【府中牝馬ステークス2022】追い切り/動きを見極め勝利に近づけ

府中牝馬ステークス2022 追い切り

府中牝馬ステークス2022の追い切り・コメントの記事です。府中牝馬Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2022年10月15日(土) | 4回東京4日 | 15:45 発走
第70回 府中牝馬ステークス(GII)芝・左 1800m
Fuchu Himba Stakes (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2022年・府中牝馬ステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
府中牝馬ステークスは2022年10月15日に東京競馬場で行われる注目牝馬が集うレース。府中牝馬ステークスは2022年で第70回を迎え、昨年はシャドウディーヴァが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも秋華賞が開催される。
秋華賞は2022年10月16日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2022年で第27回を迎え、昨年はアカイトリノムスメが制した。秋華賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

府中牝馬ステークス2022の追い切りをチェック!

府中牝馬ステークス2022 追い切り

府中牝馬ステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
秋華賞2022の追い切り・コメントの記事です。秋華賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アカイイト

最終追い切り
栗東・坂路・良(幸)
800m 52.1-37.3-24.2-12.2(強め)

幸騎手
「良かった。息遣いもできている。まだ目いっぱいには仕上げられていないが、いい状態。次(連覇が懸かるエリザベス女王杯)に向けて、いい競馬ができれば」

中竹調教師
「迫力が凄かった。去年(7着)は気負って(ハミを)かんだからリズム良く運べれば」

アブレイズ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.8-37.6-24.6-12.4(馬なり)

池江調教師
「追い切るたびに良くなって体も引き締まり、使っている時と変わらないぐらいの息遣い。仕上がりはいいし、東京芝1800メートルは去年メイSを勝った舞台なので」
アンドヴァラナウト

最終追い切り
栗東・坂路・不良(助手)
800m 52.6-38.1-24.6-12.0(強め)

池添学調教師
「動きは良く、体もふっくら。プラス体重で行けると思います。東京のワンターンも良さそう」
イズジョーノキセキ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.7-38.5-24.8-12.4(強め)

石坂調教師
「しっかり乗り込んできた。自分の形で運べれば」
「元々ポテンシャルがある馬。結果を出している舞台じゃないが、目標のエリザベス女王杯へのいいステップだと思っています」
エイシンチラー

最終追い切り
美浦・南W・良(調教師)
5F 68.2-52.7-38.7-12.2(馬なり)

田中剛調教師
「3週前は元気がなかったけど、2週前に馬がガラッと変わった。馬がうるさくなってきているし、力を出せるはず」
クリノプレミアム

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 83.4-66.6-51.7-37.3-11.8(馬なり)

伊藤伸調教師
「予定通り。休み明けだった前走(京成杯AH3着)より、さらに内容が良くなっている。長く脚を使えるタイプ。折り合いがついた競馬ができるようになってきた。いい馬になってきましたね」
クールキャット

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 67.1-52.4-37.7-11.8(直強め)
フリートオブフット・古馬1勝(馬なり)の内0.8秒追走・同入

奥村武調教師
「稽古の動きはいいし、肌つやを含めて体調面もいい。東京の広い馬場で改めて」
ゴルトベルク

最終追い切り
美浦・南W・良(石川裕)
6F 84.9-68.6-53.5-38.6-11.9(馬なり)
レッドバレンティア・新馬(馬なり)の外0.2秒先行・同入

手塚調教師
「元々、調教は動かないタイプ。体調はいいし、出来としてはデビューしてから一番かもしれない」
サトノセシル

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 68.5-52.6-37.4-11.7(馬なり)
ヒシタイカン・新馬(馬なり)の内0.4秒追走・同入

堀調教師
「追い切りは相手に合わせて余裕を持ってこなせていた。東京のこの舞台でも十分にやれる」
シャドウディーヴァ

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 53.3-38.9-25.3-12.4(馬なり)
バオバブスピリット・古馬1勝(馬なり)を0.2秒追走・同入

斎藤誠調教師
「当該週はあまりやらないのでゴールで追いつくように、という指示。馬が若いですね。毛ヅヤが良く、体調は良さそう」
ソダシ

最終追い切り
栗東・坂路・良(吉田隼)
800m 53.8-38.8-24.8-11.9(馬なり)
ドライゼ・古馬2勝(一杯)を0.6秒追走・0.6秒先着

須貝調教師
「土曜に競馬だから今朝は追いかけて、しまいだけ。追わなくていいと。あんまりスイッチを入れ過ぎると次のレースに影響するから。ちょうどいい攻め馬ができたんじゃない?(レース選択については)距離を短くすると気が入り過ぎるからね。1800メートルでも牝馬限定のワンターンなら対応できると思う。落ち着いているのもいい。あくまで次のマイルCSに向けてだけどね」
ホウオウピースフル

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
4F 53.4-37.5-11.9(馬なり)

大竹調教師
「硬さがあるし、いい時と比べたら9割かな。(東京は)時計も速いし、あまり強気にはなれない」
ライティア

最終追い切り
栗東・坂路・不良(助手)
800m 53.4-38.4-24.9-12.4(馬なり)

池添学調教師
「前走がしぶとい内容。1800メートルなら守備範囲。昇級でも相手なりに走ってくれると思います」
「スタートがいいので、変に控えるよりかは前に行ったほうがいい」
ラヴユーライヴ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.8-39.0-25.2-12.4(馬なり)

安藤助手
「輸送もあるので単走。うながしてスピードだけはしっかり乗せました。東京は走ったことがないけど、あちこち走っているし、手前は替えるので問題ない。血統的にワンターンの1800メートルは合うと思います」
リアアメリア

最終追い切り
栗東・CW・良(藤岡佑)
6F 82.3-67.1-52.3-36.9-11.3(馬なり)
アウサンガテ・古馬1勝(稍一杯)の内0.7秒追走・0.1秒先着

福永助手
「追い切りの動きも良く、調子は良さそうです。去年、大敗したレースですが、その頃とは精神的にも肉体的にも違った状態で臨めそう。ためてというより、同じペースで長く脚を使えるタイプ。前々で運んだ方がいいように思います」
ローザノワール

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.7-38.5-24.8-12.0(末強め)

西園正調教師
「先々週、先週としっかりやっているので今朝は上がりだけ。ラスト1F12秒0でしっかり伸びた。スタートは速いので自分のペースで運んで、どこまでやれるかでしょう」

2022年・府中牝馬ステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2022年 府中牝馬ステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2022年・府中牝馬ステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は秋華賞でウォーターナビレラに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(12/3・12/4)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
菊花賞は2022年10月23日に阪神競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2022年で第83回を迎え、昨年はタイトルホルダーが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
天皇賞秋は2022年10月30日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2022年で第166回を迎え、昨年はエフフォーリアが制した。天皇賞秋の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。