横山武史騎手)
「スタート次第では、ポジションを取ることも考えていましたが、中途半端に押してリズムを崩すのは嫌だった。勝負どころで外に出したかったのですが、内にもたれ、それを修正しながらで、その分の差が出てしまったかもしれません。馬はすごくいいです」

3着 コスモブッドレア(石川裕紀人騎手)
「直線を向いて勝てるかなと思いました。前走がいい内容で糧になり、今日につながりました。中間も厩舎がうまく修正してくれて、状態は良かったですし、うまくかみ合っていいレースをしてくれました」

4着 ハヤテノフクノスケ(岩田望来騎手)
「上手に競馬ができて、最後はオッというところまで来ました。コーナーでバランスを崩したのが痛かったですが、最後まで踏ん張ってくれました」

5着 ニシノフィアンス(三浦皇成騎手)
「初戦はハナに行って、能力だけで勝ってくれましたが、今日は競馬を教えるレースをして、いい内容で走れたと思います。先々良くなってきそうです」

6着 アスクナイスショー(大野拓弥騎手)
「マイペースでリズム良く行けました。新馬の時より成長も感じたし、頑張ってくれました」

7着 バードウォッチャー(C.ルメール騎手)
「まだ緩いですね。プラス10キロで少し重かったかもしれません。これから良くなってくると思います」

8着 エコロマーズ(内田博幸騎手)
「2000メートルだったので、強引な競馬をせず、出たなりの位置で運びました。折り合いもついて、ラストも詰めています」

9着 ドゥレイクパセージ(R.キング騎手)
「いいスタートが切れて、リズム良く走れて、手応えも良かったです。最後までバテずにゴールしましたが、上位とは瞬発力の差が出たかなと思います」

10着 マイネルフランツ(津村明秀騎手)
「聞いていたより、レース前のテンションは我慢できていました。力まず走れていたし、現状の力は出せたと思います。距離は持ちそうです」

11着 レイデラルース(石橋脩騎手)
「内枠が厳しかったですね。できればもっと前につけたかったし、出しては行っているのですが、位置取りが後ろになってしまい、この馬の力を出せる形になりませんでした。能力はあるだけに、もう少し外の枠が欲しかったです」

12着 ジュンゴールド(坂井瑠星騎手)
「勝ち馬をマークする、いい位置で運べました。ただ全体に力むところがあって、直線に向くところでは、もう脚がありませんでした。これが能力ではないと思いますし、立て直してまた頑張ってくれると思います」

13着 ロードヴェスパー(横山和生騎手)
「ゲート裏も返し馬も、まだ子供ですね。体つきも幼いですが、ポテンシャルはありそうなので、これからの成長に期待です」

14着 グローリーアテイン(戸崎圭太騎手)
「競馬を使ったことで気合い乗りが良すぎる感じで、レースでも前半からムキになるところがあり、最後は余力が残っていなかったです。緩い馬場を気にしてバランスも取れていませんでした」

勝ち馬プロフィール

京成杯2024 ダノンデサイル

ダノンデサイル(Danon Decile)牡3/栗毛 安田 翔伍(栗東)
父:エピファネイア 母:トップデサイル 母父:Congrats
馬名の由来:冠名+母名の一部

関連記事
ダノンデサイルは前走の京都2歳ステークスで4着に敗れていた
京都2歳ステークス2023の結果・動画をまとめた記事です。2023年の京都2歳Sの着順は1着:シンエンペラー、2着:プレリュードシチー、3着:サトノシュトラーセとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。