【ダービー卿チャレンジトロフィー2022】追い切り/動きを見極め勝利に近づけ

ダービー卿チャレンジトロフィー2022 追い切り

ダービー卿チャレンジトロフィー2022の追い切り・コメントの記事です。ダービー卿CTの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2022年4月2日(土) | 3回中山3日 | 15:45 発走
第54回 ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)芝・右 1600m
Lord Derby Challenge Trophy (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2022年・ダービー卿チャレンジトロフィーの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
ダービー卿チャレンジトロフィー2022の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2022年のダービー卿CTの出走予定馬にはザダルやボンセルヴィーソなどが名を連ねています。注目レースの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも大阪杯が開催される。
大阪杯は2022年4月3日に阪神競馬場で行われる春の中距離王を決める一戦。2022年で第66回を迎え、豪華メンバーが集結。昨年はレイパパレが制した。大阪杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

ダービー卿チャレンジトロフィー2022の追い切りをチェック!

ダービー卿チャレンジトロフィー2022 追い切り

ダービー卿チャレンジトロフィーに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
大阪杯2022の追い切り・コメントの記事です。大阪杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
インターミッション

最終追い切り
美浦・南W・稍重(石川裕)
6F 85.1-68.2-53.2-38.2-11.6(馬なり)
ベストフィーリング(馬なり)の内0.4秒追走・同入

手塚調教師
「いい頃は稽古でもう少し動けていた印象がある」
インテンスライト

最終追い切り
美浦・坂路・稍重(調教師)
800m 54.8-40.3-26.4-13.1(強め)

菊沢調教師
「深い馬場でもしっかりとやれた。いいコンディションを維持。54キロは楽でいい」
カイザーミノル

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.2-38.8-25.1-12.4(馬なり)

北出調教師
「前々走の天皇賞・秋(14着)を使ったのがこたえて前走は硬かった。寒い時季は無理をしないで暖かい時季を待った。ブリンカーを着けたらどんな距離でも対応できる。枠の優劣があるからその辺が鍵。あとは典ちゃん(横山典)にお任せ」
カテドラル

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.3-37.9-24.7-12.2(末強め)

池添学調教師
「少しもたついた感じだった1週前に比べると動きは良くなっている」
ギルデッドミラー

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.7-37.2-24.4-12.5(末強め)

松永幹調教師
「行きっぷりは良かった。予定通りの追い切りができた」
グラティアス

最終追い切り
美浦・芝・良(助手)
5F 65.5-50.4-37.2-12.5(馬なり)

宮田調教師
「芝で単走でしたが、動きは及第点。前走もしまいは目を見張る末脚。流れが向けば」
ザダル

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 67.5-50.5-36.5-11.6(馬なり)
アンビション(馬なり)の内0.3秒追走・同入

大竹調教師
「脚元に不安がある馬だが今回は順調。重量も思ったよりは軽くて良かった。現状、馬体重は前走比10キロ増ぐらい」
サトノフェイバー

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.0-39.2-25.0-12.3(馬なり)

南井調教師
「先週しっかりやっているので。やればやるだけ動く馬。中山は初だが新しい一面を出せれば」
タイムトゥヘヴン

最終追い切り
美浦・南W・稍重(調教師)
5F 67.4-52.3-37.8-11.6(馬なり)
ビバヴィットーリオ(末強め)の内1.0秒追走・同入

斎藤助手
「ずっと使ってきているので調整程度。展開や流れひとつでこのクラスでもやれる馬。巻き返したい」
ダーリントンホール

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
6F 83.5-67.5-52.4-37.9-11.3(馬なり)
フレッチア(馬なり)の内0.3秒追走・同入

太田助手
「近走は右回りも輸送にも対応していて成長を感じる。コンスタントに使っているのでフレッシュさは足りないところ」
トーラスジェミニ

最終追い切り
美浦・南W・稍重(原)
5F 66.1-50.7-36.3-11.6(強め)
シャチ(一杯)の内0.6秒追走・0.4秒先着

原騎手
「厩舎がしっかり調整してくれて自分から動けるようになってきた。この行きっぷりなら思いきってハナに行きたい」
「暖かくなって体調が上向き。気持ちもだいぶ前向きになってきました」
ノルカソルカ

最終追い切り
栗東・CW・良(藤岡佑)
6F 82.2-66.5-51.5-36.6-11.0(一杯)
メイショウヒューマ(馬なり)の内0.7秒追走・同入

藤岡調教師
「十分動けている。調子は前回よりいい。マイルの方が向くし、コース的にもいいと思う」
フォルコメン

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
4F 55.4-40.0-12.2(馬なり)

堀調教師
「ここを目標に11日に帰厩。先週しっかり追って態勢は整っているので直前は微調整程度。前走はモタれていたが、馬具などは同じもので臨む。ムラだが、前走のように能力を出し切ってくれれば」
ボンセルヴィーソ

最終追い切り
栗東・坂路・良(藤懸)
800m 53.9-38.0-24.0-11.9(一杯)

池添学調教師
「レース間隔が空いていないので動きを確かめる程度。いい状態をキープしています」
ミッキーブリランテ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.0-37.7-24.9-12.9(末強め)

矢作調教師
「動きは良かった。状態はいい。6番より内の枠が欲しい」
リフレイム

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 64.9-50.1-36.2-11.6(G前仕掛け)

黒岩調教師
「ここのところ前半から力んで走る感じがないし、リズム良く加速できている。時計は速いですが、内容的には無理をしていない。ベストは東京マイルでしょうが、今なら中山に挑戦してもいいのかなと。充実しているので重賞でも」
ワーケア

最終追い切り
美浦・坂路・稍重(助手)
800m 53.9-39.1-25.7-13.2(一杯)
カナラクリーク(馬なり)に0.3秒先行・同入

手塚調教師
「前走は瞬発力を発揮できなかった。立ち回りは上手なので中山マイルは合う。使ったことで多少の上積みもあるはず」
関連記事
武豊騎手は大阪杯でアリーヴォに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/21・5/22)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
桜花賞は2022年4月10日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2022年で第82回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はソダシが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
皐月賞は2022年4月17日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2022年で第82回を迎え、昨年はエフフォーリアが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。