【中日新聞杯2022】結果・動画/キラーアビリティが意地の差し切りV

中日新聞杯2022 キラーアビリティ

中日新聞杯2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の中日新聞杯の着順は1着:キラーアビリティ、2着:マテンロウレオ、3着:アイコンテーラーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の中日新聞杯はキラーアビリティが意地の差し切りV

2022年12月10日(土) | 6回中京3日 | 15:35 発走
第58回 中日新聞杯(GIII)芝・左 2000m
Chunichi Shimbun Hai (G3)

スポンサーリンク

2022年・中日新聞杯の動画

関連記事
昨年の中日新聞杯はショウナンバルディが制していた。
中日新聞杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の中日新聞杯の着順は1着:ショウナンバルディ、2着:アフリカンゴールド、3着:シゲルピンクダイヤとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・中日新聞杯の結果

スポンサーリンク

1着:キラーアビリティ
2着:マテンロウレオ(クビ)
3着:アイコンテーラー(クビ)
4着:プログノーシス(ハナ)
5着:ハヤヤッコ(クビ)
6着:プリマヴィスタ
7着:イクスプロージョン
8着:ワンダフルタウン
9着:バジオウ
10着:ダンディズム
11着:ソフトフルート
12着:カントル
13着:ギベオン
14着:フォワードアゲン
15着:コトブキテティス
16着:アルジャンナ
17着:トゥーフェイス
18着:アスクワイルドモア

勝ちタイム:1:59.4
優勝騎手:団野 大成
馬場:良

関連記事
G1・有馬記念をにぎわす馬は?
有馬記念は2022年12月25日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2022年で第67回を迎え、昨年はエフフォーリアが制した。有馬記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

1着 キラーアビリティ(団野大成騎手)
「依頼をいただいたことに感謝しています。結果を出せたことにホッとしています。思ったよりゲートを出ずにペースが遅くなって、折り合いがしんどかったですけど、馬がよくこらえて、伸びてくれました。(師匠の斉藤崇調教師と重賞初制覇)何とか結果で恩返しをしたいと思っていたので、こういう大きいところで結果を出せてよかったです」

2着 マテンロウレオ(昆貢調教師)
「(道中は)普通に回って来られました。勝負は一人でやっているわけではない。(結果は)仕方がないですね」

3着 アイコンテーラー(菱田裕二騎手)
「馬場状態が良く、先行力を活かしたレースをしました。ゴールまでしぶとく頑張ってくれました」

4着 プログノーシス(藤岡佑介騎手)
「ラストは脚を使って僅差の4着でした。器用なタイプではないので折り合いをつけてラストは外へとのオーダーでした。全体的に流れてくれれば良かったのですが……。2角からペースが緩くなった分届きませんでしたが、よく走ってくれています」

5着 ハヤヤッコ(浜中俊騎手)
「スタートがすごく良くて、枠を考えても行こうかと考えたけど行けなかった。ただ、57・5キロでこれだけ走っているし、力はあります」

7着 イクスプロージョン(和田竜二騎手)
「競馬にいくといいですね。勝てると思うような手応えでしたし、最後に止まったのは久々の分だと思います」

9着 バジオウ(岩田康誠騎手)
「いいモノは持っています。ただ、今日は遅すぎて、力んでいました。逃げても良かったかもしれません」

勝ち馬プロフィール

中日新聞杯2022 キラーアビリティ

キラーアビリティ(Killer Ability)牡3/青鹿毛 斉藤 崇史(栗東)
父:ディープインパクト 母:キラーグレイシス 母父:Congaree
馬名の由来:素晴らしい能力、才能。母名、一族名より連想

関連記事
キラーアビリティは2021年のホープフルステークス勝ち馬
ホープフルステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のホープフルSの着順は1着:キラーアビリティ、2着:ジャスティンパレス、3着:ラーグルフとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。