【京都ハイジャンプ2020】結果・動画/スズカプレストが抜け出し重賞初制覇

京都ハイジャンプ2020 スズカプレスト

京都ハイジャンプ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の京都ハイジャンプの着順は1着:スズカプレスト、2着:ラテールプロミーズ、3着:タガノエスプレッソとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年の京都ハイジャンプはスズカプレストが抜け出し重賞初制覇

2020年5月16日(土) | 3回京都7日 | 13:50発走
第22回 京都ハイジャンプ(J・GII)障害・芝 3930m
Kyoto High-Jump (J-G2)

スポンサーリンク

2020年・京都ハイジャンプの動画

関連記事

2018年の京都ハイジャンプはアスターサムソンが制していた。

京都ハイジャンプ 2018の動画・結果です。京都ハイジャンプの結果は1着:アスターサムソン、2着:ルペールノエル、3着:テイエムオペラドン。「アスターサムソン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2020年・京都ハイジャンプの結果

スポンサーリンク

1着:スズカプレスト
2着:ラテールプロミーズ(1-3/4馬身)
3着:タガノエスプレッソ(6馬身)
4着:マイネルレオーネ(8馬身)
5着:アスターブリザード(クビ)
6着:リングオブハピネス
7着:ルペールノエル
8着:クリノライジン
9着:シゲルスズキ
中止:スプリングボックス

勝ちタイム:4.43.9
優勝騎手:北沢 伸也
馬場:重

関連記事
2020年春の障害王決定戦・中山グランドジャンプはオジュウチョウサンが制していた
中山グランドジャンプ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の中山グランドジャンプの着順は1着:オジュウチョウサン、2着:メイショウダッサイ、3着:ブライトクォーツとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

1着 スズカプレスト(北沢伸也騎手)
北沢伸也騎手は「2年間も休んで、その間、面倒を見てくれた牧場スタッフに本当に感謝しています。スピード勝負では厳しいので、願ってもない雨でした。キャリアが豊富なぶん、こういう馬場は得意ですね。僕自身、京都での重賞は、これが初めて。小倉で勝てば、障害では全場重賞制覇になるので頑張りたいです」

2着 ラテールプロミーズ(五十嵐雄祐騎手)
「最初からほぼ完ぺきに乗れました。飛越もしっかりしていました。今日に関しては、言うことありません。結果は2着ですが、しっかり走っての2着ですからね。内容は良かったと思います」

4着 マイネルレオーネ(上野翔騎手)
「馬格の無い馬ですからね。下(馬場)が緩いのは、この馬にはプラスに働きませんでした。3周目のところで、もう少し勝負しに行っても良かったかなとも思いましたが、着差を見ると現状ではここで一杯だったかなという感じです。でも重賞でもオープンの強いところでも十分やれる力があります。勝ち馬は戦ってきた相手が違いますし、タガノエスプレッソは平地重賞を勝っているぐらい脚力のある馬です。展開とコース次第では逆転できても良い馬です」

5着 アスターブリザード(植野貴也騎手)
「距離以上に飛越も上手い馬です。今日のように渋った馬場も良いとは言えませんが悪くありません。もっと良くなる馬です。走ってきそうです」

勝ち馬プロフィール

スズカプレスト(Suzuka Presto)牡8/鹿毛 橋田 満(栗東)
父:ダイワメジャー 母:メジロプレスト 母父:メジロライアン
馬名の由来:冠名+母名の一部

関連記事
スズカプレストは前走の阪神スプリングジャンプでは7着に敗れていた。
阪神スプリングジャンプ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の阪神スプリングジャンプの着順は1着:オジュウチョウサン、2着:シングンマイケル、3着:トラストとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。