【エルムステークス2020】結果・動画/タイムフライヤーが抜け出し優勝

【エルムステークス2020】結果・動画/タイムフライヤーが抜け出し優勝

エルムステークス2020 タイムフライヤー

エルムステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のエルムステークスの着順は1着:タイムフライヤー、2着:ウェスタールンド、3着:アナザートゥルースとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のエルムステークスはタイムフライヤーが抜け出し優勝

2020年8月9日(日) | 1回札幌6日 | 15:35 発走
第25回 エルムステークス(GIII)ダート・右 1700m
Elm Stakes (G3)

スポンサーリンク

2020年・エルムステークスの動画

関連記事
昨年のエルムステークスはモズアトラクションが制していた。
エルムステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のエルムステークスの着順は1着:モズアトラクション、2着:ハイランドピーク、3着:サトノティターンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・エルムステークスの結果

スポンサーリンク

1着:タイムフライヤー
2着:ウェスタールンド(2馬身)
3着:アナザートゥルース(3/4馬身)
4着:ハイランドピーク(1馬身)
5着:ワンダーリーデル(クビ)
6着:アルクトス
7着:エアスピネル
8着:ワイルドカード
9着:アディラート
10着:リアンヴェリテ
11着:ロードゴラッソ
12着:バスカヴィル
13着:サトノティターン
14着:ヒラボクラターシュ

勝ちタイム:1.43.4
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

レース後のコメント

エルムステークス2020 タイムフライヤー

1着 タイムフライヤー(C.ルメール騎手)
「前回(マリーンS1着)ですごくいい競馬をしていたので、今日も勝つ自信があった。馬の状態は、ちょうどよかった。いいポジションを取ることができたし、馬がリラックスして走れた。これからも絶対にいい結果を出せると思う」

2着 ウェスタールンド(藤岡佑介騎手)
「休み明けという仕上がりの中でこの馬らしいレースはできた。加速していった時は飲み込めるかと思ったが、勝ち馬がいい競馬をしていた」

3着 アナザートゥルース(大野拓弥騎手)
「休み明けで58キロと条件的には厳しかった。次は上積みがあると思う」

4着 ハイランドピーク(横山和生騎手)
「いい形だったが、欲を言えば馬場は渋ってほしかった。軽い馬場の方がいい」

5着 ワンダーリーデル(横山典弘騎手)
「この馬の競馬をしてしまいはよく伸びている。このメンバーでよく頑張っている」

6着 アルクトス(田辺裕信騎手)
「走りは悪くないが、久々で息遣いがもの足りなかった」

7着 エアスピネル(武豊騎手)
「4コーナーまではいい感じで進んだが、追ってから伸びなかった。ダートなら締まった馬場の方がいいのかな」

9着 アディラート(吉田隼人騎手)
「内枠を引いたし、他馬もいたので外に出せませんでした」

10着 リアンヴェリテ(国分恭介騎手)
「理想的な競馬はできたが、もう一段ギアが上がらなかった」

11着 ロードゴラッソ(池添謙一騎手)
「ゲートで座りこんだときにスタートが切られた。思ったようなポジションが取れなかったことが痛かった」

13着 サトノティターン(藤岡康太騎手)
「ゲートを出てから終始、促すような感じだった。そのまま最後まで本来の走りができませんでした」

14着 ヒラボクラターシュ(横山武史騎手)
「約1年ぶりで苦しくて内にもたれていた」

勝ち馬プロフィール

エルムステークス2020 タイムフライヤー

タイムフライヤー(Time Flyer)牡5/鹿毛 松田 国英(栗東)
父:ハーツクライ 母:タイムトラベリング 母父:ブライアンズタイム
馬名の由来:時を超える者

関連記事
タイムフライヤーは2017年のホープフルステークス以来の重賞制覇となった。
「ホープフルステークス 2017」の動画・結果です。ホープフルステークスの結果は1着:タイムフライヤー、2着:ジャンダルム、3着:ステイフーリッシュ。「タイムフライヤー」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。