【秋華賞2020】追い切り/抜群の動きを見せたのは

秋華賞2020 追い切り

秋華賞2020の追い切り・コメントの記事です。秋華賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2020年10月18日(日) | 4回京都4日 | 15:40 発走
第25回 秋華賞(GI)芝・右 2000m
Shuka Sho (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2020年・秋華賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
秋華賞は2020年10月18日に京都競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2020年で第25回を迎え、昨年はクロノジェネシスが制した。秋華賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも府中牝馬ステークスが開催される。
府中牝馬ステークスは2020年10月17日に東京競馬場で行われる注目牝馬が集うレース。府中牝馬ステークスは2020年で第68回を迎え、昨年はスカーレットカラーが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

秋華賞2020の追い切りをチェック!

秋華賞2020 追い切り

秋華賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
府中牝馬ステークス2020の追い切り・コメントの記事です。府中牝馬ステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アブレイズ

1週前追い切り
栗東・坂路・重
800m 51.8-37.8-24.9-12.7(一杯)
外・サトノソレイユ(一杯)と併せで0秒4先着

藤井騎手
「馬場が重かったので、ラスト1ハロンは時計がかかったけど、全体的には動けていた。状態は良さそうです」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.6-39.1-24.8-12.3(強め)
外・サトノソレイユ(G強め)と併せで0秒3先着

藤井騎手
「時計は軽めですが、ラストは手前を替えて反応は良かったです。能力はあると信じているので巻き返したい」
ウインマイティー

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 80.1-64.6-50.9-37.4-11.8(一杯)
内・グローリーグローリ(一杯)を6Fで1秒3追走・3F併せで1秒先着
外・タガノキングロード(一杯)を6Fで1秒7追走・3F併せで0秒4先着

五十嵐調教師
「相変わらず動きは良かった。競馬は上手だし舞台は問題ない」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.0-38.9-25.3-12.3(馬也)

五十嵐調教師
「時計は重視せず、無理をしないで流す感じ。やるだけのことはやった。前走は出遅れたがゲートも大丈夫だと思う。使うごとに成長しているし、学習能力も高い。前走で馬ごみが平気なのも分かったしね」
ウインマリリン

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 68.8-54.7-40.5-13.1(仕掛)
外・ジュニパーベリー(馬也)を5Fで0秒4追走・1F併せで0秒1遅れ

手塚調教師
「相手はこういう馬場が得意なので。しっかりやれたから、来週はそう強い追い切りはいらないでしょう」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 67.3-53.0-39.3-12.1(直強め)
外・ロークアルルージュ(強め)を5Fで0秒6追走・1F併せで0秒6先着

横山武騎手
「先週は馬場が悪かったので見た目とか感覚的にはいいような感じではなかったが、今週は馬場も走りやすくなっていたのですごくいい動きでしたし、万全の状態で使えるなと思いました。春のオークスの最終追い切りから、この夏で一段とパワーアップしています」

手塚調教師
「休み明けだし、今週も併せ馬でしっかり。オークスと同じくらいのデキで行けそう。夏の休養で馬体は大きくなっている」

オーマイダーリン

1週前追い切り
栗東・CW・重
6F 86.4-69.5-53.7-39.5-12.0(馬也)
内・リーガルマインド(強め)を6Fで0秒7追走・1F併せで0秒2先着

幸騎手
「乗りやすくてしっかり反応していた。折り合いも大丈夫」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.4-38.8-25.3-12.8(仕掛)
外・メイショウウグイス(強め)と併せで0秒5先着

河内調教師
「動きは良かったと思う。時計もこれくらいでいい。馬混みは気にしないので大丈夫。良馬場でやりたい」
クラヴァシュドール

1週前追い切り
栗東・芝・稍重
6F 80.8-64.8-49.9-36.5-11.9(馬也)

片山助手
「落ち着きを見せているので、当日までいかにいい状態でレースに臨めるか。小技が利くタイプなので、京都の内回りは合いそうなイメージ」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 85.5-68.6-53.4-38.6-11.7(馬也)

中内田調教師
「けさは調整程度でしたが、前回よりも体に張りが出ています。当日のテンションが上がらないようにと考えています」
クラヴェル

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.1-37.9-24.6-12.4(馬也)

