【日本ダービー2019】追い切り/抜群の動きを見せたのは

日本ダービー2019 追い切り

日本ダービー2019の追い切り・コメントの記事です。日本ダービーの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2019年5月26日(日) | 2回東京12日 | 15:40 発走
第86回 日本ダービー(GI)芝・左 2400m
Tokyo Yushun(Japanese Derby) (G1)

出走予定馬・予想オッズ

2019年・日本ダービーの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

日本ダービー2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の日本ダービーの出走予定馬にはサートゥルナーリアやヴェロックスなどが名を連ねています。今年は皐月賞上位組が人気の中心。どんな結果が待っているのか。
日本ダービーは2020年5月31日に東京競馬場で行われる三歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2020年で第87回を迎え、昨年はロジャーバローズが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも目黒記念などが開催される。

目黒記念2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の目黒記念の出走予定馬にはブラストワンピースやルックトゥワイスなどが名を連ねています。今回で第133回を数える伝統のハンデ重賞。祭りの後に待つドラマも見逃すな。
葵ステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の葵Sの出走予定馬にはディアンドルやアウィルアウェイなどが名を連ねています。自慢のスピードを生かし真っ先にゴールを目指す。
スポンサーリンク

日本ダービー2019の追い切りをチェック!

日本ダービー2019 追い切り

日本ダービーに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

アドマイヤジャスタ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 79.8-64.7-50.7-38.0-12.3(馬也)
外・アドマイヤエイカン(一杯)を6Fで1.7秒追走・1F併せで併入

M.デムーロ騎手「時計も速かったし、上がりも優秀。おとなしいタイプで折り合いは大丈夫じゃないかな」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.7-37.5-24.5-12.6(G強)
外・アディラート(馬也)と併せで併入

M.デムーロ騎手「気合を入れて、反応がすごく良かった。状態は良さそう」

須貝調教師「悔いのない仕上がり。前走は中山内回り2000メートルで後方から。広いコースで伸び伸び走らせたい」

エメラルファイト

1週前追い切り
美浦・南W・稍重
5F 69.4-54.0-39.5-12.3(強め)
外・ヘイワノツカイ(強め)を5Fで0.4秒追走・1F併せで0.1秒先着

相沢調教師「時計は予定よりちょっと遅かったが、ここまで順調に来た。折り合いは付くし上がりの脚も使えるから距離は大丈夫だと思う」

最終追い切り
美浦・南W・重
5F 66.3-50.8-37.6-12.7(一杯)
外・バレリオ(一杯)を5Fで0.6秒追走・1F併せで1.6秒先着

相沢調教師「先週の追い切りが軽かったので一杯にやって動きは良かった。弟子(石川騎手)とのコンビで臨めるのは最高だし、ダービーを勝てれば本望です」
クラージュゲリエ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 82.8-67.9-53.3-38.9-11.8(一杯)
中・サトノルークス(強め)を6Fで0.5秒追走・1F併せで併入
外・アイスバブル(一杯)を6Fで0.9秒追走・1F併せで0.5秒先着

池江調教師「クラージュはおとなし過ぎるくらいで精神的に成長している。サトノも反応が良化。距離が延びるのもいい」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 81.7-67.4-52.3-38.5-11.9(馬也)
外・スヴァルナ(一杯)を6Fで0.8秒追走・1F併せで0.1秒先着

池江調教師「いい状態。急に大人しくなったのは放牧の効果で、気性面が成長した。折り合いがつくようになってきたし、父、母父がダービー馬と血統的にも期待」
サートゥルナーリア

1週前追い切り
栗東・CW・良
5F 69.4-53.2-37.6-11.8(馬也)
内・タニノミッション(馬也)を5Fで0.6秒追走・1F併せで0.6秒先着
中・タニノフランケル(馬也)を5Fで1.2秒追走・1F併せで0.5秒先着

レーン騎手「とてもパワフルで満足できる調教だった。レースVTRを見て能力があると思っていたけど、思った通りで気になるところは何もなかった。力を出せれば勝てるチャンスは十分にある」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.1-67.2-52.3-38.1-11.6(馬也)
内・タニノフランケル(馬也)を6Fで0.2秒追走・5F併せで0.2秒先着

辻野助手「3週前に(栗東に)戻り、追うごとに張りが良くなった。いい状態で行けそうです」

小滝助手「馬体をこするくらい相手に近いところで(レースでの)きついところをイメージ。意識的に相手を置き去りにしないようにした。かかることなく、我慢ができていた」

サトノルークス

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 83.3-68.2-53.7-39.4-11.8(強め)
内・クラージュゲリエ(一杯)に6Fで0.5秒先行・1F併せで併入
外・アイスバブル(一杯)を6Fで0.4秒追走・1F併せで0.5秒先着

