【宝塚記念2022】結果・動画/タイトルホルダーが圧巻のレコードV

宝塚記念2022 タイトルホルダー

宝塚記念2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の宝塚記念の着順は1着:タイトルホルダー、2着:ヒシイグアス、3着:デアリングタクトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の宝塚記念はタイトルホルダーが圧巻のレコードV

2022年6月26日(日) | 3回阪神4日 | 15:40 発走
第63回 宝塚記念(GI)芝・右 2200m
Takarazuka Kinen (G1)

スポンサーリンク

2022年・宝塚記念の動画

関連記事
昨年の宝塚記念はクロノジェネシスが制していた。
宝塚記念2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の宝塚記念の着順は1着:クロノジェネシス、2着:ユニコーンライオン、3着:レイパパレとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・宝塚記念の結果

スポンサーリンク

1着:タイトルホルダー
2着:ヒシイグアス(2馬身)
3着:デアリングタクト(2馬身)
4着:ディープボンド(ハナ)
5着:マイネルファンロン(1-3/4馬身)
6着:エフフォーリア
7着:ウインマリリン
8着:パンサラッサ
9着:ステイフーリッシュ
10着:ギベオン
11着:ポタジェ
12着:グロリアムンディ
13着:メロディーレーン
14着:アリーヴォ
15着:アイアンバローズ
16着:アフリカンゴールド
17着:キングオブコージ
取消:オーソリティ

勝ちタイム:2.09.7(レコード
優勝騎手:横山 和生
馬場:良

関連記事
春のG1シリーズは宝塚記念で終了。秋はスプリンターズステークスからG1が始まる
スプリンターズステークスは2022年10月2日に中山競馬場で行われる電撃のスプリント戦。スプリンターズSは2022年で第56回を迎え、昨年はピクシーナイトが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

宝塚記念2022 タイトルホルダー

1着 タイトルホルダー(横山和生騎手)
「凄く支持して頂いていましたし、緊張はしていませんが、良い結果を出さなければと思っていました。乗せていただいたのが4回目でタイトルホルダーとの走りとかリズム良く走れる雰囲気はしっかりつかめていました。しっかり出して行ってそれでも来るなら来いというつもりで行きました。ペースは速かったかもしれませんが、この子と一緒にリズム良く走れればきっといい結果はついてくると思ったので僕が怯まないように馬を信じて一緒に走って行きました。何回も乗せてもらっているのでリズム良く直線に向ければタイトルホルダーは頑張ってくれます。直線はしっかり脚が残っていましたし、これは良いんじゃないかと思っていました。成長してすごく良くなってる途中だと思うので世界は甘くないと思いますが一緒に頑張って僕も成長しなきゃなと思います」

2着 ヒシイグアス(D.レーン騎手)
「良いスタートを切って、満足できるポジションで進めることができました。手応えも良かったです。4コーナーを回って、勝ち負けできる手応えでした。直線に入ってスペースができましたが、前の馬(タイトルホルダー)が強すぎました。このペースで差すことができませんでした。一生懸命走っています」

3着 デアリングタクト(松山弘平騎手)
「悔しいですね。馬は徐々に上向いていましたし、何とか結果を出したかったです。スタートを上手に出て、中団で流れに乗れて、自分の競馬ができました。最後も見せ場を作ってくれました。すごい馬だと思います。この後は無事に行って欲しいですし、またこの馬と一緒に走りたいです。このメンバーでやれることを証明できましたし、秋にはさらに良くなって帰って来てくれると思います」

4着 ディープボンド(和田竜二騎手)
「タイトルホルダーをマークして行こうというプランでした。外枠もあって、迫るところまで行ったのですがペースも速く勝負どころで加速できないし、この距離で真っ向勝負で力を出し切ったのでお疲れ様と言いたいですね。この馬はバテても止まってもいません」

5着 マイネルファンロン(M.デムーロ騎手)
「今年のGIの中で一番(騎乗していて)楽しかったです。4コーナーでは抜群の手応えでした。最後は苦しくなりましたが、馬は一生懸命走っていました」

6着 エフフォーリア(横山武史騎手)
「ペースが速くて付いていくのが精いっぱいでした。脚をためることも抱えることもできず、直線を迎えてしまった。これでは伸びません」

7着 ウインマリリン(松岡正海騎手)
「タイトルホルダーの後ろでペースが速かったので、もう一つ後ろでもよかった。ここを叩いて、秋はよくなると思います」

8着 パンサラッサ(吉田豊騎手)
「スタートはこういうときもあります。1コーナーまでには気分良く行けましたが、あとは自分のペースでと思いました。やはり後ろからあれだけ早く来られると・・・。自分のペースで淡々と行ってはいるんですが、ラスト1Fで止まっているという感じではありません。最後は伸びるというよりは踏ん張るという感じですからね。そこまでにセーフティーリードが欲しいですからね。勝ち馬が自分のペースで来ましたから、きつかったです。もっと渋る馬場になったらどうかという思いはあります。ベストは2000mぐらいの距離ですね」

9着 ステイフーリッシュ(坂井瑠星騎手)
「ペースが速くて、思ったより後ろの位置になりました。道中はロスなく運ぶことを心がけ、よく頑張ってくれています」

10着 ギベオン(西村淳也騎手)
「良いポジションで競馬ができましたが、3コーナー過ぎくらいから一杯一杯でした。一生懸命頑張って走っています」

11着 ポタジェ(吉田隼人騎手)
「返し馬の一歩目が弾んで行きませんでした。明らかに前走とは違いました。ペースも速くじっくり行きました。向正面エフフォーリアとデアリングタクトを見る形で良いかなと思いましたが動けませんでした」

12着 グロリアムンディ(福永祐一騎手)
「3コーナー4コーナーは良い手応えで回ってきました。やはり良馬場ならトップスピードが足りない感じですね。重馬場ならもう少しやれてたと思うだけに残念ではありますが良いチャレンジでした」

13着 メロディーレーン(団野大成騎手)
「精いっぱい頑張りました。ファン投票でこの舞台に立たせてもらえて良かったです」

14着 アリーヴォ(武豊騎手)
「ペースが速くて、ついていくのが精いっぱいでした。こんな馬場になるとね…」

15着 アイアンバローズ(石橋脩騎手)
「思い切って前に行って競馬しようと考えていましたが、(ゲートで)変な出方をしてつまづいた。この馬のレースができませんでした」

16着 アフリカンゴールド(国分恭介騎手)
「ペースも速かったですね。抱えていく感じの方が良いですね。集中が途中で途切れてしまいました」

勝ち馬プロフィール

宝塚記念2022 タイトルホルダー

タイトルホルダー(Titleholder)牡4/鹿毛 栗田 徹(美浦)
父:ドゥラメンテ 母:メーヴェ 母父:Motivator
馬名の由来:選手権保持者。父、母父、二代母父がダービー馬なので

関連記事
タイトルホルダーは前走の天皇賞春を7馬身差で制していた
天皇賞春2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の天皇賞春の着順は1着:タイトルホルダー、2着:ディープボンド、3着:テーオーロイヤルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。