【ダービー卿チャレンジトロフィー2018】動画・結果/ヒーズインラブが差し切り重賞初制覇

ダービー卿チャレンジトロフィー 2018 ヒーズインラブ

ダービー卿チャレンジトロフィー 2018の動画・結果です。ダービー卿CTの結果は1着:ヒーズインラブ、2着:キャンベルジュニア、3着:ストーミーシー。「ヒーズインラブ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

藤岡康太騎手騎乗の4番人気・ヒーズインラブが差し切り重賞初制覇

2018年3月31日(土) | 3回中山3日 | 15:45 発走
第50回 ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)芝・右・外 1600m
Lord Derby Challenge Trophy (G3)

動画

関連記事
昨年のダービー卿チャレンジトロフィーはロジチャリスが制していた。
【ダービー卿チャレンジトロフィー 2017】動画・結果/ロジチャリスが抜け出し接戦を制する
明日は阪神競馬場でG1・大阪杯が開催される。
【大阪杯2018】出走予定馬・賞金・日程/新中距離王が決まる

結果

1着:ヒーズインラブ
2着:キャンベルジュニア(1/2馬身)
3着:ストーミーシー(3/4馬身)
4着:テオドール(1-1/4馬身)
5着:グレーターロンドン(1/2馬身)
6着:ゴールドサーベラス
7着:レッドアンシェル
8着:マイネルアウラート
9着:マルターズアポジー
10着:アデイインザライフ
11着:ダイワリベラル
12着:ロジチャリス
13着:クラリティスカイ
14着:ソルヴェイグ
15着:サンライズメジャー
16着:ミュゼエイリアン

勝ちタイム:1.32.2
優勝騎手:藤岡 康太
馬場:良

レース後のコメント

1着 ヒーズインラブ(藤岡康太騎手)
「本当によく頑張ってくれた。(ポジションは)あまり後ろ過ぎずにと思って、それだけを気を付けていた。4コーナーの手応えもよく、直線もスペース少なかったんですが、頑張ってくれました。力をつけてくれている印象で、長所は一瞬の足。これからもっとよくなってくる馬だと思う」

(藤岡健一調教師)
「力をつけているとは思っていました。調子を上げていた前走を勝てたのが大きかったです。得意の中山コースでした。1番は折り合いがつくようになっていたことだと思います。この後については海外挑戦のプランもあります」

2着 キャンベルジュニア(石橋脩騎手)
「レースになると気持ちが入っていた。ゲートも決まって、取りたいポジションが取れた。理想的な形で直線も頑張ってくれた。あと少しでしたね」

3着 ストーミーシー(大野拓弥騎手)
「外枠でもうまくレースができて、ハンデが手頃だったことも良かったです。使ってきて着実に良くなってきている印象です」

4着 テオドール(吉田隼人騎手)
「中山のマイルで、位置取りが後方になってしまった。リズム良く折り合えてはいたが、もう少し前で運べていれば…」

5着 グレーターロンドン(田辺裕信騎手)
「内枠だったこと、リズムを重視して後方からの競馬となりました。外を回すロスは避けたかったので、内にこだわりましたが、うまく前が開きませんでした。直線で手応えはあったので、スムーズに行けたら違ったと思います」

(大竹正博調教師)
「後退する馬の真後ろで全くスペースがありませんでした。以前はスイッチがひとつ入るとそれだけでしたが、今回はその後もまた伸びようとしていました」

6着 ゴールドサーベラス(柴山雄一騎手)
「最後よく伸びていますし、初重賞でよく頑張っています。欲を言えば3着に入ったストーミーシーについて行きたかったところですが、力はかなりつけてきていると成長を感じます」

7着 レッドアンシェル(戸崎圭太騎手)
「センスが良くうまく立ち回れるのではと思っていたのですが、今日は忙しく感じました。初めての中山コースが合っていなかったのかもしれません。今日はこの馬の良さが出せなかったので、広いコースの方が良さそうです」

8着 マイネルアウラート(柴田大知騎手)
「ブリンカーが効いていたし、いい頃の雰囲気にだいぶ戻っている」

9着 マルターズアポジー(柴田善臣騎手)
「今日は踏ん張りがききませんでした。斤量58キロがこたえたのか、明確は敗因は分かりません」

10着 アデイインザライフ(北村宏司騎手)
「前走と違う落ち着いた雰囲気で、そのぶん序盤でダッシュがつかなかった。4角で他馬が内から出てきて、進路を変えざるをえなかった」

11着 ダイワリベラル(菊沢一樹騎手)
「窮屈な競馬になってしまいました」

12着 ロジチャリス(池添謙一騎手)
「本来なら好位で運ぶ馬だけど、立ち遅れてリズムに乗れなかった。手前もコロコロ替えていた」

14着 ソルヴェイグ(三浦皇成騎手)
「折り合いは付いていたし、マイルの距離自体は大丈夫だったけど、気持ちの問題なのかも」

15着 サンライズメジャー(田中勝春騎手)
「(道中で)他馬に挟まって、残念な競馬になってしまった。馬自身にまだまだ衰えはないし、スムーズなら」

16着 ミュゼエイリアン(F.ミナリク騎手)
「馬が疲れている感じ。立て直した方が良さそう」

関連記事
2015年のダービー卿チャレンジトロフィーは後の年度代表馬・モーリスが初重賞制覇を飾っていた。
ダービー卿チャレンジトロフィー 2015 モーリス 動画・結果

勝ち馬プロフィール

ヒーズインラブ(He’s in Love)牡5/鹿毛 藤岡 健一(栗東)
父:ハービンジャー 母:シーズインクルーデッド 母父:Include
馬名の由来:彼は恋している。母名より連想

関連記事