【ダイヤモンドステークス2023】追い切り/動きを見極め勝利に近づけ

ダイヤモンドステークス2023 追い切り

ダイヤモンドステークス2023の追い切り・コメントの記事です。ダイヤモンドSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2023年2月18日(土) | 1回東京7日 | 15:45 発走
第73回 ダイヤモンドステークス(GIII)芝・左 3400m
Diamond Stakes (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・ダイヤモンドステークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
ダイヤモンドステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。ダイヤモンドSは2023年2月18日に東京競馬場で行われる長距離G3戦。2023年で第73回を迎え、昨年はテーオーロイヤルが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にもフェブラリーステークスなどが開催される。
フェブラリーステークスは2024年2月18日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2024年で第41回を迎え、昨年はレモンポップが制した。フェブラリーSの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
京都牝馬ステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。京都牝馬Sは2023年2月18日に阪神競馬場で行われる短距離G3戦。2023年で第58回を迎え、昨年はロータスランドが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

ダイヤモンドステークス2023の追い切りをチェック!

ダイヤモンドステークス2023 追い切り

ダイヤモンドステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
フェブラリーステークス2023の追い切り・コメントの記事です。フェブラリーSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アスクワイルドモア

最終追い切り
栗東・CW・不良(鷲頭)
6F 83.6-67.2-52.0-37.3-11.7(馬なり)
ヴィアルークス(馬なり)の内0.7秒追走・同入

藤原調教師
「状態は悪くない。菊花賞で3000メートルを経験しているし、距離適性があると信じて」
ウインキートス

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 54.3-39.5-25.1-12.4(馬なり)

宗像調教師
「Wコースに入らなかったですね…(Wコースに向かうが馬が拒否したため坂路で追い切った)。ただ先週もやっているし、体は十分できている。ラストランなのでまず無事に」
ヴェローチェオロ

最終追い切り
栗東・CW・不良(酒井学)
6F 85.3-68.5-53.0-37.8-11.7(馬なり)
ファストバック(一杯)の内0.3秒先行・クビ先着

須貝調教師
「脚元の不安で(復帰が)延びたけど、しっかり乗り込んできた。いきなり2000メートルぐらいに使うより、ゆったり流れる距離を選択した」
カウディーリョ

最終追い切り
美浦・南W・良(石橋脩)
4F 52.0-37.8-11.8(馬なり)
ジェイパームス(馬なり)の内0.3秒追走・同入

堀調教師
「健康状態、脚元も良くて順調に仕上がった。長距離戦と気持ちの高ぶりを考えて、今回は矯正馬具を着用しないで臨む」
キスラー

最終追い切り
栗東・CW・不良(助手)
4F 51.6-37.5-11.8(馬なり)

池江調教師
「ダメージなく来ていて、状態はいいですね」
「右回りでは競馬にならない。芝でも勝っているし、距離が長いのはいい」
シルブロン

最終追い切り
美浦・南W・良(調教師)
6F 81.8-66.4-51.9-37.7-12.2(強め)

稲垣調教師
「そんなに調教駆けする馬ではないので時計的にはこんなもの。仕掛けてからの反応、ゴールまでハミを取り切れているところは、いい状態のサインです。あとはレースにいって幼さを出さなければ。ジョッキーはみんな『距離が延びるほどいい』と言っていますし、期待の方が大きいです」
スタッドリー

最終追い切り
栗東・E・不良(助手)
5F 65.9-52.6-39.2-12.6(馬なり)
モンテコルノ(馬なり)の外を0.4秒先行・3F付同入

奥村豊調教師
「馬なりでやりました。特に不安もなくここまできています」
「前走(AJC杯6着)は展開が向かなかった。距離はやってみないと分からないが、うまくこなせればと思う」
タイセイモナーク

最終追い切り
栗東・CW・不良(助手)
6F 83.3-68.3-53.5-38.4-11.7(一杯)
プッシュオン(馬なり)の外0.9秒先行・0.1秒遅れ

寺崎助手
「調教は動かない馬。今朝はこの馬としては動けている方だと思う。東京は成績は出ていないけど、着順ほど負けてない。ゆったり走れる東京はむしろいいと思う」
トラストケンシン

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 57.5-39.8-25.5-12.5(馬なり)
アルマロクザン(馬なり)に0.8秒先行・同入

高橋文調教師
「前走後の疲れは取れていい状態。得意の左回りで改めて期待したい」
トーセンカンビーナ

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 53.3-39.0-25.7-12.7(強め)
ロマンスオーサー(馬なり)を0.3秒追走・同入

加藤征調教師
「脚元の不安はない。坂路調整だけで息がどうかだが、引っ掛かる馬ではない」
ヒュミドール

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
5F 70.1-55.0-39.7-11.8(馬なり)

小手川調教師
「先週までに馬はできているし、今週の動きも良かった。ナイーブな馬だが、折り合いに不安はないし、スムーズにかみ合えば重賞でも」
ベスビアナイト

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 85.2-69.2-54.9-39.7-12.1(馬なり)
サトノロワ(馬なり)の外1.2秒先行・同入

国枝調教師
「ブリンカーを着けるが、先週の追い切りでも反応はいまひとつで…」
マリノアズラ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 88.0-71.1-55.4-39.8-12.4(馬なり)

小手川調教師
「力もつけており通用していい。ここ目標に納得いく仕上がり」
「動きはいい感じ。コーナリングが上手なので、6度回る舞台は合うはず」
ミクソロジー

最終追い切り
栗東・坂路・不良(助手)
800m 55.3-39.9-26.2-12.8(馬なり)

辻野調教師
「疲れを残さないようサッとやりましたが、活気がありますね。3000メートルをレコード勝ちした反動もなさそうです。体のバランスが良くなり、操縦性が良くなった。ここでもいい競馬ができれば」
メイショウテンゲン

最終追い切り
栗東・CW・不良(助手)
6F 85.0-69.3-54.4-38.7-11.8(強め)
リリーブースター(一杯)の内0.4秒追走・同入

池添兼調教師
「先週しっかりやって、今週は半マイルから併せ馬。順調」
レクセランス

最終追い切り
栗東・坂路・不良(助手)
800m 57.7-41.7-27.2-13.4(馬なり)

池添学調教師
「日曜に(左回りの)CWコースでビッシリやりました。乗りやすくなって左回りの走りも良くなった。今回はラチを頼って競馬させたい」

2023年・ダイヤモンドステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 ダイヤモンドステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・ダイヤモンドステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は京都牝馬ステークスでウォーターナビレラに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/25・5/26)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
中山記念は2024年2月25日に中山競馬場で行われる各方面からメンバーが集うG2戦。中山記念は2024年で第98回を迎え、昨年はヒシイグアスが勝利した。中山記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
阪急杯は2024年2月25日に阪神競馬場で行われる短距離重賞。阪急杯は2024年で第68回を迎え、昨年はアグリが優勝した。阪急杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。