【中日新聞杯2023】出走馬・予想オッズ・騎手/中京から巻き返せ

中日新聞杯2022 キラーアビリティ

中日新聞杯2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。中日新聞杯は2023年12月9日に中京競馬場で行われる中距離G3戦。2023年で第59回を迎え、昨年はキラーアビリティが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

中京から巻き返せ

2023年12月9日(土) | 4回中京3日 | 15:25 発走
第59回 中日新聞杯(GIII)芝・左 2000m
Chunichi Shimbun Hai (G3)

2023年・中日新聞杯の出走予定馬たち

2023年・中日新聞杯の追い切り・コメントをチェック!
中日新聞杯2023の追い切り・コメントの記事です。中日新聞杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(12月7日)

新潟記念2019 ユーキャンスマイル

2023年の中日新聞杯の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • カレンルシェルブル(斎藤新)
  • カントル(H.ドイル)
  • キラーアビリティ(B.ムルザバエフ)
  • サトノエルドール(荻野極)
  • ジャンカズマ(小沢大仁)
  • シュヴァリエローズ(佐々木大輔)
  • スパイダーゴールド(鮫島克駿)
  • ドルチェモア(団野大成)
  • ハヤヤッコ(幸英明)
  • ピンハイ(高倉稜)
  • ホウオウビスケッツ(丸田恭介)
  • マイネルファンロン(丸山元気)
  • ヤマニンサルバム(三浦皇成)
  • ユニコーンライオン(国分優作)
  • ユーキャンスマイル(L.モリス)
  • リューベック(吉田隼人)
  • ワンダフルタウン(和田竜二)
関連記事
武豊騎手は12月9日、12月10日の週から復帰予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/20・7/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
阪神ジュベナイルフィリーズは2023年12月10日に阪神競馬場で行われる2歳女王決定戦。阪神JFは2023年で第75回を迎え、昨年はリバティアイランドが制した。阪神ジュベナイルフィリーズの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

ホープフルステークス2021 キラーアビリティ

中京競馬場で行われるG3「中日新聞杯」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

キラーアビリティ(Killer Ability)

キラーアビリティ・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:キラーグレイシス
母父:Congaree
主な勝鞍:2021年・ホープフルステークス
馬名の由来:素晴らしい能力、才能。母名、一族名より連想

昨年はスタートで後手を踏んだものの、きっちり折り合ってライバルたちを差し切りホープフルステークス以来の勝利を挙げた。
その後は勝てていないものの、京都記念や新潟大賞典で5着に入るなど悪くない競馬はできている。
2003年、2004年を制したプリサイスマシーン以来の中日新聞杯連覇なるか。

ホウオウビスケッツ(Ho O Biscuits)

ホウオウビスケッツ・3歳牡馬
父:マインドユアビスケッツ
母:ホウオウサブリナ
母父:ルーラーシップ
主な勝鞍:2023年・フリージア賞
馬名の由来:冠名+父名の一部

ダービー6着馬のホウオウビスケッツが秋初戦を迎える。
本来は毎日王冠から復帰予定だったが、夏負けの影響もありここまで待機。
状態はバッチリ戻っているとのことで本来の走りが見られそう。
先を行く同世代のライバルたちに追いつくためにも。

ハヤヤッコ(Hayayakko)

ハヤヤッコ・7歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:マシュマロ
母父:クロフネ
主な勝鞍:2022年・函館記念
馬名の由来:速くて白い

見た目とは裏腹に成績に派手さこそないものの、堅実に走り続けている。
中京コースは金鯱賞で4着や昨年の中日新聞杯で5着など悪くない舞台。
馬場が渋るようならさらに期待値が上がる。

ヤマニンサルバム(Yamanin Salvum)

ヤマニンサルバム・4歳牡馬
父:イスラボニータ
母:ヤマニンエマイユ
母父:ホワイトマズル
主な勝鞍:2023年・オクトーバーステークス
馬名の由来:冠名+即興演奏(ラテン語)

前走のオクトーバーステークスでは1枠からスタートを決めて先手を奪うと、そのまま脚色が衰えることなく逃げ切って見せた。
中京は全5勝中4勝を挙げる得意舞台。
楽に先手を奪えるようなら。

他にも…

中日新聞杯にはカシオペアステークスで2着だったピンハイや重賞3勝馬ユーキャンスマイル、復活を目指す昨年の2歳マイル王ドルチェモアなども出走を予定しています。

中日新聞杯は2023年12月9日(土)の15時25分発走予定です。

中日新聞杯2023の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2023年・中日新聞杯の予想オッズはこのように予想しています。
オクトーバーステークスを逃げ切り久々の勝利を挙げたヤマニンサルバムが1番人気に支持されると予想します。
上位6頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ヤマニンサルバム(4.5)
  2. キラーアビリティ(5.0)
  3. ホウオウビスケッツ(5.5)
  4. ピンハイ(7.0)
  5. カレンルシェルブル(8.5)
  6. リューベック(9.5)
  7. スパイダーゴールド(13.0)
  8. ユーキャンスマイル(18.5)
  9. ハヤヤッコ(20.0)
  10. ドルチェモア(22.0)
  11. シュヴァリエローズ(26.0)
  12. カントル(29.5)
  13. ユニコーンライオン(40.0)
  14. ワンダフルタウン(45.0)
  15. ジャンカズマ(☆)
  16. マイネルファンロン(☆)
  17. サトノエルドール(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

中日新聞杯2023の日程・賞金

中日新聞杯

中日新聞杯2021 ショウナンバルディ

日程・発走予定時刻
2023年12月9日(土)15時25分発走予定

場所・距離
中京競馬場・芝・2000m


G3

1着賞金
4,300万円

中日新聞杯・プレイバック

中日新聞杯2022 キラーアビリティ

2022年・中日新聞杯(GIII)

1着:キラーアビリティ
2着:マテンロウレオ(クビ)
3着:アイコンテーラー(クビ)
4着:プログノーシス(ハナ)
5着:ハヤヤッコ(クビ)

勝ちタイム:1:59.4
優勝騎手:団野 大成
馬場:良

動画・全着順をチェック!
中日新聞杯2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の中日新聞杯の着順は1着:キラーアビリティ、2着:マテンロウレオ、3着:アイコンテーラーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント
1着 キラーアビリティ(団野大成騎手)
「依頼をいただいたことに感謝しています。結果を出せたことにホッとしています。思ったよりゲートを出ずにペースが遅くなって、折り合いがしんどかったですけど、馬がよくこらえて、伸びてくれました。(師匠の斉藤崇調教師と重賞初制覇)何とか結果で恩返しをしたいと思っていたので、こういう大きいところで結果を出せてよかったです」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
朝日杯フューチュリティステークスは2023年12月17日に阪神競馬場で行われる二歳マイル王者を決める一戦。朝日杯FSは2023年で第75回を迎え、昨年はドルチェモアが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
有馬記念は2024年12月22日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2024年で第69回を迎え、昨年はドウデュースが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。