【エリザベス女王杯2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

エリザベス女王杯 2018 追い切り

今回はエリザベス女王杯2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2018年11月11日(日) | 5回京都4日 | 15:40 発走
第43回 エリザベス女王杯(GI)芝・右・外 2200m
Queen Elizabeth II Cup (G1)

出走予定馬・予想オッズ

2018年・エリザベス女王杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

エリザベス女王杯 2017 モズカッチャン

【エリザベス女王杯2018】出走予定馬・騎手/主演女優賞を勝ち取る
【エリザベス女王杯2018】予想オッズ/モズカッチャンが人気の中心

エリザベス女王杯2018の出走予定馬・想定騎手の情報です。18頭が出走登録を済ませています。出走予定馬にはモズカッチャンやノームコアなどが名を連ねています。秋の女王決定戦。主演女優賞を勝ち取るのは?

追い切り

エリザベス女王杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

アドマイヤリード

前走時追い切り・府中牝馬ステークス(7着)
栗東・坂路・良
800m 51.8-37.1-12.6

最終追い切り
11月7日・栗東・CW・良
6F 80.6-64.7-50.3-37.1-12.2

須貝調教師
「馬の後ろにつけて、ゴール板で並んで、という指示通りの理想の調教ができた。これがレースで生きてくれれば」
ヴァフラーム

前走時追い切り・ムーンライトハンデ(1着)
栗東・CW・不良
6F 82.2-67.0-53.3-38.2-11.8

最終追い切り
11月7日・栗東・CW・良
6F 82.8-66.4-52.4-38.5-12.2

川又騎手
「前に馬を置いて追走する形。動きは前より良くなっている。体つきも良くなっているし、しっかりしてきた」
エテルナミノル

前走時追い切り・クイーンステークス(6着)
札幌・芝・良
5F 70.5-54.2-38.5-12.0

最終追い切り
11月7日・栗東・CW・良
6F 85.1-68.1-53.7-40.0-12.8

鈴木助手
「前走を使ってからリフレッシュさせた。帰厩してからも本数はやっているし、状態は問題ない」
カンタービレ

前走時追い切り・秋華賞(3着)
栗東・CW・良
6F 83.9-67.2-51.6-37.5-12.2

最終追い切り
11月7日・栗東・坂路・良
800m 54.1-38.6-24.4-12.4

辻野助手
「前走後に疲れがあったので中間はケアを重視してやってきた。調子は上向いてきたし、使っているので直前に負荷をかける必要もないですから」
キンショーユキヒメ

前走時追い切り・小倉記念(6着)
栗東・CW・良
6F 83.2-66.7-51.2-37.1-11.5:

最終追い切り
11月7日・栗東・CW・良
6F 85.2-68.7-53.3-39.1-12.4

中村調教師
「先週までにしっかりやって馬はできている。しまいは追わなくていいと指示した」
クロコスミア

前走時追い切り・府中牝馬ステークス(5着)
栗東・坂路・良
800m 53.5-38.7-12.8

最終追い切り
11月7日・栗東・坂路・良
800m 54.2-39.4-26.4-13.7

西浦調教師
「1週前にビシッとやったので直前はこれで十分。いい感じだね。自分のリズムで運べればしぶとい馬だし、昨年の女王杯は僅差の2着だったからね」
コルコバード

前走時追い切り・丹頂ステークス(2着)
札幌・ダート・良
5F 70.5-56.0-41.5-12.7

最終追い切り
11月7日・美浦・南W・稍重
4F 52.6-37.8-12.3

木村調教師
「順調に調整できたし、今朝も予定通りの時計。相手は強くなるが、デキの良さを生かして頑張ってほしい」
スマートレイアー

前走時追い切り・京都大賞典(8着)
栗東・坂路・良
800m 53.7-39.0-12.4

最終追い切り
11月7日・栗東・坂路・良
800m 51.9-38.0-24.7-12.2

武豊騎手
「相変わらず稽古は動くね。GIに届きそうで届かなかっただけに今回はラストチャンスと思って頑張りたい」
ノームコア

前走時追い切り・紫苑ステークス(1着)
美浦・南W・良
キャンター

最終追い切り
11月7日・美浦・南W・稍重
4F 53.1-38.9-12.9

萩原調教師
「予定通り。いい動きでしたよ。調整は順調にできています。初めての古馬との対戦で力関係がカギですが、コースや距離に関しては気にならないので」
ハッピーユニバンス

