【ヴィクトリアマイル2020】結果・動画/アーモンドアイが他馬を寄せ付けず圧勝

ヴィクトリアマイル2020 アーモンドアイ

ヴィクトリアマイル2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のヴィクトリアマイルの着順は1着:アーモンドアイ、2着:サウンドキアラ、3着:ノームコアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

まったく付け入るスキを与えず!2020年のヴィクトリアマイルはアーモンドアイが他馬を寄せ付けず圧勝

2020年5月17日(日) | 2回東京8日 | 15:40 発走
第15回 ヴィクトリアマイル(GI)芝・左 1600m
Victoria Mile (G1)

スポンサーリンク

2020年・ヴィクトリアマイルの動画

関連記事

昨年のヴィクトリアマイルはノームコアが制していた。

ヴィクトリアマイル2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のヴィクトリアMの着順は1着:ノームコア、2着:プリモシーン、3着:クロコスミアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・ヴィクトリアマイルの結果

スポンサーリンク

1着:アーモンドアイ
2着:サウンドキアラ(4馬身)
3着:ノームコア(クビ)
4着:トロワゼトワル(1/2馬身)
5着:ダノンファンタジー(1/2馬身)
6着:シゲルピンクダイヤ
7着:ラヴズオンリーユー
8着:プリモシーン
9着:ビーチサンバ
10着:シャドウディーヴァ
11着:アルーシャ
12着:トーセンブレス
13着:サトノガーネット
14着:コントラチェック
15着:スカーレットカラー
16着:メジェールスー
取消:ディメンシオン
取消:セラピア

勝ちタイム:1.30.6
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

関連記事
G1・安田記念をにぎわす馬は?
安田記念は2020年6月7日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2020年で第70回を迎える。昨年はインディチャンプが接戦を制した。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

ヴィクトリアマイル2020 アーモンドアイ

1着 アーモンドアイ(C.ルメール騎手)
「今日はパドックからスタートまで、良い感じでした。道中でもリラックスしていて乗りやすく、最後もパワフルなストライドで走っていました。この馬のレースはスタートによって決まります。今日は好スタートで、サウンドキアラの後ろの良いポジションにつけられました。やはりこの馬は特別な馬です。すでに、レジェンドホースですが、彼女の現役生活はまだ続くので、これからもGIを勝つことができると思います。最後に三浦騎手に感謝申し上げたいと思います。私は新型コロナウイルスの感染防止のため、美浦に行けず、三浦騎手が代わって調教に乗って仕上げてくれました。彼に感謝します」

(国枝栄調教師)
「色々と運がないことばかりだったので、ホッとしています。装鞍所で時々暴れることがあるのですが、今日は全くそんな素振りもなく、すごくリラックスしていたので、随分大人になったと思いました。レースは騎手に任せていました。ゲートでの立ち遅れだけが心配でしたが、ポンと出てくれてホッとしました。道中は鞍上と上手く折り合って、滑らかな走りをしていたので安心して見ていました。(GI7勝目について)数々の名馬が築いてきたところに並ぶことができて嬉しいです。今日は暑いので心配していましたが、レース後は今までより全然楽で、上がってきて尻っぱねをするぐらい元気だったので、そういう点でも馬がしっかりしたのだと思います。今後は具体的にこれ、というものはなく、オーナーサイドと、馬の具合を見ながら決めることになると思います」

2着 サウンドキアラ(松山弘平騎手)
「スタートは良かったし、立ち回りが上手。大外枠も関係なかったし、こなしてくれた。ポジションを取れて、最後まで集中力を切らさず、思い描いた競馬ができた。相手は強かったけど、この馬も力をつけている」

3着 ノームコア(横山典弘騎手)
「前走から馬は変わっていなかったけど、もう少しゲートを出てくれれば…。思い通りのレースができていれば、2着はあった」

4着 トロワゼトワル(三浦皇成騎手)
「前で運ぶつもりでしたが、思っていた以上にスピードがあって、楽にスムーズな競馬をすることができました。良い形で運べて、よく頑張ってくれました」

5着 ダノンファンタジー(川田将雅騎手)
「この馬のリズムに徹して、しまいまでしっかり走り切ってくれました。着順は5着だけど、いい内容でした」

6着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「機嫌が良かったのか、ゲートにスッと入ってくれて、スタートも決まり、見せ場を作れました。勝負どころでは、相変わらずズブいですが、良い競馬でした。勝ち馬は別次元として、最後も差を詰めていますから、噛み合えば上位に来られると思います」

7着 ラヴズオンリーユー(M.デムーロ騎手)
「スタートは出ましたが、すぐに内に馬が殺到してきて、ゴチャゴチャになってしまいました。距離はそれほど問題なかったです」

8着 プリモシーン(D.レーン騎手)
「前半のペースが速く、ポジションが後ろになったけど、手応えは良かった。ただ、パンパンの馬場を気にしていた。クッションが利いていた方が伸びた」

9着 ビーチサンバ(福永祐一騎手)
「今日はスタートが全てですね。ゲートが開くちょっと前にうるさくなって、暴れてしまいました。そこに尽きます」

10着 シャドウディーヴァ(池添謙一騎手)
「まだ体が緩く、このメンバーに入ると…。道中、ゴチャついて邪魔されたところもあった。これからの馬」

11着 アルーシャ(北村宏司騎手)
「ゲートを蹴ったこともあり、速いスタートができなかった。よく伸びているが、強い相手の中だと…」

12着 トーセンブレス(柴田善臣騎手)
「この馬なりにしっかり走ったけど、時計が速かった」

13着 サトノガーネット(吉田豊騎手)
「ついてはいけたし、最後も伸びたけど、ほかの馬も伸びていた。時計がかかった方がいい」

14着 コントラチェック(武豊騎手)
「ゲートを出てくれたが、主張してきたので2番手。ただ、ためが利かない走り。マイルは忙しいかもしれない」

15着 スカーレットカラー(石橋脩騎手)
「4コーナーあたりで反応が…。グッと走るところがなかった」

16着 メジェールスー(岡田祥嗣騎手)
「アーモンドアイの横で位置取りは良かったけど…。最後まで頑張った」

勝ち馬プロフィール

ヴィクトリアマイル2020 アーモンドアイ

アーモンドアイ(Almond Eye)牝5/鹿毛 国枝 栄(美浦)
父:ロードカナロア 母:フサイチパンドラ 母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:美人とされる顔の目の形

関連記事
アーモンドアイにとって昨年の天皇賞秋以来のG1制覇。これで通算G1勝利数を7に伸ばした。
天皇賞秋2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の天皇賞秋の着順は1着:アーモンドアイ、2着:ダノンプレミアム、3着:アエロリットとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。