【ユニコーンステークス2021】結果・動画/スマッシャーが鋭く差し切る

ユニコーンステークス2021 スマッシャー

ユニコーンステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のユニコーンステークスの着順は1着:スマッシャー、2着:サヴァ、3着:ケイアイロベージとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のユニコーンステークスはスマッシャーが鋭く差し切る

2021年6月20日(日) | 3回東京6日 | 15:45 発走
第26回 ユニコーンステークス(GIII)ダート・左 1600m
Unicorn Stakes (G3)

スポンサーリンク

2021年・ユニコーンステークスの動画

関連記事
昨年のユニコーンステークスはカフェファラオが制していた。
ユニコーンステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のユニコーンステークスの着順は1着:カフェファラオ、2着:デュードヴァン、3着:ケンシンコウとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・ユニコーンステークスの結果

スポンサーリンク

1着:スマッシャー
2着:サヴァ(1馬身)
3着:ケイアイロベージ(1馬身)
4着:ルーチェドーロ(2-1/2馬身)
5着:クリーンスレイト(1馬身)
6着:サンライズウルス
7着:ティアップリオン
8着:プロバーティオ
9着:ヴィゴーレ
10着:ブラックアーメット
11着:ゲンパチフォルツァ
12着:イグナイター
13着:ラペルーズ
14着:ローウェル
15着:カレンロマチェンコ
中止:ピンクカメハメハ

勝ちタイム:1.34.4
優勝騎手:坂井 瑠星
馬場:重

関連記事
Jpn1・ジャパンダートダービーをにぎわす馬は?
ジャパンダートダービーは2021年7月14日に大井競馬場で行われる三歳ダート王を決める一戦。ジャパンダートダービーは2021年で第23回を迎え、昨年はダノンファラオが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

ユニコーンステークス2021 スマッシャー

1着 スマッシャー(坂井瑠星騎手)
「これまで1400メートルで勝ってきましたが、しまいの脚から1600メートルは間違いなく合うと思っていました。レース自体、スムーズに運べましたし、直線は進路ができたら届くだろうという手応えでした。未勝利を勝った時点でここで勝ち負けできると思っていましたし、今後の伸びしろも十分あります」

(吉岡辰弥調教師)
「距離が延びても十分こなせると思っていました。スタートは良かったですが、出てからそれほど速いほうではないですからね。でも、具合は良かったので、あの位置からでも届くと思っていました。もともと、年明けの未勝利を勝ってから、このレースが目標でした。1歳時や育成時は細くて、ダートでとは思っていませんでしたが、レースを重ねるごとに体重が増えていきました。ゆっくりとしたローテーションを組めたのも、良かった。それに、協力してくれたオーナーに感謝しています」

2着 サヴァ(石川裕紀人騎手)
「あそこまで行ったら勝ちたかったです。今日は全然人気がありませんでしたが、こんなに人気がない馬ではないです。速い時計も持っていますし、枠も良くリズム良く行けました。あと少しでしたが、最後は勝ち馬の決め手にやられました」

3着 ケイアイロベージ(三浦皇成騎手)
「まだ幼いですし、体にも緩さがありますが、背中は良いバネをしていますし今回ワンターンにも対応してくれました。この先が楽しみです」

4着 ルーチェドーロ(戸崎圭太騎手)
「馬の出来は良かったのですが、レースへ行って不器用なところがあるので、1400mの方がこの馬の持ち味を活かせるのではないかと思います」

5着 クリーンスレイト(田辺裕信騎手)
「スタートで寄られてしまい行き脚がつかなかったのですが、その割に後半盛り返していたのでスタートでの不利が痛かったです。もう少し流れに乗れるポジションだったらもっとやれたかもしれません」

6着 サンライズウルス(藤井勘一郎騎手)
「道中は置かれてしまいましたが、最後はしっかり走り切ってくれました。今日は前々の馬の展開で難しい展開でしたが、よく頑張ってくれました」

7着 ティアップリオン(内田博幸騎手)
「いいポジションだったんだけどね。直線もたれていて苦しかったのかな。少し硬い馬場を気にしていたしこれからの馬」

8着 プロバーティオ(M.デムーロ騎手)
「自分のリズムで走れていたけど直線は伸びなかった。距離が長いのかも」

9着 ヴィゴーレ(丸山元気騎手)
「ダートは悪くなかった。スムーズならもっとやれた。距離は1800メートルぐらいあっても大丈夫」

10着 ブラックアーメット(津村明秀騎手)
「ゲートは出てくれたけど挟まれてぶつけられてリズムが乱れてしまった。距離は1800メートルぐらいあってもいい」

11着 ゲンパチフォルツァ(木幡巧也騎手)
「スムーズな競馬で直線を向けたけど最後に伸びなかったあたり本質的に距離が長いのかも」

12着 イグナイター(武藤雅騎手)
「スタートで寄られて少しかわいそうな競馬でした」

13着 ラペルーズ(C.ルメール騎手)
「良いポジションを取れましたが、早目に疲れてしまいました。気性的に乗り難しいですね」

14着 ローウェル(団野大成騎手)
「返し馬の感触が良くて勝負になるのではないかと思っていた。少し距離が心配だったのと14キロ増えているのがどうかと思っていた。距離短縮すればやれる」

15着 カレンロマチェンコ(松若風馬騎手)
「うまくスタートを出てくれていい形で直線を向いたけど伸びなかった。距離が長いのかも」

勝ち馬プロフィール

ユニコーンステークス2021 スマッシャー

スマッシャー(Smasher)牡3/鹿毛 吉岡 辰弥(栗東)
父:マジェスティックウォリアー 母:スマッシュ 母父:キングカメハメハ
馬名の由来:粉砕者。あらゆる記録を打ち破ってほしい。母名より連想