【レパードステークス2023】出走馬・予想オッズ・枠順/さらなる高みへ

レパードステークス2022 カフジオクタゴン

レパードステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。レパードSは2023年8月6日に新潟競馬場で行われる中距離G3戦。2023年で第15回を迎え、昨年はカフジオクタゴンが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

さらなる高みへ

2023年8月6日(日) | 2回新潟4日 | 15:45 発走
第15回 レパードステークス(GIII)ダート・左 1800m
Leopard Stakes (G3)

2023年・レパードステークスの出走予定馬たち

レパードステークスの枠順決定!(8月4日)

レパードステークス2023 枠順

2023年・レパードステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではミスティックロアが5枠9番、クールミラボーは8枠14番、エクロジャイトは7枠13番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2023年・レパードステークスの追い切り・コメントをチェック!
レパードステークス2023の追い切り・コメントの記事です。レパードSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(8月3日)

エクロジャイト

2023年のレパードステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは15頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • エクロジャイト(北村友一)
  • オメガギネス(戸崎圭太)
  • クレメダンジュ(和田竜二)
  • クールミラボー(松山弘平)
  • ソッコータルマカ(坂井瑠星)
  • ツウカイリアル(幸英明)
  • パクスオトマニカ(田辺裕信)
  • ハッスルダンク(杉原誠人)
  • ベンダバリラビア(石橋脩)
  • マオノアラシ(菱田裕二)
  • マテンロウガイ(角田大和)
  • ミスティックロア(川田将雅
  • ライオットガール(岩田望来)
  • リバートゥルー(吉田豊)
  • ルクスフロンティア(秋山真一郎)
除外馬・回避馬
  • アクションプラン
  • ゴールドバランサー
  • フェルヴェンテ
  • ボールドゾーン
  • メイショウフジ
  • レッドプロフェシー
関連記事
武豊騎手はエルムステークスでセキフウに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(2/24・2/25)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
エルムステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。エルムSは2023年8月6日に札幌競馬場で行われる中距離G3戦。2023年で第28回を迎え、昨年はフルデプスリーダーが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

ミスティックロア

新潟競馬場で行われるG3「レパードステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

パクスオトマニカ(Pax Ottomanica)

パクスオトマニカ・3歳牡馬
父:ヴィクトワールピサ
母:ディープラヴ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2023年・プリンシパルステークス
馬名の由来:オスマン帝国による平和。父名、母名より連想

プリンシパルステークスを制し、日本ダービー(13着)にも挑戦したパクスオトマニカがここでダート戦に初挑戦する。
半姉のディヴァインラヴは菊花賞で3着、近親にも芝の重賞勝ち馬がおり、ダート適性は未知数ながらどんな走りをするか注目したい。

エクロジャイト(Eclogite)

エクロジャイト・3歳牡馬
父:ヘニーヒューズ
母:オージャイト
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2023年・鳳雛ステークス
馬名の由来:選抜(ギリシャ語)+石を意味する接尾語。榴輝岩。選ばれた石

前走の鳳雛ステークスでは緩い流れだったとはいえ、逃げて上がり最速タイムタイの脚を使って快勝。
鞍上曰く、「まだ完成しているわけではない」とのことなので、まだまだ成長が見込める。

オメガギネス(Omega Guiness)

オメガギネス・3歳牡馬
父:ロゴタイプ
母:スタートアップ
母父:ハービンジャー
主な勝鞍:2023年・3歳1勝クラス
馬名の由来:冠名+人名より

新馬、1勝クラスを連勝中。
休み明けの1戦となるが、中間の動きも良く力は出せる状態。

ミスティックロア(Mystic Lore)

ミスティックロア・3歳牡馬
父:Arrogate
母:Folklore
母父:Tiznow
主な勝鞍:2023年・3歳以上1勝クラス
馬名の由来:神秘的な+母名より。人智を超えるような活躍を期待して

川田騎手も惚れこむミスティックロアからも目が離せない。
前走の1勝クラスでは直線で追いだされるとグイグイ伸びて後続に3馬身差をつける圧勝。
1週前追い切りでもCWコースで抜群のタイムを出しており、人気を集めそうだ。

他にもレパードステークスにはすでに2勝クラスを突破しているライオットガールや加古川特別2着のクールミラボーなども出走を予定しています。

レパードステークスは2023年8月6日(日)の15時45分発走予定です。

レパードステークス2023の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2023年・レパードステークスの予想オッズはこのように予想しています。
矢作きゅう舎&川田騎手の強力タッグで重賞に挑むミスティックロアが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ミスティックロア(2.5)
  2. クールミラボー(4.5)
  3. エクロジャイト(5.5)
  4. オメガギネス(9.0)
  5. パクスオトマニカ(11.5)
  6. ルクスフロンティア(22.0)
  7. ライオットガール(24.0)
  8. クレメダンジュ(25.0)
  9. ソッコータルマカ(30.5)
  10. マオノアラシ(35.0)
  11. ハッスルダンク(40.0)
  12. リバートゥルー(44.0)
  13. ツウカイリアル(49.0)
  14. マテンロウガイ(☆)
  15. ベンダバリラビア(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

レパードステークス2023の日程・賞金

レパードステークス

レパードステークス2021 メイショウムラクモ

日程・発走予定時刻
2023年8月6日(日)15時45分発走予定

場所・距離
新潟競馬場・ダート・1800m


G3

1着賞金
4,000万円

レパードステークス・プレイバック

レパードステークス2022 カフジオクタゴン

2022年・レパードステークス(GIII)

1着:カフジオクタゴン
2着:タイセイドレフォン(クビ)
3着:ハピ(クビ)
4着:ビヨンドザファザー(5馬身)
5着:ホウオウルーレット(ハナ)

勝ちタイム:1.51.9
優勝騎手:C.ホー
馬場:良

動画・全着順をチェック!
レパードステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のレパードSの着順は1着:カフジオクタゴン、2着:タイセイドレフォン、3着:ハピとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レパードステークス2022 カフジオクタゴン

レース後のコメント
1着 カフジオクタゴン(C.ホー騎手)
「2勝目がダートで先週はあまりダートが好きではないと言ったが、これで好きになった。矢作厩舎の馬で勝てたこと、厩舎の皆さんが素晴らしい状態に仕上げてくれた。チームをたたえたいし感謝したい。追い切りに乗った時は少し太いかなと感じたが、返し馬は脚も軽くレースでは手前もしっかり替えてくれて別馬のようだった。ゲートも上手に出てくれてイメージしていた通り。距離ロスしないように。先週は時差ぼけもあって苦労した部分もあったが、今週は良い感じだった」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
札幌記念は2023年8月20日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2023年で第59回を迎え、昨年はジャックドールが制した。札幌記念の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
紫苑ステークスは2023年9月9日に中山競馬場で行われ、関東から秋華賞へ向かう馬にとって重要な一戦。紫苑ステークスは2023年で第8回を迎え、昨年はスタニングローズが制した。紫苑Sの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。