【エルムステークス2022】結果・動画/フルデプスリーダーが差し切り重賞初V

エルムステークス2022 フルデプスリーダー

エルムステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のエルムSの着順は1着:フルデプスリーダー、2着:ウェルドーン、3着:オメガレインボーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のエルムステークスはフルデプスリーダーが差し切り重賞初V

2022年8月7日(日) | 1回札幌6日 | 15:35 発走
第27回 エルムステークス(GIII)ダート・右 1700m
Elm Stakes (G3)

スポンサーリンク

2022年・エルムステークスの動画

関連記事
昨年のエルムステークスはスワーヴアラミスが制していた。
エルムステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のエルムステークスの着順は1着:スワーヴアラミス、2着:オメガレインボー、3着:ロードブレスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・エルムステークスの結果

スポンサーリンク

1着:フルデプスリーダー
2着:ウェルドーン(クビ)
3着:オメガレインボー(クビ)
4着:ブラッティーキッド(クビ)
5着:ロードレガリス(クビ)
6着:ヒストリーメイカー
7着:ブラックアーメット
8着:アイオライト
9着:スワーヴアラミス
10着:バティスティーニ
11着:ダンツキャッスル
12着:アメリカンシード
13着:ロードエクレール
14着:ダノンファラオ

勝ちタイム:1.44.2
優勝騎手:丹内 祐次
馬場:良

スポンサーリンク

レース後のコメント

エルムステークス2022 フルデプスリーダー

1着 フルデプスリーダー(丹内祐次騎手)
「気配が良くて、1回追い切りに乗せていただいて、感じはつかんでいた。自信はありました。ゲートだけ集中して、(ゲートの中で)1回立ったりヒヤヒヤしたが、うまくリカバリーして位置を取れました。それが勝因です。(直線も)手応えが良かったし、進路が空いて、この馬の勝負根性を信じていた。初めて乗るので、(横山)武史君からいろいろ聞いていたので、不安もなかった。勝ててよかった。北の大地には僕強いので、これからも応援よろしくお願いいたします」

2着 ウェルドーン(武豊騎手)
「理想的なレースができた。前走より状態は良かった。先頭に立ってフワフワするところがあって…。あそこまでいけば勝ちたかった」

3着 オメガレインボー(横山和生騎手)
「ゲートも決まって、楽にあの位置が取れた。こんなにうまくいくのかというくらいだったけど、もうちょっとだった。頑張ってくれているんですけどね」

4着 ブラッティーキッド(水口優也騎手)
「一番いいスタートで、ポジションも良すぎるくらいだった。早めに自分で踏んでいったけど、3コーナー過ぎでやめている感じ。最後も伸びているが、まだ発展途上の馬ですからね」

5着 ロードレガリス(富田暁騎手)
「外枠だったので、自分の競馬ができると思っていました。向正面で捲っていく競馬を考えていたのですが、1700mでは持つところがありませんでした。最後は外から差し込んでくれましたが、やはりこの馬の本来の力を今日は出せませんでした。少しずつ良くなってきていますし、絶対にこの馬の力を見せることはできると思います。今後乗せて頂ける機会があればリベンジしたいです」

6着 ヒストリーメイカー(池添謙一騎手)
「いいスタートが切れて、先団につけられた。勝負どころで手が動いて、じりじりになってしまった。よく頑張っています」

7着 ブラックアーメット(角田大和騎手)
「道中は楽に折り合って進めたし、何とか爆発してくれないかと思っていたが、ずっと脚いろは一緒だった。もう少し湿った馬場の方が、いいのかもしれません」

8着 アイオライト(菱田裕二騎手)
「いくつかの選択肢を考えていて、ハナという一番良い選択が取れました。本当に良い感じでしたが、4コーナーで手応えが無くなってしまいました。もしかすると、目に見えない疲れがあったのかもしれません」

9着 スワーヴアラミス(松田大作騎手)
「ゲートを出て、少したってつまずいてしまい、スピードに乗っていけなかった。それにしても、もう少し頑張ってほしかったが」

10着 バティスティーニ(鮫島克駿騎手)
「外枠でしたが、ロスなく行けましたし、3コーナーでオメガレインボーとフルデプスリーダーの真後ろで、すごい手応えは良かったが、4コーナーで手応えがなくなってしまった。コーナー4つの舞台だからか、距離が1ハロン、2ハロン長いからなのかは分からないが…」

11着 ダンツキャッスル(吉田隼人騎手)
「外枠でゲートを出て、この馬は差し馬だから、内から行きたい馬を行かせて、控えたのは結果的にもったいなかったのかも。風が強くて砂が舞っていて、馬も走りづらそうだった。もう少しスムーズに差す競馬ができればよかった」

12着 アメリカンシード(柴山雄一騎手)
「ゲートの中でガチャガチャしていて、タイミングよく出せなかった。キックバックを嫌がっていて、上に上に向いて走っていた。難しいところがありますね」

13着 ロードエクレール(石川裕紀人騎手)
「スタートがすべてですね。一歩目が悪くて、苦しい展開になってしまった」

勝ち馬プロフィール

エルムステークス2022 フルデプスリーダー

フルデプスリーダー(Full Depth Leader)牡5/鹿毛 斎藤 誠(美浦)
父:ヘニーヒューズ 母:ファーストチェア 母父:ジャングルポケット
馬名の由来:深海などの最深部+リーダー