【京成杯2024】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

京成杯2024 追い切り

京成杯2024追い切り・コメントの記事です。京成杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2024年1月14日(日) | 1回中山5日 | 15:45 発走
第64回 京成杯(GIII)芝・右 2000m
Keisei Hai (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2024年・京成杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
京成杯2024の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。京成杯は2024年1月14日に中山競馬場で行われる中距離G3戦。2024年で第64回を迎え、昨年はソールオリエンスが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも日経新春杯などが開催される。
日経新春杯は2024年1月14日に京都競馬場で行われる年明けのG2戦。日経新春杯は2024年で第71回を迎え、昨年はヴェルトライゼンデが優勝した。日経新春杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
愛知杯2024の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。愛知杯は2024年1月13日に小倉競馬場で行われる中距離G3戦。2024年で第61回を迎え、昨年はアートハウスが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

京成杯2024の追い切りをチェック!

京成杯2024 追い切り

京成杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
日経新春杯2024の追い切り・コメントの記事です。日経新春杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
愛知杯2024の追い切り・コメントの記事です。愛知杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アスクナイスショー

前走・最終追い切り(2歳未勝利・1着)
美浦・ウッド・稍重
5F 67.7-52.7-38.4-11.7(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 85.4-68.5-54.3-39.0-11.7(馬なり)
ゴーゴーケイコ(馬なり)の外0.2秒先行・同入

中舘調教師
「前走は良化途上であれだけ走ってくれた。大野の評価も高い。時計がかかる馬場になれば」
「右回りは合うし、競馬センスに期待」
アーバンシック

前走・最終追い切り(百日草特別・1着)
美浦・坂路・良
800m 53.1-39.8-26.5-13.0(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 82.9-66.3-51.6-37.0-11.6(馬なり)
ハーツコンチェルト(強め)の内0.4秒追走・同入

武井調教師
「最後まで余裕があったし、注文は何もない。デビュー当時と比べて、気性が物凄く成長している。身体能力も非常に高い。(中山内回り2000メートル戦の)スタンド前発走も気持ちが入るからいいと思う。ここはきっちり結果を出しておきたい」
エコロマーズ

前走・最終追い切り(サウジアラビアロイヤルカップ・5着)
栗東・坂路・稍重
800m 55.8-40.0-25.9-12.9(馬なり)

牧浦調教師
「輸送を考慮してテンションを上げすぎないように調整。動きは問題なかった。福島で勝っているが東京にも対応できると思う」
「精神面で幼いので、当日落ち着いていてくれたら」

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 56.6-42.1-26.9-13.1(馬なり)

牧浦調教師
「先週までにある程度、負荷をかけて今朝はサッと。幼いけど使いつつしっかりしてきた。コーナー4つは競馬がしやすそう」
グローリーアテイン

前走・最終追い切り(2歳新馬・1着)
美浦・ウッド・良
5F 68.3-52.6-37.5-11.7(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(戸崎)
6F 84.2-68.3-52.9-38.3-11.7(馬なり)
カランセ(馬なり)の内0.8秒追走・同入

戸崎圭騎手
「いい動きでした。一度使って行きっぷりが良くなっているのと、(手綱を)離すと走りが乱れるところがあるのでコーナー4つへの対応がカギかな」
コスモブッドレア

前走・最終追い切り(葉牡丹賞・4着)
美浦・ウッド・良
6F 88.1-71.8-56.3-41.0-12.6(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(石川裕)
6F 87.7-70.9-55.3-39.5-11.8(馬なり)
プルナチャンドラ(一杯)の外0.4秒先行・0.2秒先着

石川騎手
「先週よりも動きに張りが出ていい感じ。前回は正直3分程度のデキだったけど、今回は7、8分くらいまで上がってきた。動ける感じが出てきたし、それだけ競馬でも攻められると思う」
ジュンゴールド

前走・最終追い切り(紫菊賞・1着)
栗東・ポリ・良
6F 88.1-71.6-56.8-41.6-11.8(馬なり)

最終追い切り
栗東・ポリ・良(助手)
6F 83.7-66.9-52.3-38.4-11.7(馬なり)

友道調教師
「けいこはあまり動かないタイプ。無理をしていません。競馬に行けば走りますからね。これまでの2戦よりは良くなっている感じがします」
「2勝して暮れのG1ホープフルSにも使えたが、パスしてここに備えた。小回りは小倉で勝っているので中山も問題ないと思う」

大江助手
「硬さの出やすいタイプということを考慮してのローテーション。今回は最もいい雰囲気でレースを迎えられそうです。器用な脚が使えて、必ず最後まで頑張ってくれる真面目なタイプ。キャリアの浅い馬が多い3歳戦では強みとなりますね」

ダノンデサイル

前走・最終追い切り(京都2歳ステークス・4着)
栗東・坂路・良
800m 53.5-38.8-25.3-12.9(馬なり)

安田翔調教師
「シルエットが締まって、幼さが少し解消されている気がします。初戦から2戦目はあまり変わらなかったんですけど、今回は変わってきましたね」

最終追い切り
栗東・CW・良(横山典)
6F 85.2-69.6-54.2-38.5-11.6(強め)
カレンルシェルブル(強め)の内0.8秒追走・同入

横山典騎手
「順調にきているんじゃないかな。少しずついい意味で変わってきています」

安田翔調教師
「思った以上の脚を使えました。成長していますね。例年通りなら中山の馬場は力が要るので、それも合っていると思います」
「未勝利を勝って以降、追い切りでも走ることを理解してくれるようになった。心身ともに幼いが、いい成長をしている」

