【函館スプリントステークス2019】追い切り/抜群の動きを見せたのは

函館スプリントステークス2019 追い切り

函館スプリントステークス2019の追い切り・コメントの記事です。函館スプリントSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは
緊急

今週(6月15日・16日)の中央競馬(東京、阪神、函館競馬)の出走予定馬の中に、禁止薬物を含んだ飼料添加物を摂取した可能性のある馬が判明したため、それら全ての馬を競走除外としました。

函館スプリントステークスの出走馬から6頭、ユニコーンステークスから2頭が競走除外となっています。ご注意ください。

競走除外馬
函館スプリントステークス

シュウジ
ライトオンキュー
リナーテ
ダノンスマッシュ
トウショウピスト
タマモブリリアン

ユニコーンステークス

サトノギャロス
ロードグラディオ

禁止薬物・テオブロミンが飼料から検出された事案についての記事です。テオブロミンには「疲労回復」などの効果があり使用を禁止されている。この影響で6月15日・16日に出走予定だった156頭が競走除外・出走取消となった。レースは予定通りに開催予定。

2019年6月16日(日) | 1回函館2日 | 15:25 発走
第26回 函館スプリントステークス(GIII)芝・右 1200m
Hakodate Sprint Stakes (G3)

出走予定馬・騎手

2019年・函館スプリントステークスの出走予定馬・騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

函館スプリントステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の函館SSの出走予定馬にはダノンスマッシュやタワーオブロンドンなどが名を連ねています。函館開催を告げる名物重賞。今年も楽しみなメンバーが揃った。
関連記事
今週は他にもユニコーンステークスが開催される。

ユニコーンステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のユニコーンSの出走予定馬にはデアフルーグやノーヴァレンダなどが名を連ねています。ここをステップに活躍した馬は数知れず。出世レースを制すのは。

函館スプリントステークス2019の追い切りをチェック!

函館スプリントステークス2019 追い切り

函館スプリントステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。

ユニコーンステークス2019の追い切り・コメントの記事です。ユニコーンSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アスターペガサス

最終追い切り
函館・ウッド・良
5F 67.9-52.6-39.1-13.2(強め)

中竹調教師「しっかり動けていたし、言うことはない。1200メートルの方が流れに乗れるし、無駄な力みもない。(2歳時より)スタートも決まるようになった」

白倉助手「動きは良かった。函館が合うのか、カイ食いも安定している。以前と違ってスタートが上手になっているし、52キロなら付け入る隙は十分」

カイザーメランジェ

最終追い切り
函館・ウッド・良
5F 65.1-51.2-38.4-13.4(強め)
内・サンアップルトン(強め)と5F併せで併入

粕谷助手「函館入厩後も順調。乗り難しいタイプだが、鞍上(江田照)は癖を知っているからね。一瞬の脚をうまく引き出せれば」
サフランハート

最終追い切り
函館・ウッド・良
5F 68.8-54.0-39.0-13.3(馬也)

対馬助手「勝浦騎手に任せ上手に乗ってくれた。状態も上がっている。」
シュウジ

最終追い切り
函館・ウッド・良
3F 43.0-13.7(馬也)

須貝調教師「前走はいい叩き台になったはず。洋芝にも実績がある」
タマモブリリアン

最終追い切り
函館・ダート・良
62.8-49.0-36.5-12.8(馬也)

南井調教師「菱田が“ゲートからやってみたい”と言うのでダートで。掛かる馬だが動きは問題なかった。得意な洋芝で期待。」
タワーオブロンドン

最終追い切り
函館・芝・良
5F 69.0-52.4-39.0-12.2(馬也)

藤沢和調教師「前走からそれほど間隔がないので単走。動きはよかったし前走以上の雰囲気。以前から千二を使ってみたいと思っていたので楽しみ」
ダイメイフジ

最終追い切り
函館・ウッド・良
5F 71.8-56.1-41.6-13.0(馬也)
外・ビービーゲイル(馬也)を5Fで0.4秒追走・1F併せで0.2秒先着

松岡騎手「元気がいいし、硬さもない。自分が乗るのは3度目ですが、今回が一番いい。反応もすごく良かった」
ダノンスマッシュ

最終追い切り
函館・芝・良
5F 64.2-49.2-36.3-11.4(馬也)

岩本助手「これでどこまで良くなってくるか、ですね。秋へ向けていい競馬をしてほしい」
トウショウピスト

最終追い切り
函館・ウッド・良
5F 66.2-51.2-37.5-13.0(馬也)

横山和騎手「ブリンカーを着けて追い切った。先週まではおっとりしていたのがピリッとした。」
ペイシャフェリシタ

最終追い切り
函館・ウッド・良
5F 67.2-51.6-37.8-12.6(G強)

岩田康騎手「素直で乗りやすい。はまれば切れる印象を受けた。」
ユキノアイオロス

最終追い切り
美浦・南W・稍重
4F 53.6-39.7-12.8(馬也)

石毛調教師「先週しっかりやったので今週はサラッと。洋芝適性もある。13日に美浦を出発して函館へ」
ライトオンキュー

最終追い切り
函館・ウッド・良
5F 63.6-49.6-37.4-12.3(強め)

昆調教師「1600万を勝って、ここを目標にしてきた。しっかり負荷もかかって、好時計が出ている」

昆助手「3歳時に休養させて芯が入り、ここにきて馬が充実してきた。好枠を引いてロスのない立ち回りができれば」

リナーテ

最終追い切り
函館・芝・良
5F 66.8-50.8-36.5-11.6(馬也)

野本厩務員「体がふっくらしていい雰囲気。しまいの脚を確実に使えるようになっているけど、開幕週、1200メートルだけに流れも向いてほしい」
関連記事

武豊騎手は今週フランスで騎乗!

武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/22・6/23)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。

今後も楽しみなレースが続く!

宝塚記念は2019年6月23日に阪神競馬場で行われる春のグランプリホースを決める一戦。宝塚記念は2019年で第60回を迎える。昨年はミッキーロケットが制した。出走予定馬・賞金・日程などをチェックしてみよう。
帝王賞は2019年6月26日に大井競馬場で行われる春の中距離ダート王を決める一戦。帝王賞は2019年で第42回を迎え、豪華メンバーが予想される。昨年はゴールドドリームが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。