最終追い切り
栗東・CW・良
4F 53.8-39.8-12.7(馬也)

安田翔調教師
「1週前にしっかりやっているので、半マイルで刺激を与えた。ふっくらして戻ってきていい意味での馬体増です」
サンクテュエール

1週前追い切り
美浦・坂路・良
800m 53.1-38.9-25.4-12.6(馬也)
中・キタノインパクト(馬也)と併せで併入
外・アークライト(馬也)と併せで併入

藤沢和調教師
「体調は良さそうだ。桜花賞(6着)は馬場が悪くて伸び切れなかったが牡馬相手のシンザン記念を勝ったように力はある」

最終追い切り
美浦・芝・良
4F 51.8-37.4-11.9(馬也)
外・ウェストブルック(馬也)を4Fで0秒6追走・1F併せで併入

団野騎手
「(反応を)促したらハミを取って、いい手応えだった。すごく乗り味がいい」
ソフトフルート

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.5-40.1-26.4-13.0(強め)

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 81.7-66.9-52.2-38.6-12.5(馬也)
外・ハギノエスペラント(直一杯)を6Fで0秒8追走・3F併せで0秒2先着

松田調教師
「きれいにラップを刻んでいて、圧巻の動きでした。コンディションは整っています。芯が入って体幹がしっかりしました。京都内回りコースなのでポジションが大事ですね」
ダンツエリーゼ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 83.6-67.8-53.5-40.2-13.5(馬也)

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 81.0-65.7-51.1-38.7-13.2(強め)
内・ビオレイメル(強め)と6F併せで0秒2先着

太宰騎手
「変わりなくきています。デビュー当時に比べてしっかりしたので、芝でも大丈夫だと思います。雨が残れば」
デアリングタクト

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 80.5-65.4-51.6-38.5-12.1(仕掛)

松山騎手
「リラックスしていましたし、動きは申し分なかったです。ガラッと変わった感じはないですが、いい意味で変わりない。体が大きくなったのと気持ちが落ち着いているのが成長かなと思います」

杉山晴調教師
「イメージ通りの追い切りができました。折り合いもよかったです。週を追うごとに落ち着きも増してきているし、集中力が出てきています」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.7-39.4-25.6-12.7(馬也)

松山騎手
「負荷をかけすぎないように気をつけた。リラックスしていたし、いい追い切りができたと思う。放牧で馬体も増えてパワーアップしたし、精神面でも成長。唯一の課題だった力みも抜けてきた。春からガラッと変わった感じはないが、順調に調整できた」
パラスアテナ

1週前追い切り
美浦・ポリ・良
5F 65.5-50.4-37.2-12.1(強め)

高柳瑞調教師
「短期放牧でガス抜きができたし、柔らかみも出てきた。上向いています」

最終追い切り
美浦・芝・良
5F 65.0-49.8-37.1-12.4(馬也)
外・ゲインスプレマシー(G強め)を5Fで1秒4追走・1F併せで併入

坂井騎手
「イメージどおりとても乗りやすく素直。相手は強いけど、この馬にもチャンスはある。力を信じて乗る」
フィオリキアリ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.7-66.2-52.1-39.0-12.6(馬也)
内・アルセスト(馬也)に6Fで0秒4先行・1F併せで0秒1先着
外・アックアアルタ(馬也)を6Fで0秒4追走・1F併せで併入

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.5-38.4-25.3-12.8(馬也)

清水久調教師
「まだ良くなるけど、成長して実が入ってきている。ゲートが安定してきて、どんな競馬でもできると思う」
ホウオウピースフル

1週前追い切り
美浦・南W・重
6F 81.3-67.5-54.5-42.2-15.2(馬也)

大竹調教師
「この中間はハミがかりが良くなっているので単走。負荷的には物足りないけど、(落ち着きという意味で)質的には足りています」

最終追い切り
美浦・南D・稍重
4F 52.3-37.5-12.1(馬也)

岩藤助手
「右回りで追いたかったのでダートへ。いい意味でフワッとしていた。テンションを考えて馬具も工夫する」
マジックキャッスル

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 68.6-54.0-40.4-13.2(馬也)
外・アカイトリノムスメ(強め)を5Fで1秒追走・1F併せで併入