ドゥレイクパセージ

前走・最終追い切り(芙蓉ステークス・3着)
美浦・ウッド・良
5F 67.2-52.4-37.3-11.5(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 80.9-65.5-50.7-35.9-11.2(強め)

堀調教師
「まだ子供っぽいところはあるが、短期間の休養で心身ともに成長がうかがえて、夏よりは一段階良化した印象。息も良く能力を出せる仕上がり」
ニシノフィアンス

前走・最終追い切り(2歳新馬・1着)
美浦・ウッド・良
6F 81.7-65.3-51.0-36.8-11.7(強め)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 83.0-66.2-51.4-37.2-11.6(一杯)
サクセスエース(馬なり)の内1.8秒追走・同入

竹内調教師
「前の馬を1秒ほど追いかけてラスト1ハロンでしっかりやろうということだったが、時計的にもしまいの伸びは初戦より良かったですね。中2週でもしっかりやれていますし、上積みはあります。距離が1ハロン延びるのは問題ないです。とても柔らかい馬で乗り味はいいし、ポテンシャルは十分足りると思います」
ハヤテノフクノスケ

前走・最終追い切り(2歳未勝利・1着)
栗東・坂路・良
800m 57.2-41.9-26.9-13.3(馬なり)

最終追い切り
栗東・坂路・良(田中健)
800m 52.2-37.0-24.0-12.1(馬なり)
クラヴィコード(馬なり)を0.4秒追走・同入

中村調教師
「予定どおり。放牧から帰ってきて馬体に少し幅が出てきたが、もっと出てほしい。前走の勝ちっぷりから重賞挑戦を決めた。今の段階でどれだけやれるか」
「距離はいくら延びてもいいと思います。スタミナがあって切れ味で勝負するタイプではないので、中山コースも合うと思います」

山吉厩務員
「先週しっかり負荷をかけているので、今週はサラッと。馬も元気がいいね。あとは初めてのコース、長距離輸送など未経験尽くしの中でどんな雰囲気になるか。そのあたりを重視したい」

バードウォッチャー

前走・最終追い切り(2歳新馬・1着)
美浦・ウッド・良
5F 66.8-51.7-36.8-11.5(G前仕掛け)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 82.3-65.5-50.9-36.9-12.1(強め)
サトノエピック(馬なり)の内0.8秒追走・0.2秒遅れ

国枝調教師
「もともと調教で目立つ馬ではないし、この馬としては十分に動けている。初戦の頃よりもちろん動きは良くなっている。前回は実戦にいっていい走りをしたし、センスのある馬。中山コースも気にならない」
「体もちょっとずつ、いい筋肉がついてきた。中山?そう乗り難しい馬ではないし、まあルメさん(ルメール)だからうまく乗ってくれるでしょう。この血統なのでもちろん期待しています」
マイネルフランツ

前走・最終追い切り(葉牡丹賞・2着)
美浦・ウッド・良
6F 87.3-70.4-54.7-38.9-11.5(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 87.3-70.6-55.2-40.1-12.5(馬なり)

和田正調教師
「1週前にしっかり負荷をかけ(同69秒0-11秒5)、今週は力みすぎないように折り合いながら負荷をかけるテーマでした。抑えが利かないわけではなく、しまいも馬のリズムで走れていて、感じは良かったです。ジョッキー(津村騎手)も先週こういう馬だとイメージをつかめたようなので」
レイデラルース

前走・最終追い切り(葉牡丹賞・3着)
美浦・ウッド・良
6F 84.6-68.6-54.0-39.2-11.9(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(石橋脩)
6F 84.1-67.7-51.5-37.2-12.0(馬なり)

手塚調教師
「引っ掛かっていたね。競馬に行ったら収まりがつくので、そこに期待したい。舞台は合っているし、能力はここでもやれていい」
「感触を確かめてもらうためにジョッキー(石橋)に乗ってもらった。一戦一戦、競馬を覚えて着実にステップアップしている」

平塚助手
「レース内容は良化。前走の前あたりから馬体があか抜けてきた」

ロジルーラー

前走・最終追い切り(葉牡丹賞・5着)
美浦・ウッド・良
6F 84.7-68.4-53.3-38.4-11.7(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(調教師)
6F 84.4-68.1-53.3-38.4-11.7(G前仕掛け)

稲垣調教師
「前走(葉牡丹賞5着)後は在厩で調整。気持ちが入って体も締まってきた。厩舎としても期待している馬なのでこの相手でも」
ロードヴェスパー

前走・最終追い切り(2歳未勝利・1着)
美浦・坂路・稍重
800m 54.6-40.0-25.8-13.1(強め)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(横山和)
6F 85.5-68.5-53.3-38.4-12.1(直一杯)
メイショウウミカゼ(馬なり)の内0.4秒追走・0.3秒先着

横山和騎手
「調教は真面目じゃないけど、競馬では悪さはしない感じ。暖かくなればもっと良くなりそう」

田中助手
「前走は恵まれたところはあったが順当勝ちだった。放牧でひと息入れていい感じ。馬体を含めて良くなるのはもう少し先だが強敵相手に走ったことが今後の糧になれば」

2024年・京成杯の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2024年 京成杯|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2024年・京成杯の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は日経新春杯でカレンルシェルブルに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/20・7/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
アメリカジョッキークラブカップは2024年1月21日に中山競馬場で行われる冬の中距離G2戦。AJCCは2024年で第65回を迎え、昨年はノースブリッジが優勝した。AJCCの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
東海ステークスは2024年1月21日に京都競馬場で行われる年始初のダート重賞。東海Sは2024年で第41回を迎え、昨年はプロミストウォリアが優勝した。東海ステークスの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。