【京都牝馬ステークス2022】結果・動画/ロータスランドが抜け出し快勝

京都牝馬ステークス2022 ロータスランド

京都牝馬ステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の京都牝馬Sの着順は1着:ロータスランド、2着:スカイグルーヴ、3着:タンタラスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の京都牝馬ステークスはロータスランドが抜け出し快勝

2022年2月19日(土) | 1回阪神3日 | 15:35 発走
第57回 京都牝馬ステークス(GIII)芝・右 1400m
Kyoto Himba Stakes (G3)

スポンサーリンク

2022年・京都牝馬ステークスの動画

関連記事
昨年の京都牝馬ステークスはイベリスが制していた。
京都牝馬ステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の京都牝馬ステークスの着順は1着:イベリス、2着:ギルデッドミラー、3着:ブランノワールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・京都牝馬ステークスの結果

スポンサーリンク

1着:ロータスランド
2着:スカイグルーヴ(1/2馬身)
3着:タンタラス(1馬身)
4着:シゲルピンクルビー(3/4馬身)
5着:サンクテュエール(2馬身)
6着:ギルデッドミラー
7着:プールヴィル
8着:ドナウデルタ
9着:コロラトゥーレ
10着:オールアットワンス
11着:アスタールビー
12着:ジュランビル
13着:アクアミラビリス
14着:メイショウケイメイ
15着:クリスティ
16着:クリノプレミアム
17着:ビップウインク
中止:ビッククインバイオ

勝ちタイム:1.19.7
優勝騎手:岩田 望来
馬場:良

関連記事
G1・ヴィクトリアマイルをにぎわす馬は?
ヴィクトリアマイルは2022年5月15日に東京競馬場で行われる春のマイル女王を決める一戦。ヴィクトリアマイルは2022年で第17回を迎え、昨年はグランアレグリアが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

京都牝馬ステークス2022 ロータスランド

1着 ロータスランド(岩田望来騎手)
「すごくホッとしています。普通のレースより(直線が)長く感じました。切れる馬じゃないので早めに動いた。思った通り馬がこたえてくれた。今回のレースはプラス18キロ。成長分だと思いましたし、もうひと段階パワーアップしている」

(辻野泰之調教師)
「雨も味方してくれましたし、何よりも望来くんが重賞初制覇。調教師の初重賞でしたし、孝行娘ですね。重め残りでしたが、女の子のG1もある。そこに向けて今の状態で結果が欲しいと思っていた。(ヴィクトリアマイルへ)間に1戦挟むかどうかは、オーナーと相談して決めます」

2着 スカイグルーヴ(C.ルメール騎手)
「すごくいい競馬をしてくれました。勝ち馬の後ろでバッチリなポジション。ちょっとずつ、いつも通り、最後まで伸びている。距離はピッタリ。重賞レベルです」

3着 タンタラス(川田将雅騎手)
「とてもいい内容で走ってくれました。最後まで全力で頑張って、いい走りをしてくれました」

4着 シゲルピンクルビー(和田竜二騎手)
「落ち着いて、上手に走ってくれましたが、流れが向かなかった。伸び負けはしていないんですが…。この条件は確実に走るので、どこかでチャンスはあると思う」

5着 サンクテュエール(藤井勘一郎騎手)
「今回初めての1400mで、集中がカギかなと思っていましたが、頑張ってくれました。藤沢先生も残り少ないですし、重賞の機会を頂いて、ありがたいです」

6着 ギルデッドミラー(福永祐一騎手)
「うまく乗れなかった。直線を含めてゴチャついて、うまく導いてあげられませんでした」

7着 プールヴィル(秋山真一郎騎手)
「4コーナーで上位に入った馬との間にあった差が詰まりませんでした」

8着 ドナウデルタ(松山弘平騎手)
「16番枠だったので、なかなか内に潜り込めずに厳しかったです」

9着 コロラトゥーレ(酒井学騎手)
「道悪が得意そうなので、ラチ沿いを行こうと思っていましたが、内にいた馬も同じような競馬を狙っていました。それでもきているので、1200メートルのハンデ戦ではまれば」

10着 オールアットワンス(藤岡康太騎手)
「スタートから進みがよくなくて、想定よりポジションが後ろになってしまった。その中で脚は使ってくれているのですが」

12着 ジュランビル(松若風馬騎手)
「いつも通り、ゲートは出てくれたんですけど…。叩いて良くなると思います」

13着 アクアミラビリス(藤岡佑介騎手)
「道中はいい感じでしたが、外枠は厳しかったです」

15着 クリスティ(武豊騎手)
「スタートでジャンプするような形になって、出遅れてしまいました」

16着 クリノプレミアム(江田照男騎手)
「4角でトモ(後肢)がガクッときて、故障したかと思いました。状態はよかったけど、そこから何もできなかった」

勝ち馬プロフィール

京都牝馬ステークス2022 ロータスランド

ロータスランド(Lotus Land)牝5/鹿毛 辻野 泰之(栗東)
父:Point of Entry 母:Little Miss Muffet 母父:Scat Daddy
馬名の由来:桃源郷

関連記事
ロータスランドは2021年の関屋記念で重賞初勝利を挙げていた
関屋記念2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の関屋記念の着順は1着:ロータスランド、2着:カラテ、3着:ソングラインとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。