【京都ジャンプステークス2018】結果・動画/タマモプラネットが逃げ切りV

京都ジャンプステークス 2018 タマモプラネット

京都ジャンプステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:タマモプラネット、2着:ミヤジタイガ、3着:マイネルプロンプトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

3馬身差をつける好内容!2018年の京都ジャンプステークスはタマモプラネットが逃げ切りV

2018年11月10日(土) | 5回京都3日 | 14:01発走
第20回 京都ジャンプステークス(J・GIII)障害・芝・内->外 3170m
Kyoto Jump Stakes (J-G3)

動画

関連記事
2016年の京都ジャンプステークスはドリームセーリングが制していた。
【京都ジャンプステークス 2016】動画・結果/ドリームセーリングが4馬身差で重賞初制覇

結果

1着:タマモプラネット
2着:ミヤジタイガ(3馬身)
3着:マイネルプロンプト(4馬身)
4着:エルゼロ(クビ)
5着:ゼンノトライブ(2-1/2馬身)
6着:タマモワカサマ
7着:ツジスーパーサクラ
8着:トーセンメリッサ
9着:キズナエンドレス

勝ちタイム:3.33.5
優勝騎手:熊沢 重文
馬場:良

レース後のコメント

1着 タマモプラネット(熊沢重文騎手)
「完璧だった。折り合いがついて(レース前の)イメージと違った。返し馬から落ち着いていたしね。馬とケンカするところがなかった」

関連記事
タマモプラネットは2走前の新潟ジャンプステークスで3着に入っていた。
【新潟ジャンプステークス2018】結果・動画/タイセイドリームが差し切り勝ち

勝ち馬プロフィール

京都ジャンプステークス 2018 タマモプラネット

タマモプラネット(Tamamo Planet)牡8/芦毛 南井 克巳(栗東)
父:ネオユニヴァース 母:チャームスター 母父:タマモクロス
馬名の由来:冠名+惑星。母名より連想