カイカノキセキがレコードVデビュー/動画・結果【2歳新馬戦】

カイカノキセキ

カイカノキセキが勝利した2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:カイカノキセキ、2着:リトス、3着:ブッシュガーデンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

カイカノキセキがレコードVデビュー

2021年6月12日(土) | 1回札幌1日 | 12:15発走
2歳新馬戦
芝・右 1000m

スポンサーリンク

動画

関連記事
この世代最初の新馬戦はクラウンドマジックが制していた。
クラウンドマジックが勝利した2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:クラウンドマジック、2着:ラクスバラディー、3着:スズカワールドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

結果

スポンサーリンク

1着:カイカノキセキ
2着:リトス(1-1/2馬身)
3着:ブッシュガーデン(アタマ)
4着:コラリン(クビ)
5着:スマイルアップ(1-1/2馬身)
6着:プラソン
7着:ナバロン
8着:リブラソナチネ
9着:オーシンプラス
10着:ミンナノユメミノル
11着:ダイチスマイル
12着:ミスリチャード
除外:ヴィルチュオーズ

勝ちタイム:56.9(レコード
優勝騎手:鮫島 克駿
馬場:良

レース後のコメント

1着 カイカノキセキ(鮫島克駿騎手)
「栗東でもこちらに来てからも調教に乗せていただき、仕上がりの良さを感じていました。良いスピードがあり、それを生かす競馬をしました。今後距離が延びるにつれて道中遊びが出てくれば良いと思います

2着 リトス(亀田温心騎手)
「スタートは速かったです。3コーナーで出して行ったとき、ペースが落ちて頭を上げるところがありましたが、ラストまでジリジリ脚を使ってくれました。距離は1200mまでなら大丈夫だと思います」

3着 ブッシュガーデン(吉田隼人騎手)
「開幕週の馬場で1000mの外枠はきつかったです。今日は落ち着いていましたが、次走一回使ったことでテンションが上がらずに落ち着いていれば良いと思います」

勝ち馬プロフィール

カイカノキセキ

カイカノキセキ(Kaikano Kiseki)牝2/青鹿毛 池添 学(栗東)
父:キンシャサノキセキ 母:カイカヨソウ 母父:ティンバーカントリー
馬名の由来:開花の軌跡。開花へたどった道筋。父名、母名より連想

関連記事
母のカイカヨソウは2014年のマリーンカップ3着馬。
「マリーンカップ 2014」の動画・結果です。「マリーンカップ 2014」の結果は1着:ワイルドフラッパー、2着:アクティビューティ、3着:カイカヨソウ。「ワイルドフラッパー」が勝利したマリーンカップの詳しい結果、動画をご覧ください。