【府中牝馬ステークス2020】追い切り/動きを見極め勝利に近づけ

府中牝馬ステークス2020 追い切り

府中牝馬ステークス2020の追い切り・コメントの記事です。府中牝馬ステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2020年10月17日(土) | 4回東京3日 | 15:45 発走
第68回 府中牝馬ステークス(GII)芝・左 1800m
Fuchu Himba Stakes (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2020年・府中牝馬ステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
府中牝馬ステークスは2020年10月17日に東京競馬場で行われる注目牝馬が集うレース。府中牝馬ステークスは2020年で第68回を迎え、昨年はスカーレットカラーが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも秋華賞が開催される。
秋華賞は2020年10月18日に京都競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2020年で第25回を迎え、昨年はクロノジェネシスが制した。秋華賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

府中牝馬ステークス2020の追い切りをチェック!

府中牝馬ステークス2020 追い切り

府中牝馬ステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
秋華賞2020の追い切り・コメントの記事です。秋華賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
サムシングジャスト

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 81.1-66.0-51.3-38.6-12.9(馬也)

松田調教師
「背腰に力がついて安定してきました。ふっくらとしたシルエットです。2走前勝ちのコース。狭いところを割ってくれるジョッキー(松山騎手)なので」
サラキア

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.1-38.3-24.9-12.3(G強め)

池添学調教師
「体は先週でしっかりできているので、単走で。リズム重視で運ぶのが合っている」
シゲルピンクダイヤ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.3-38.2-24.4-12.3(強め)

渡辺調教師
「中間はゲート練習が中心だったので、ある程度しっかりやりました。距離が延びてゆったり流れるのはいい」
シャドウディーヴァ

最終追い切り
美浦・坂路・良
800m 52.9-38.9-25.7-13.1(馬也)
中・プタハ(一杯)と併せで0秒3先着
外・ダウンタウンプリマ(馬也)と併せで0秒3先着

斎藤誠調教師
「あまりオーバーワークにならないように坂路で。左回りの1800メートルはぴったり」
ダノンファンタジー

最終追い切り
栗東・CW・良
4F 48.0-35.7-11.6(G一杯)

猿橋助手
「時計的にもしっかりと動けています。休み明けでも、馬の調子は良好です」
トロワゼトワル

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.0-38.8-24.9-12.5(強め)

安田隆調教師
「流す感じで時計的にもだいたい予定通り。東京の1800メートルで、どこまで頑張れるか」
フェアリーポルカ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.9-38.7-24.9-12.4(強め)

西村調教師
「予定通りの調教。前走はペースが合わなかった。広いコースで好結果を残したい」
ラヴズオンリーユー

最終追い切り
栗東・CW・良
5F 72.0-55.8-40.4-12.9(馬也)

安藤助手
「輸送もあるので軽めで。だいぶいい頃に戻ってきています」
レッドアステル

最終追い切り
美浦・ポリ・良
5F 68.0-52.8-37.9-12.2(馬也)

国枝調教師
「チップだと脚が荒れるのでポリトラックで。動きは上々。前走後も体が減らず実が入った印象。この相手にどこまでやれるか楽しみ」
関連記事
武豊騎手は隔離期間のため騎乗せず
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(10/31・11/1)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
菊花賞は2020年10月25日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2020年で第81回を迎え、昨年はワールドプレミアが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
天皇賞秋は2020年11月1日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2020年で第162回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。天皇賞秋の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。