前走時追い切り・丹頂ステークス(3着)
札幌・ダート・良
5F 68.6-53.8-39.7-12.6

最終追い切り
11月7日・栗東・坂路・良
800m 52.6-38.7-24.8-12.3

松若騎手
「強めにそこそこやってほしいとの指示。動きは良かった。反応もいいし休み明けでも力は出せそう。乗りやすいし距離も大丈夫だと思う」
フロンテアクイーン

前走時追い切り・府中牝馬ステークス(3着)
美浦・南W・良
6F 85.4-69.1-53.6-39.5-13.1

最終追い切り
11月7日・美浦・坂路・重
800m 50.5-37.5-25.2-13.1

蛯名騎手
「多少速くなりましたけど、良い動きで順調だと思います」

熊谷厩務員
「時計は予想より速かったが、体に余裕もあり問題ない。具合はいいので豊富な経験が生きる流れなら」

佐藤助手
「具合はいい。成長した今なら2200メートルも問題ないし、このメンバーでも差はないから」

プリメラアスール

前走時追い切り・カシオペアステークス(9着)
栗東・CW・良
6F 82.7-66.7-52.6-39.3-12.5

最終追い切り
11月7日・栗東・CW・良
6F 83.1-66.8-52.6-38.8-12.0

鈴木孝調教師
「上がり重点だったが順調に来ている。状態はいい。距離はこれくらいがベスト。コーナー4つの方が息も入れやすい。正攻法だと厳しいので思い切ったレースをしないとね」
ミスパンテール

前走時追い切り・府中牝馬ステークス(9着)
栗東・坂路・良
800m 55.1-39.0-12.2

最終追い切り
11月7日・栗東・CW・良
6F 83.9-67.7-53.0-39.3-12.1

昆調教師
「いい感じ。『まだ競馬は先だよ』という感じで調教している。気で走る馬。リラックスさせることが大事」
モズカッチャン

前走時追い切り・札幌記念(3着)
函館・ウッド・稍重
5F 68.8-53.5-40.0-13.0

最終追い切り
11月7日・栗東・坂路・良
800m 54.4-39.9-25.8-12.5

鮫島調教師
今日は1回目のハローがけの後の、馬場がなるべくいい時間帯でということ(タイミング)でやったんですけれども。相手は2歳でしたが追走して2ハロンで併せて、最後の1ハロンは12秒半で伸びてきました。動きは文句なしでした。

古川助手
「熱は2日ほどで引いてすぐに乗り出せました。札幌記念(3着)は出遅れて後方からの競馬でも結果を出してくれたし、勝ち馬はその後の天皇賞(秋)で2着したほどですから。今ならどんな形になっても対応できるし、状態が上がっているので楽しみです」

リスグラシュー

前走時追い切り・府中牝馬ステークス(2着)
栗東・坂路・良
800m 52.5-37.9-12.2

最終追い切り
11月7日・栗東・坂路・良
800m 52.0-37.8-25.0-12.9

J.モレイラ騎手
「イメージしていたのと違ってすごく行きっぷりが良かったし、前向きだった。ラストまで手応えも楽だったし、仕上がりに関しては良さそうだね。これでレースで乗るのが非常に楽しみになった」
レイホーロマンス

前走時追い切り・小倉記念(4着)
栗東・坂路・良
800m 55.5-39.6-12.5

最終追い切り
11月7日・栗東・坂路・良
800m 53.8-39.1-25.3-12.6

橋田調教師
「先週やっているし馬なりで。休み明けでも、いい感じで来ている。直線が長い方がレースしやすい。小柄だが根性が凄い馬。どこまでやってくれるか」
レッドジェノヴァ

前走時追い切り・京都大賞典(2着)
栗東・CW・良
6F 83.5-67.8-52.4-38.6-12.2

最終追い切り
11月7日・栗東・CW・良
6F 82.6-66.4-51.6-37.6-12.1

鈴木助手
「日曜にも坂路で大きめをやったけど、うまくハメて乗れてデキは安定していますね。前回で京都コースも経験できているので牝馬同士なら」
ワンブレスアウェイ

前走時追い切り・オクトーバーステークス(3着)
美浦・南W・稍重
5F 68.3-52.9-38.2-13.4

最終追い切り
11月7日・美浦・南W・稍重
5F 68.8-52.6-38.8-12.9

古賀慎調教師
「精神的に安定し、調教が楽になった。輸送は問題なく、競馬が上手で距離も心配ない」
「年齢を重ねて心身ともに成長してきた。ゲートの課題も良くなってきたし、今が充実期。気持ち良く走ってくれれば」
注目ジョッキーの予定をチェック!
武豊騎手の騎乗予定・想定をまとめた記事です。武豊騎手はこれまでに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果や今週(11/24・11/25)の想定・騎乗予定など、すべてをチェックしよう。
競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。藤田菜七子騎手の先週の騎乗結果、今週の想定・騎乗予定などをチェックしよう。

シェアする