【ユニコーンステークス2023】追い切り/抜群の動きを見せたのは

ユニコーンステークス2023 追い切り

ユニコーンステークス2023の追い切り・コメントの記事です。ユニコーンSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2023年6月18日(日) | 3回東京6日 | 15:45 発走
第28回 ユニコーンステークス(GIII)ダート・左 1600m
Unicorn Stakes (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・ユニコーンステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
ユニコーンステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。ユニコーンSは2023年6月18日に東京競馬場で行われるダートマイルG3戦。2023年で第28回を迎え、昨年はペイシャエスが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にもマーメイドステークスが開催される。
マーメイドステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。マーメイドSは2023年6月18日に阪神競馬場で行われる中距離G3戦。2023年で第28回を迎え、昨年はウインマイティーが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

ユニコーンステークス2023の追い切りをチェック!

ユニコーンステークス2023 追い切り

ユニコーンステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
マーメイドステークス2023の追い切り・コメントの記事です。マーメイドSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アイファーテイオー

最終追い切り
栗東・坂路・良(藤懸)
800m 53.2-38.0-24.3-11.9(末強め)

鮫島調教師
「トモに疲れが残りやすいタイプだけど今は状態がいい。しまいは確実。スムーズに流れに乗れば」

野田助手
「前走後に疲れが出たけど、ケアしていい状態。『動きは良かった』と(藤懸)ジョッキーも言っていた」

オマツリオトコ

最終追い切り
美浦・南W・良(永野)
6F 80.6-64.7-50.7-36.9-11.5(馬なり)
タイセイドルチェ(馬なり)の外1.0秒追走・同入

伊藤圭調教師
「動きは良かったね。身のこなしが良く、調子はいい。前走(ニュージーランドT14着)は芝で度外視していいはず」
カレンアルカンタラ

最終追い切り
栗東・坂路・良(秋山稔)
800m 50.8-37.1-24.2-12.3(一杯)

新谷調教師
「前走でプラス12キロと少し重かったので、2週続けてやりました。動きは良かった」
グレートサンドシー

最終追い切り
栗東・CW・良(調教師)
6F 84.3-67.3-52.3-37.2-11.5(馬なり)

中内田調教師
「先週は若干、気持ちが入っていましたけど、今朝は落ち着いていましたね。伸びも良かったですし、いい状態で出走できると思います。自分の競馬をして、どれだけやれるか」

福永助手
「少し気持ちが入りやすくなっているようですが、追い切りではそれほど苦労せずに折り合いがついている感じ。走りが安定してきた印象です。強い勝ち方でした。マイルに距離が延びますが、脚をためるには、それくらいのほうがいいかも。重賞でも好レースを」

サンライズジーク

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.0-39.5-25.1-12.1(一杯)

宮内助手
「しまい重点でいい動き。この中間からハミを替えて、操縦性が上がっています」
ジャスパーバローズ

最終追い切り
栗東・CW・良(調教師)
800m 81.0-65.8-51.0-37.2-12.2(馬なり)
ファインバーグ(馬なり)の内0.6秒先行・0.4秒遅れ

清水久調教師
「前走の内容は良かったと思う。いつもと変わりない動きで、状態は維持」
「いつも通りの動きで、いい状態をキープ。イレ込まないので輸送も大丈夫。最後はいい脚を使えるので東京は合うと思う」
ニシキギミッチー

最終追い切り
美浦・芝・良(助手)
5F 66.1-50.7-36.2-11.1(馬なり)
トモジャシーマ(強め)の外0.7秒先行・0.1秒遅れ

鈴木伸調教師
「クッションの効いた芝コースで追った。動きは良かった。落ち着きがある今なら1600メートルでも大丈夫」
ニシノカシミヤ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 65.6-50.1-36.2-11.4(馬なり)
シリアルノヴェル(強め)の内0.6秒先行・0.1秒先着

永野騎手
「前走はあのペースでも前半にタメが利いていた。中1週でもダメージはなさそう」

伊藤圭調教師
「元気いっぱいだね。残り3ハロンくらいからはうなっているような感じだった。マイルならもまれる形にはならないはず。同型もいるが、1歩目が速いからね」

ハードワイヤード

最終追い切り
美浦・南W・良(菅原明)
6F 85.3-68.3-53.6-38.5-12.3(馬なり)

加藤征調教師
「1頭になるとフワフワする面がある馬。並びかけられたらハミを取り直すところをジョッキーも分かったと思う」
「素軽い動きをしていたし体つきもいい。6→7Fと延ばして上がりも速くなっているし、もう1Fの距離延長も凄くいいと思う」
ブライアンセンス

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 67.4-52.1-37.8-11.5(馬なり)
ホウオウノーサイド(馬なり)の内0.6秒追走・同入

斎藤誠調教師
「全体時計よりも反応を見たかった。乗っていた助手も『先週より良かった』と言っていた。前走は直線が向かい風の状況で持ち時計を詰めてきたし、この時期の3歳馬としてはいい数字。素質は高いし、ここでも楽しみです」

小原助手
「デビュー前から素質の高さを感じていました。追い切りを重ねるごとにどんどん良くなっていきましたから。賢い馬で、教えたことを覚えるのが早いですね。そのあたりが競馬にも表れていると思います。取りたいポジションが取れるし」

ペリエール

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 82.1-66.5-51.6-36.9-11.5(馬なり)
セブンフォールド(馬なり)の内0.5秒追走・0.1秒先着

黒岩調教師
「最後だけ伸ばす感じの内容。道中、手綱を抱えてためる感じで走れていたし、フォームの収縮性もあった。落ち着きが出て、心と体がフィットしてきました」
ヘンリー

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.3-40.5-26.3-12.9(馬なり)
ディクテオン(馬なり)を0.5秒追走・同入

吉岡調教師
「気難しい面はあるけど競馬では、しっかり走ってくれる。今朝の動きも良かった。左回りはやってみないと分からないけど1F延びて競馬はしやすくなりそう」
メイショウモズ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.5-38.9-24.9-12.2(一杯)
クリノファルコン(一杯)に0.2秒先行・0.1秒遅れ

三浦助手
「怖がりで馬が横にくると逃げるようなところがありましたが、けさは大丈夫。気性が成長してきた感じ」

金子厩務員
「先週の動きも良く、いい雰囲気を保っている。いい脚を使えるので直線が長いコースはいい。スムーズに折り合えば」

ラフエイジアン

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 66.2-51.1-36.5-11.3(強め)
インペリアルライン(馬なり)の内0.3秒追走・同入

中舘調教師
「順調に調整できている。前回は調教の段階から動きが良くなかった。攻め馬とレースが直結するタイプなので、今回の方がいい」
ワールズコライド

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 65.0-50.6-35.8-11.2(馬なり)
ボルケーノ(末強め)の外0.3秒先行・0.1秒先着

堀調教師
「ここ目標に在厩続戦。体は減っているがカイバ量を増やして完食しているし、追い切りはスムーズに加速して動きも息も良かった」
「短距離のダート向きだが、力は出せる仕上がり」

2023年・ユニコーンステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 ユニコーンステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・ユニコーンステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はニシキギミッチーに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/22・6/23)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
宝塚記念は2024年6月23日に京都競馬場で行われる春のグランプリホースを決める一戦。宝塚記念は2024年で第65回を迎え、昨年はイクイノックスが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
帝王賞は2024年6月26日に大井競馬場で行われる春の中距離ダート王を決める一戦。帝王賞は2024年で第47回を迎え、昨年はメイショウハリオが制した。帝王賞の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。