池江調教師「反応面でも使った効果はある。広いコースは合うし距離延長もいいと思う」

最終追い切り
栗東・CW・良
4F 52.3-37.9-12.1(馬也)
中・ダノンチェイサー(仕掛)を4Fで0.6秒追走・1F併せで0.2秒先着
外・アテンポラル(馬也)を4Fで0.9秒追走・1F併せで併入

池添騎手「感触を確かめる程度。反応、動きとも良く、ストライドが伸びていた。速い時計に対応できるかどうか」
シュヴァルツリーゼ

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 68.7-52.9-38.2-11.7(馬也)
中・ブーザー(馬也)を5Fで0.2秒追走・1F併せで併入
外・ゼーゲン(馬也)を5Fで0.4秒追走・1F併せで併入

森助手「1週前なので石橋騎手に感触を確かめてもらいました。前走は経験の浅さが出てしまいましたね。中間は在厩調整で順調に来ているし、東京で巻き返しは可能だと思います」
タガノディアマンテ

1週前追い切り
栗東・CW・良
5F 70.9-53.8-39.4-11.8(仕掛)

野田助手「前走(京都新聞杯=5着)後は使ったなりの疲れがあったけど、もう大丈夫。状態はキープできています」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.6-38.4-25.2-12.6(馬也)
内・アイファーキングズ(馬也)と併せで0.1秒先着

鮫島調教師「動きも時計も良かった。(戦法は)脚をためた方がやはり良さそう」
ダノンキングリー

1週前追い切り
美浦・南W・稍重
6F 80.1-65.8-51.8-38.4-12.7(一杯)
外・シェーナ(一杯)を6Fで1.8秒追走・1F併せで0.2秒先着

萩原調教師「前走の疲れは特に感じないので大丈夫。距離がさらに延びることに関しても特に心配はしていない」

最終追い切り
美浦・ポリ・良
5F 69.6-54.2-39.6-12.9(馬也)
内・シェーナ(馬也)を5Fで0.4秒追走・1F併せで併入

戸崎騎手「本当に順調にきているし、状態もいい。先週にしっかりやっているので、気合の入っている感じ。(しまいは)手応えを見る形で、道中は折り合いの確認をする感じでした」

萩原調教師「良かったと思います。折り合いですね一番は。ジョッキーに感触をつかんでもらって、実戦で今日の追い切りを頭に入れてもらえると思います」

ダノンチェイサー

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 56.7-40.8-26.0-13.0(馬也)

兼武助手「サラッと。上積みはあると思う」

最終追い切り
栗東・CW・良
4F 52.9-38.6-12.3(仕掛)
内・サトノルークス(馬也)に4Fで0.6秒先行・1F併せで0.2秒遅れ
外・アテンポラル(馬也)を4Fで0.3秒追走・1F併せで0.2秒遅れ

アヴドゥラ騎手「先週も乗ったがまだ100%ではなく、調子を上げている段階。けさは落ち着いていたのでタイムはあまり速くなかった」
ナイママ

1週前追い切り
美浦・南W・稍重
5F 71.8-56.7-42.4-13.8(馬也)

武藤調教師「前走後もへこたれていないし、落ち着きがあってカイバも食べている。使いながら状態は上がっている」

最終追い切り
美浦・南W・重
6F 86.6-70.2-54.9-40.3-12.5(馬也)

柴田大騎手「すごく良かった。外を回ったので時計はこんなもの。使うごとに良くなっているし、中2週でももう1段良くなった。皐月賞の時とは全然違う。絶好調でいけます」
ニシノデイジー

1週前追い切り
美浦・南W・稍重
5F 68.7-53.7-38.9-12.8(一杯)
外・マサキノテソーロ(一杯)を5Fで1.5秒追走・1F併せで併入

高木調教師「掛かる心配はあったが、あえてちゃんと併せ馬でやった」

最終追い切り
美浦・ポリ・良
5F 67.8-51.9-38.4-12.0(馬也)

勝浦騎手「1頭前に置いて、掛かるところはなかった。調子はいいと思う。今回はポジションは気にせず、折り合い重視で力を出し切りたい」
ヒーリングマインド

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.8-39.4-26.2-13.5(一杯)
内・レッドアトゥ(馬也)と併せで併入

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 78.6-64.8-51.5-38.7-12.3(馬也)
中・プチティラン(一杯)を6Fで1.8秒追走・3F併せで0.4秒先着
外・ハギノアグレッシブ(一杯)を6Fで2.2秒追走・3F併せで0.2秒先着

