【紫苑ステークス2022】結果・動画/スタニングローズが人気に応えV

紫苑ステークス2022 スタニングローズ

紫苑ステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の紫苑Sの着順は1着:スタニングローズ、2着:サウンドビバーチェ、3着:ライラックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の紫苑ステークスはスタニングローズが人気に応えV

2022年9月10日(土) | 4回中山1日 | 15:45 発走
紫苑ステークス(GIII)芝・右 2000m
Shion Stakes(Shuka Sho Trial) (G3)

スポンサーリンク

2022年・紫苑ステークスの動画

関連記事
昨年の紫苑ステークスはファインルージュが制していた。
紫苑ステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の紫苑ステークスの着順は1着:ファインルージュ、2着:スルーセブンシーズ、3着:ミスフィガロとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・紫苑ステークスの結果

スポンサーリンク

1着:スタニングローズ
2着:サウンドビバーチェ(クビ)
3着:ライラック(クビ)
4着:サークルオブライフ(3/4馬身)
5着:カヨウネンカ(アタマ)
6着:ニシノラブウインク
7着:シーグラス
8着:エコルフリューゲル
9着:サンカルパ
10着:エバーハンティング
11着:ロジレット
12着:コルベイユ

勝ちタイム:1:59.9
優勝騎手:坂井 瑠星
馬場:良

関連記事
G1・秋華賞をにぎわす馬は?
秋華賞は2022年10月16日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2022年で第27回を迎え、昨年はアカイトリノムスメが制した。秋華賞の出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

紫苑ステークス2022 スタニングローズ

1着 スタニングローズ(坂井瑠星騎手)
「(勝てて)ホッとしたというのが一番です。(高野)先生と事前に相談して、今日の馬場の傾向を考えて、ある程度いいポジションから運べたらいいねと話していたが、任せていただいたので自分の感覚で乗りました。春に1度乗せていただいた時よりも折り合いに進境を感じました。(直線は)反応も素晴らしかったですし、もっと楽にかわせるかと思ったが、休み明けのぶん、もたもたした感じはしましたが、次はもっと良くなりそう。G1を経験して、精神的にどっしりしたし、数字の通り体も増えていたように心身ともに成長している。僕は春(のクラシック)に乗っていませんが、G1・2着と惜しいところにきているので、何とかスタニングローズとG1を取りたいです。前哨戦を一番いい形で終えられて、次はもっと良くなると思います」

2着 サウンドビバーチェ(横山武史騎手)
「逃げるプランではなかったがスタートが速く、行く馬もいなかったので。掛かると聞いてなんとか我慢できていましたが、この展開で止まった感じ二千は長いのかな」

3着 ライラック(戸崎圭太騎手)
「もう少し早めに(アクセルを)踏んで行こうと思ったが、外から来られて。最後はいい伸びだったし、自分から動けていれば違ったかも」

4着 サークルオブライフ(M.デムーロ騎手)
「体は大きく減っていたけど乗った感じは影響なかった。気持ちが入って出遅れたけど、リズム良く走れて最後に力のあるところを見せてくれた。次につながる競馬ができた」

5着 カヨウネンカ(田辺裕信騎手)
「距離は問題ありませんでした。直線でどれだけ脚が溜まっているかと思っていましたが、とても手応えがよかったです。それなのに前が詰まって、もったいたいことをしました。今日は半信半疑でしたが、内容は良かったですし、この先につながると思います」

6着 ニシノラブウインク(三浦皇成騎手)
「休み明けもありますが、一所懸命走る馬で、道中、力んでいました。今日は息を入れてリラックスさせられなかったのが敗因です」

7着 シーグラス(丹内祐次騎手)
「レースはうまくいったし、馬は力をつけてくれている」

8着 エコルフリューゲル(内田博幸騎手)
「格上挑戦だったからね。ペースが上がった時についていけなかった。これから良くなる馬だと思うし、自己条件なら」

9着 サンカルパ(C.ルメール騎手)
「勝ち馬の後から良い形で運べましたが、ラスト200mで止まりました。広いコースのマイルがベストだと思います。今日は距離が長かったです」

10着 エバーハンティング(横山琉人騎手)
「いつもゲートがうるさい馬なので気をつけていた。タイミング良く出てくれて、逃げ馬の後ろにつけて流れに乗れたが、勝負どころで苦しくなった。距離はマイルくらいの方がいいかな。今回は格上挑戦だったし、自己条件なら」

11着 ロジレット(石川裕紀人騎手)
「返し馬からこの馬の本来の走りではなかった」

12着 コルベイユ(新開幸一調教師)
「行けなかったのがすべて。自分の形でないと重賞では厳しい。体が大きくなっていたのはいい傾向です」

勝ち馬プロフィール

紫苑ステークス2022 スタニングローズ

スタニングローズ(Stunning Rose)牝3/鹿毛 高野 友和(栗東)
父:キングカメハメハ 母:ローザブランカ 母父:クロフネ
馬名の由来:魅力的な薔薇

関連記事
スタニングローズは2022年のフラワーカップの勝ち馬
フラワーカップ2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のフラワーCの着順は1着:スタニングローズ、2着:ニシノラブウインク、3着:シンティレーションとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。