【エルムステークス2023】出走馬・予想オッズ・枠順/札幌が砂に煙る

エルムステークス2022 フルデプスリーダー

エルムステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。エルムSは2023年8月6日に札幌競馬場で行われる中距離G3戦。2023年で第28回を迎え、昨年はフルデプスリーダーが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

札幌が砂に煙る

2023年8月6日(日) | 1回札幌6日 | 15:35 発走
第28回 エルムステークス(GIII)ダート・右 1700m
Elm Stakes (G3)

2023年・エルムステークスの出走予定馬たち

エルムステークスの枠順決定!(8月4日)

エルムステークス2023 枠順

2023年・エルムステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではペプチドナイルが3枠3番、セキフウは4枠6番、タイセイサムソンは7枠11番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2023年・エルムステークスの追い切り・コメントをチェック!
エルムステークス2023の追い切り・コメントの記事です。エルムSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(8月3日)

ネオムターフカップ2022 オーソリティ

2023年のエルムステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは14頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • アシャカトブ(丹内祐次)
  • オーソリティ(C.ルメール
  • カフジオクタゴン(池添謙一)
  • シルトプレ(石川倭)
  • セキフウ(武豊
  • タイセイサムソン(横山和生)
  • ファルコニア(吉田隼人)
  • ペイシャエス(菅原明良)
  • ペプチドナイル(富田暁)
  • ベレヌス(西村淳也)
  • ルコルセール(鮫島克駿)
  • ロッシュローブ(浜中俊)
  • ロードブレス(横山武史
  • ワールドタキオン(斎藤新)
除外馬・回避馬
  • カラフルキューブ
  • パワーブローキング
  • ゲンパチルシファー
  • ハセドン
  • ロードヴァレンチ
関連記事
武豊騎手はセキフウに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(2/24・2/25)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
レパードステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。レパードSは2023年8月6日に新潟競馬場で行われる中距離G3戦。2023年で第15回を迎え、昨年はカフジオクタゴンが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

ペプチドナイル

札幌競馬場で行われるG3「エルムステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

ペプチドナイル(Peptide Nile)

ペプチドナイル・5歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:クイーンオリーブ
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2023年・マリーンステークス
馬名の由来:冠名+ナイル川より。大きくて雄大で世界の名馬になってほしい

大沼ステークス、マリーンステークスともに後続に対し3馬身以上の差をつけ連勝中。
この勢い、本物。

ペイシャエス(Peisha Es)

ペイシャエス・4歳牡馬
父:エスポワールシチー
母:リサプシュケ
母父:ワイルドラッシュ
主な勝鞍:2022年・名古屋グランプリ
馬名の由来:冠名+父名より

ここ2走は大きな差で敗れているが、勝ち馬はいずれもトップクラスの馬で悲観する必要はなさそう。
G3戦から巻き返せ。

オーソリティ(Authority)

オーソリティ・6歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:ロザリンド
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2021年・アルゼンチン共和国杯
馬名の由来:権威。威信。牡馬三冠を達成した父のような活躍を願って

芝の重賞を4勝するオーソリティがダートに初挑戦する。
オルフェーヴル産駒はダートを得意とする馬が多いだけにこなせる可能性は高い。
脚元に不安があるため、どんな仕上がりで復帰してくるか見極めたい。

セキフウ(Sekifu)

セキフウ・4歳牡馬
父:ヘニーヒューズ
母:シヤボナ
母父:Kingmambo
主な勝鞍:2021年・兵庫ジュニアグランプリ
馬名の由来:戚風(中国語でシフォンケーキ)の日本語読み

ここ2走はいずれもペプチドナイルに敗れているが、いずれも上がり最速タイムを計測しており展開一つで逆転もありえそう。
流れが向けば。

他にもエルムステークスにはレパードステークス覇者のカフジオクタゴンやマリーンステークス2着のルコルセール、門別の雄シルトプレなども出走を予定しています。

エルムステークスは2023年8月6日(日)の15時35分発走予定です。

エルムステークス2023の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2023年・エルムステークスの予想オッズはこのように予想しています。
北海道シリーズ3連勝で重賞初制覇を狙うペプチドナイルが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ペプチドナイル(3.5)
  2. セキフウ(5.5)
  3. オーソリティ(6.5)
  4. タイセイサムソン(8.0)
  5. ワールドタキオン(11.0)
  6. カフジオクタゴン(12.0)
  7. ペイシャエス(14.5)
  8. ルコルセール(15.5)
  9. アシャカトブ(26.0)
  10. ロードブレス(33.0)
  11. ベレヌス(48.0)
  12. シルトプレ(☆)
  13. ファルコニア(☆)
  14. ロッシュローブ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

エルムステークス2023の日程・賞金

エルムステークス

エルムステークス2021 スワーヴアラミス

日程・発走予定時刻
2023年8月6日(日)15時35分発走予定

場所・距離
札幌競馬場・ダート・1700m


G3

1着賞金
3,800万円

エルムステークス・プレイバック

エルムステークス2022 フルデプスリーダー

2022年・エルムステークス(GIII)

1着:フルデプスリーダー
2着:ウェルドーン(クビ)
3着:オメガレインボー(クビ)
4着:ブラッティーキッド(クビ)
5着:ロードレガリス(クビ)

勝ちタイム:1.44.2
優勝騎手:丹内 祐次
馬場:良

動画・全着順をチェック!
エルムステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のエルムSの着順は1着:フルデプスリーダー、2着:ウェルドーン、3着:オメガレインボーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

エルムステークス2022 フルデプスリーダー

レース後のコメント
1着 フルデプスリーダー(丹内祐次騎手)
「気配が良くて、1回追い切りに乗せていただいて、感じはつかんでいた。自信はありました。ゲートだけ集中して、(ゲートの中で)1回立ったりヒヤヒヤしたが、うまくリカバリーして位置を取れました。それが勝因です。(直線も)手応えが良かったし、進路が空いて、この馬の勝負根性を信じていた。初めて乗るので、(横山)武史君からいろいろ聞いていたので、不安もなかった。勝ててよかった。北の大地には僕強いので、これからも応援よろしくお願いいたします」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
札幌記念は2023年8月20日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2023年で第59回を迎え、昨年はジャックドールが制した。札幌記念の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
紫苑ステークスは2023年9月9日に中山競馬場で行われ、関東から秋華賞へ向かう馬にとって重要な一戦。紫苑ステークスは2023年で第8回を迎え、昨年はスタニングローズが制した。紫苑Sの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。