マイネルサーパス

最終追い切り
美浦・ポリ・良
4F 52.5-38.0-12.5(馬也)
外・シトラスクーラー(馬也)を4Fで0.4秒追走・1F併せで併入

メイショウテンゲン

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 82.5-67.2-53.3-39.8-12.1(一杯)
外・メイショウアリソン(馬也)を6Fで0.4秒追走・1F併せで併入

武豊騎手「動きは良かった。重馬場の弥生賞でいい勝ち方をしているし、雨待ちだね」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 81.8-66.4-51.3-37.7-12.1(一杯)
内・メイショウミヤラビ(一杯)を6Fで0.5秒追走・5F併せで0.4秒先着

池添兼調教師「いい併せ馬ができた。時計も前走よりいい。油断したら気を抜くので、しっかりやりかった」
ランフォザローゼス

1週前追い切り
美浦・南W・稍重
5F 69.0-53.5-39.6-12.8(馬也)
外・ゴーフォザサミット(馬也)を5Fで1.1秒追走・1F併せで併入

福永騎手「攻め馬では目立たないタイプだと思うので動ける範囲でやった。前走から上積みもあるようなので楽しみ」

最終追い切り
美浦・南W・重
5F 72.1-55.8-41.3-12.8(馬也)
外・ドラゴンストーム(馬也)と5F併せで併入

藤沢和調教師「休み明けを1度使って順調。前走追走が大変だったがゴール前よく差を詰めた。前回よりも走れると思うし期待してください」
リオンリオン

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.1-39.2-25.7-13.1(一杯)
外・ウレキサイト(馬也)と併せで併入

松永幹調教師「動きはよかったですよ。体をうまく使って走れるようになっている」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.9-66.9-51.6-37.3-12.1(一杯)
外・ウレキサイト(馬也)を6Fで0.6秒追走・5F併せで併入

松永幹調教師「無事に追い切りが終わって良かった。前半、速くなりすぎないようにリードしてもらって、前を追いかける形。動きとしてはあんな感じ」
レッドジェニアル

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.2-38.2-24.9-12.5(一杯)
外・ジャコエマリックン(仕掛)と併せで0.1秒先着

高橋忠調教師「前走と同じくらいの状態。変にテンションが上がることもない」
ロジャーバローズ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.7-38.6-24.9-12.4(一杯)

辻野助手「前走後にガタッとくることはなく、疲れもないですね。落ち着いています」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.6-38.1-24.7-12.3(馬也)
外・マルキーズ(強め)と併せで0.3秒先着

辻野助手「仕掛けてからの反応も良かったし、前回と変わらずいい状態です。逃げなきゃいけない馬ではない。スローの切れ味勝負にならなければ」
ヴィント

1週前追い切り
栗東・CW・良
4F 53.6-39.1-12.1(馬也)

福丸助手「前走後、放牧を挟んだが特に緩んでいない。連闘後だが疲れもなく元気。だいぶしっかりしてきた。」

最終追い切り
栗東・CW・良
4F 52.6-38.7-12.1(馬也)
内・サブゼロ(一杯)を4Fで1.1秒追走・1F併せで0.2秒先着

ヴェロックス

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 78.5-63.3-49.0-36.5-11.5(一杯)
外・ジェシー(一杯)を6Fで0.6秒追走・1F併せで0.7秒先着

猿橋助手「川田騎手が乗ってしっかり負荷をかけられた。皐月賞後は在厩させて折り合いを丁寧に調整。運動量を増やしながら体も増えて、心肺機能もアップしています。日曜には左回りで走らせてきたし、長く脚を使えるので距離ももつと思う」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.9-67.2-52.3-38.4-11.4(G強)

中内田調教師「先週、しっかり負荷をかけているし、今週は調整程度。しまいの脚はしっかりして、いい動きだった。皐月賞後の回復は順調で、体も膨らんだ。上積みがあっていい」

猿橋助手「皐月賞がタフなレースだった割にはケロッとして、思いのほか乗り込んでもいい感じで馬体も増えてきた。折り合い面を丁寧にやってきたことですごく乗りやすくなっているし、心肺機能もアップしてきた」

関連記事

今後も楽しみなレースが続く!

安田記念は2019年6月2日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2019年で第69回を迎える。昨年はモズアスコットが連闘策が実り優勝した。出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。
宝塚記念は2019年6月23日に阪神競馬場で行われる春のグランプリホースを決める一戦。宝塚記念は2019年で第60回を迎える。昨年はミッキーロケットが制した。出走予定馬・賞金・日程などをチェックしてみよう。