大野騎手
「走りのバランスがすごくいい。状態の良さも感じます」

国枝調教師
「体が少し増えて、ふっくらしてきた。前走(紫苑ステークス4着)は馬場(やや重)を気にしていた。今回はいい馬場で走らせたい」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 68.9-53.5-39.4-12.4(馬也)
内・アーモンドアイ(馬也)に5Fで1秒8先行・1F併せで併入

国枝調教師
「追い切りというより調整程度だったけど、すごくスムーズでいい動きだった。紫苑S(4着)をひと叩きされて気が入ったし、体にも実が詰まった感じ。2冠馬は手ごわいが、うまく立ち回ってしまいの脚を生かせれば」
マルターズディオサ

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 69.4-54.9-40.6-13.2(馬也)
外・ムスコローソ(馬也)を5Fで0秒4追走・1F併せで併入

手塚調教師
「馬場が悪いので時計はこんなもの。一度使ってピリッとしたし、感じはいいですよ」

最終追い切り
美浦・坂路・良
800m 53.3-39.3-25.5-12.5(馬也)

手塚調教師
「もう体はできていたし、精神面などを考慮して坂路で単走。指示どおりの時計だったし完璧」
ミスニューヨーク

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 80.6-66.7-52.5-38.3-11.9(一杯)
外・ベルアーシュ(一杯)を6Fで2秒5追走・3F併せで1秒先着

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.4-40.1-25.9-12.5(馬也)

杉山晴調教師
「今まで同じパターンで順調。自在性は大きな武器。ここはベストなコースだと思う」
ミヤマザクラ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.0-65.2-50.5-37.4-12.0(一杯)
外・ストーンリッジ(一杯)を6Fで0秒8追走・1F併せで0秒2先着

福永騎手
「負荷をかけたかった。いい動きだったし状態は良さそう。距離が短くなるのはいい」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.8-37.4-24.6-12.5(強め)

藤原英調教師
「先週までCウッドでやって、今日は坂路で。ある程度攻めながら動きを確認した。いいよ。休み明けの分、どうなるかだけど、しっかり乗ってるから。2400メートルより、京都内回り2000メートルは条件がいい」
ムジカ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.8-38.9-25.7-13.1(馬也)
外・サルビア(馬也)と併せで0秒1遅れ

鈴木孝調教師
「以前は稽古で格下に遅れることもあったが、徐々に動けるようになってきた。体がふっくらしてリラックスできている」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.0-38.7-25.5-13.0(馬也)
外・バウンシーダンス(仕掛)と併せで0秒2先着

鈴木孝調教師
「いつもどおりの動き。春はイライラしていたが、秋はゆったりとしたローテなので精神面もいい」
リアアメリア

1週前追い切り
栗東・芝・稍重
6F 78.3-63.8-50.3-37.2-12.8(馬也)

片山助手
「緩ませないように意識しつつ、変わりなく調整しています。まだ上積みは見込めていいはず。今の雰囲気を保ってGIに臨みたいですね」

最終追い切り
栗東・CW・良
5F 69.2-52.4-37.9-11.8(仕掛)

中内田調教師
「先週しっかり負荷をかけて、今週はジョッキーに感触を確かめてもらいました。順調と言える過程です。体に張りが増していますし、動きも良くなっています。もともと期待していたし、世代NO・1と騒がれた馬。それに見合う結果を今回、出せれば」

片山助手
「疲れを残さず、緩ませないことを意識しながらの調整。前走よりも動ける状態だし、スイッチが入りやすくなっている雰囲気を保ちながらレースへ臨みたい」

レイパパレ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.7-39.0-25.3-12.8(馬也)

ルメール騎手
「初めて乗りましたが、反応が速いし、能力はありそうです。ポテンシャルはありそうです」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.1-39.0-25.7-12.6(一杯)

高野調教師
「ここへ直行したのは正解。距離は分からないが、秋華賞はスローにならないので、折り合い面は大丈夫だと思う」
関連記事
武豊騎手は隔離期間のため騎乗せず
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(10/31・11/1)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
菊花賞は2020年10月25日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2020年で第81回を迎え、昨年はワールドプレミアが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
天皇賞秋は2020年11月1日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2020年で第162回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。天皇賞秋の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。