【JBCクラシック2020】結果・動画/クリソベリルが抜け出し圧勝

JBCクラシック2020 クリソベリル

JBCクラシック2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のJBCクラシックの着順は1着:クリソベリル、2着:オメガパフューム、3着:チュウワウィザードとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のJBCクラシックはクリソベリルが抜け出し圧勝

2020年11月3日(火) | 大井 | 18:30 発走
第20回 JBCクラシック(JpnI)ダート・右 2000m
JBC Classic (Jpn1)

スポンサーリンク

2020年・JBCクラシックの動画

関連記事

昨年のJBCクラシックはチュウワウィザードが制していた。

JBCクラシック2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のJBCクラシックの着順は1着:チュウワウィザード、2着:オメガパフューム、3着:センチュリオンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・JBCクラシックの結果

スポンサーリンク

1着:クリソベリル
2着:オメガパフューム(2-1/2馬身)
3着:チュウワウィザード(2馬身)
4着:ミューチャリー(3馬身)
5着:ダノンファラオ(クビ)
6着:デルマルーヴル
7着:ロードレガリス
8着:サクラアリュール
9着:サウンドトゥルー
10着:ノンコノユメ
11着:センチュリオン
12着:サブノクロヒョウ
13着:マースインディ
14着:アングライフェン
15着:ブラックバゴ

勝ちタイム:2.02.5
優勝騎手:川田 将雅
馬場:稍重

レース後のコメント

JBCクラシック2020 クリソベリル

1着 クリソベリル(川田将雅騎手)
「無事に、この馬らしい競馬をしてくれました。ゲートも上手に出てくれましたし、我慢しながらも、いいリズムで走ってくれていました。安心して乗っていました。まだ日本で負けていないですし、(これから)もっと出来上がって、どういう競馬ができるのか楽しみにしています」

(音無秀孝調教師)
「負けなかったので嬉しいです。馬は慣れているのでいつもと変わりなかったです。順調に追い切りを消化して良い状態でしたし、(結果も)そういうふうになるだろうと思っていました。スタートが決まったのが良かったです。前に2頭が行って、それらを見ながら、いつもより前で競馬していました。我慢して、最後に脚を残していました。ハンデ戦ではなく斤量は他と同じですから、GI馬らしい走りをしてくれました。オーナーとはまだ話し合いができていませんが、目標はチャンピオンズカップで、そこで一息入れて、年内はここまでになると思います。来年はサウジカップに行くかどうかですが、まだまだ成長途上の馬ですし、海外でサウジカップのリベンジをしたいです」

2着 オメガパフューム(M.デムーロ騎手)
「残念でした。(勝ち馬は)化け物ですね。どうしても負ける。スタートは良くなっているし、直線は手前を替えて伸びてくれました」

3着 チュウワウィザード(C.ルメール騎手)
「ずっといい感じだった。3~4角でペースアップしたが、そこまでだった。1、2着馬が強すぎた」

4着 ミューチャリー(御神本訓史騎手)
「前走はこの馬のペースで行けなかったので、今回は切れを生かすつもりで乗った。このメンバーで4着だし、距離の融通性はある」

7着 ロードレガリス(武豊騎手)
「スタートが遅かったです。道中も進んで行きません。時々こういうことがあります。悪いパターンでしたね」

9着 サウンドトゥルー(森泰斗騎手)
「馬は結構頑張っていると思います。雨が降って前残りの馬場でした。また体調を立て直して頑張りたいですね」

勝ち馬プロフィール

JBCクラシック2020 クリソベリル

クリソベリル(Chrysoberyl)牡4/鹿毛 音無 秀孝(栗東)
父:ゴールドアリュール 母:クリソプレーズ 母父:エルコンドルパサー
馬名の由来:金緑石。母名、兄姉名より連想

関連記事
クリソベリルは今年の帝王賞を制すなど国内戦では負けなし。
帝王賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の帝王賞の着順は1着:クリソベリル、2着:オメガパフューム、3着:チュウワウィザードとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。