【宝塚記念2019】追い切り/抜群の動きを見せたのは

宝塚記念2019 追い切り

宝塚記念2019の追い切り・コメントの記事です。宝塚記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2019年6月23日(日) | 3回阪神8日 | 15:40 発走
第60回 宝塚記念(GI)芝・右 2200m
Takarazuka Kinen (G1)

出走予定馬・予想オッズ

2019年・宝塚記念の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

宝塚記念2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の宝塚記念の出走予定馬にはレイデオロやキセキなどが名を連ねています。春のG1シーズンを締めくくるグランプリレース。春の中距離王の座を勝ち取るのは。
関連記事
今週は他にも東京ジャンプステークスが開催される。

東京ジャンプステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の東京ジャンプSの出走予定馬にはシンキングダンサーやシングンマイケルなどが名を連ねています。ここでしっかり賞金を加算し、秋のビッグレースで羽ばたく新星が出てくるか?

宝塚記念2019の追い切りをチェック!

宝塚記念2019 追い切り

宝塚記念に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

アルアイン

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 50.8-37.6-24.9-12.6(一杯)
外・スプマンテ(一杯)と併せで0.4秒先着

池江調教師「いい感じでしたね。先週よりもよくなっている。まだまだ余裕がある体つきですが、このひと追いで変わってくると思う。(荒れた馬場への適性については)パワーもアップしていますし、前走ぐらいなら道悪になっても大丈夫」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.8-39.2-25.2-12.3(馬也)

池江調教師「先週、先々週と併せ馬でしっかりと負荷をかけたので、今週は単走で微調整というか、息を整える調整をしました。きびきびしていましたし、いい頃の走りだと思います。」

兼武助手「先週くらいから体も絞れてシャンとしてきた。日曜追い切りも反応を確かめる程度だったが、いい動きだった。万全の状態で送り出せそうだ。ジョッキー(北村友)も、だいぶクセをつかんでくれたし、多少の道悪は苦にならない。前走(大阪杯=1着)同様、好位置でレースを運んでほしい」

エタリオウ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 83.8-68.5-53.1-38.6-11.5(仕掛)
外・アドマイヤデジタル(一杯)を6Fで0.6秒追走・1F併せでクビ差先着

横山典騎手「いい馬。気持ちよさそうに走っていたよ。天気が良かったしね。動きが良かったし、状態がいいのが分かったね。クセがなくて乗りやすい」

友道調教師「少しクセのある馬だし、ノリさん(横山典騎手)は合っていると思うよ」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.6-39.6-25.8-12.8(G強)
外・アドマイヤキング(馬也)と併せで併入

大江助手「バランス良く、気持ち良くしっかり動けている。いい状態で行ける感じ」
キセキ

1週前追い切り
栗東・CW・良
5F 65.9-51.2-37.3-11.6(G一杯)

辻野助手「しっかりと負荷をかける目的で、それなりの時計も出しました。これでもうひと絞りできれば」

最終追い切り
栗東・CW・良
5F 67.2-51.8-37.9-11.7(馬也)

川田騎手「(追い切りには騎乗していないが)1週前にしっかり負荷をかけて、きょうは反応を確かめる形でスムーズにここまでこられたと聞いています」

辻野助手「感触を確かめる程度でしたが、見た目にも素晴らしい動き。息遣いも良かった。いい状態に持ってこられたと思います」

清山助手「今日は反応を確かめたかった。先週とは全然違う軽さが感じられました」

クリンチャー

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 83.6-66.8-51.2-36.8-11.7(G一杯)

三浦騎手「馬体もすっきりしていて、動きも非常によかったです。うなるような感じがありました」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.3-38.6-25.1-12.5(強め)

宮本調教師「1週前にジョッキー(三浦騎手)を乗せて追い切ったので、今週はさらっと。いい感じでした。あとは自分の力を出し切れれば」
ショウナンバッハ

最終追い切り
美浦・南W・良
4F 56.1-40.4-13.1(馬也)

