【京王杯スプリングカップ2020】結果・動画/ダノンスマッシュが鮮やか逃げ切りV

【京王杯スプリングカップ2020】結果・動画/ダノンスマッシュが鮮やか逃げ切りV

京王杯スプリングカップ2020 ダノンスマッシュ

京王杯スプリングカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の京王杯スプリングカップの着順は1着:ダノンスマッシュ、2着:ステルヴィオ、3着:グルーヴィットとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

距離延長も問題なし!2020年の京王杯スプリングカップはダノンスマッシュが鮮やか逃げ切りV

2020年5月16日(土) | 2回東京7日 | 15:45 発走
第65回 京王杯スプリングカップ(GII)芝・左 1400m
Keio Hai Spring Cup (G2)

スポンサーリンク

2020年・京王杯スプリングカップの動画

関連記事

昨年の京王杯スプリングカップはタワーオブロンドンが制していた。

京王杯スプリングカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の京王杯SCの着順は1着:タワーオブロンドン、2着:リナーテ、3着:ロジクライとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・京王杯スプリングカップの結果

スポンサーリンク

1着:ダノンスマッシュ
2着:ステルヴィオ(1-3/4馬身)
3着:グルーヴィット(3/4馬身)
4着:ラヴィングアンサー(アタマ)
5着:セイウンコウセイ(クビ)
6着:ケイアイノーテック
7着:ストーミーシー
8着:タワーオブロンドン
9着:エントシャイデン
10着:ショウナンライズ
11着:レッドアンシェル
12着:ライラックカラー
13着:ドーヴァー

勝ちタイム:1.19.8
優勝騎手:D.レーン
馬場:稍重

関連記事
G1・安田記念をにぎわす馬は?
安田記念は2020年6月7日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2020年で第70回を迎える。昨年はインディチャンプが接戦を制した。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 ダノンスマッシュ(D.レーン騎手)
「(タワーオブロンドンで勝った昨年に続き)連勝できて非常にうれしい。短期免許で日本にいる間に重賞を何回も逃していたので、今日は重賞をとれてうれしい。レース前には特に決まり(作戦)はなかった。非常にいいスタートを切っていって、そんなにペースも速くなかったので、先頭になりました。(逃げるのは)作戦ではなかったけど、いいレースができました。直線入ってからも手応えはよかった。久しぶりの1400メートルということも頭に入れながら走った。最後までしっかり1400メートルを走ってくれた。(この馬の特長は)非常に脚が速いことですね。ファンと競馬場で出会うことができなくて、残念です。テレビの前で見てくれていたと思いますが、ぜひ応援を続けて、これからまた3週間、いい競馬があると思うので、ぜひみんな楽しんでください」

(安田隆行調教師)
「いつもゲートに入ったらソワソワするが、今日は枠入りが最後だったので、スタートのタイミングが良かった。逃げは想定外だったが、ペースも特別速い訳ではなく、良い流れで運べていた。今後は一息入れて、セントウルステークスから、スプリンターズステークスを目指す予定」

2着 ステルヴィオ(川田将雅騎手)
「外からリズムよく競馬してくれましたし、直線もいい内容で、しっかり走ってくれたと思います」

3着 グルーヴィット(M.デムーロ騎手)
「頑張っていたけど、直線で右にもたれたし、手前が替わらなかった。でも力はある馬。馬場が悪いのも上手だった」

4着 ラヴィングアンサー(吉田豊騎手)
「もう少し展開が向けば良かったが。馬場は平気だった」

5着 セイウンコウセイ(内田博幸騎手)
「行ければ(ハナに)行こうと思っていたが、勝ち馬とは二の脚が違った」

6着 ケイアイノーテック(石橋脩騎手)
「チークピーシーズが効いていたのか、反応の鈍さはなかった」

7着 ストーミーシー(田辺裕信騎手)
「周りが速くて、欲しいポジションをとれなかった」

8着 タワーオブロンドン(C.ルメール騎手)
「大きな馬だから、この馬場でパワーをそがれた。良馬場の方がいい」

9着 エントシャイデン(松山弘平騎手)
「この馬場で、最後は走りづらそうにしていた」

10着 ショウナンライズ(和田竜二騎手)
「このメンバーでも頑張っていたし、オープン特別ならもっとやれる」

11着 レッドアンシェル(福永祐一騎手)
「脚はたまっていたが、いざ追い出すと差を詰められなかった」

12着 ライラックカラー(武豊騎手)
「道中でもっとためたかったが、このメンバーに入ると若干、厳しいのかな」

勝ち馬プロフィール

京王杯スプリングカップ2020 ダノンスマッシュ

ダノンスマッシュ(Danon Smash)牡5/鹿毛 安田 隆行(栗東)
父:ロードカナロア 母:スピニングワイルドキャット 母父:Hard Spun
馬名の由来:冠名+打ち砕く。相手を打ち砕く強烈な走りを期待して

関連記事
ダノンスマッシュにとって今回の勝利はオーシャンステークス以来の重賞制覇となった。
オーシャンステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のオーシャンステークスの着順は1着:ダノンスマッシュ、2着:ナックビーナス、3着:タワーオブロンドンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。