上原調教師「軽めは予定通り。相変わらずいい動きでした。ここ2戦の内容が良く、去年あたりから馬体もだいぶしっかりしてきた。前走は道悪(やや重)でも頑張ったが、良馬場にこしたことはない」
スティッフェリオ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.6-37.8-24.9-12.8(一杯)
内・イメル(強め)と併せで併入

音無調教師「順調。ただ、GIで休み明けというのがどうかな」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.8-38.2-24.9-12.4(強め)
内・クリソベリル(強め)と併せで併入

音無調教師「このメンバーなので簡単ではないが、好位につけて最後差すような競馬をしたい。手応え以上に伸びる馬だし、丸山はそのあたりを分かってくれているので」
スワーヴリチャード

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.2-65.7-51.4-37.6-12.0(馬也)
内・ダイシンカローリ(一杯)を6Fで1.6秒追走・1F併せで0.5秒先着

庄野調教師「動きもよくなって落ち着きも十分。(遠征の)ダメージもそんなにないです」

最終追い切り
栗東・芝・稍重
6F 80.7-64.2-50.1-36.7-12.3(馬也)

M.デムーロ騎手「ジャッジが難しい馬なんです。(昨年秋の)天皇賞(10着)のときも(調教は)頑張って走ってくれたんですけど…。きょうの追い切りに関してはいい感じ」
タツゴウゲキ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.6-39.9-25.9-12.8(馬也)

鮫島調教師「順調にきています。久々で実戦勘がどうか」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.2-38.8-25.3-12.6(仕掛)

梛木助手「この馬史上、一番良かった。跳びもきれいで走るセンスがいい」
ノーブルマーズ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.4-37.7-24.6-12.6(一杯)

宮本調教師「ジョッキーに任せた。いい動きだった。相手は強くなるが、昨年はいい競馬だった。ずっと安定して力を出してくれている」
マカヒキ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.9-37.7-24.5-12.1(一杯)

大江助手「走りのリズム、バランスがよかったですね。ゴールしてからも余力がありました」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 50.6-37.2-24.6-12.5(強め)

大江助手「気にしてなかったけど、しっかりとタイムが出た。状態がいい。自信を持って送り出せる。(117年12月の)骨折後で一番いい状態なのは間違いない」
リスグラシュー

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.6-37.8-24.7-12.4(一杯)
外・モズエロイコ(一杯)と併せで0.2秒先着

矢作調教師「香港帰りで仕上げが難しいと思っていましたが、順調です。表面上は疲れはみられない」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.3-39.4-25.4-12.1(馬也)
外・プリンシパル(一杯)と併せで0.4秒先着

岡助手「時計的にもちょうど良かったです。前走(香港)の時よりもいいです。今回は特にカイ食いもいいし、状態はエリザベス女王杯(18年1着)の時くらい、いいと思います」
レイデオロ

1週前追い切り
美浦・南W・稍重
4F 53.3-39.2-12.7(馬也)
外・ラボーナ(仕掛)を4Fで0.6秒追走・1F併せで併入

ルメール騎手「折り合い、フットワークは完璧。来週も同じくらいやれたらトップコンディションになる。前走は前に行くのが好きじゃなかった感じ。勝つときは後ろからだからね。内回りだし、ある程度流れてほしい」

最終追い切り
美浦・南W・良
4F 54.1-39.2-12.9(馬也)
外・トレクァルティスタ(仕掛)を4Fで0.4秒追走・1F併せで併入

ルメール騎手「先週よりも速いペースで、いい反応。パワーUPした。(前走6着から)大人になった。競馬でもリラックスできる。今回は後ろから。内回りだけど、キセキがいて速い流れなら差し切る自信がある」

藤沢和調教師「順調。ダービーを勝った強い馬だし、頑張ってくれると思う」

関連記事

武豊騎手はメイショウテッコンに騎乗予定だったが回避したため乗り馬なしの予定…

武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/13・7/14)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。

今後も楽しみなレースが続く!

帝王賞は2019年6月26日に大井競馬場で行われる春の中距離ダート王を決める一戦。帝王賞は2019年で第42回を迎え、豪華メンバーが予想される。昨年はゴールドドリームが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
札幌記念は2019年8月18日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2019年で第55回を迎える。昨年はサングレーザーが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。