【京都牝馬ステークス2023】出走馬・予想オッズ・騎手/阪神コースがカギを握る

京都牝馬ステークス2022 ロータスランド

京都牝馬ステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。京都牝馬Sは2023年2月18日に阪神競馬場で行われる短距離G3戦。2023年で第58回を迎え、昨年はロータスランドが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

阪神コースがカギを握る

2023年2月18日(土) | 1回阪神3日 | 15:35 発走
第58回 京都牝馬ステークス(GIII)芝・右 1400m
Kyoto Himba Stakes (G3)

2023年・京都牝馬ステークスの出走予定馬たち

2023年・京都牝馬ステークスの追い切り・コメントをチェック!
京都牝馬ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。京都牝馬Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(2月16日)

ファンタジーステークス2021 ウォーターナビレラ

2023年の京都牝馬ステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • ウインシャーロット(石川裕紀人)
  • ウォーターナビレラ(武豊
  • コムストックロード(国分優作)
  • サトノアイ(吉田隼人)
  • サブライムアンセム(岩田望来)
  • シゲルピンクルビー(高倉稜)
  • スカイグルーヴ(B.ムルザバエフ)
  • ディヴィーナ(坂井瑠星)
  • テンハッピーローズ(福永祐一)
  • ヒメノカリス(松山弘平)
  • フェルミスフィア(杉原誠人)
  • ボンボヤージ(川須栄彦)
  • ミスニューヨーク(M.デムーロ)
  • メイショウミモザ(池添謙一)
  • ララクリスティーヌ(菅原明良)
  • ルチェカリーナ(和田竜二)
  • ルピナスリード(川田将雅
  • ロータスランド(岩田康誠)
除外馬・回避馬
  • テイエムスパーダ
  • スティクス
  • ラルナブリラーレ
関連記事
武豊騎手はウォーターナビレラに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(4/20・4/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
フェブラリーステークスは2024年2月18日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2024年で第41回を迎え、昨年はレモンポップが制した。フェブラリーSの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
ダイヤモンドステークス2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。ダイヤモンドSは2023年2月18日に東京競馬場で行われる長距離G3戦。2023年で第73回を迎え、昨年はテーオーロイヤルが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

関屋記念2021 ロータスランド

阪神競馬場で行われるG3「京都牝馬ステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

ロータスランド(Lotus Land)

ロータスランド・6歳牝馬
父:Point of Entry
母:Little Miss Muffet
母父:Scat Daddy
主な勝鞍:2022年・京都牝馬ステークス
馬名の由来:桃源郷

昨年は2番手から抜け出し2つ目の重賞タイトルを獲得した。
その後高松宮記念2着などビッグレースで活躍している。
1989年、1990年を制したリキアイノーザン以来の連覇なるか。

ウォーターナビレラ(Water Navillera)

ウォーターナビレラ・4歳牝馬
父:シルバーステート
母:シャイニングサヤカ
母父:キングヘイロー
主な勝鞍:2021年・ファンタジーステークス
馬名の由来:冠名+蝶々のように羽ばたく(ハングル)

昨年の桜花賞2着など昨年のクラシックをにぎわしたウォーターナビレラ。
桜花賞以降は距離に苦しんだだけに、距離短縮は彼女にとってプラス。
重賞を制した思い出の舞台で久々の勝利を。

ヒメノカリス(Hymenocallis)

ヒメノカリス・6歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ドバイマジェスティ
母父:Essence of Dubai
主な勝鞍:2023年・新春ステークス
馬名の由来:ドバイのブルジュ・ハリファのデザインの基になった砂漠の花

新春ステークスを上がり最速タイムで差し切り6歳にして条件クラスを突破した遅咲き。
ここがラストランとなる予定なだけに勝って花道を飾りたい。

ミスニューヨーク(Miss New York)

ミスニューヨーク・6歳牝馬
父:キングズベスト
母:マンハッタンミート
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2022年・ターコイズステークス
馬名の由来:女性+ニューヨーク。母名より連想

ターコイズステークスを連覇しているミスニューヨークも参戦を表明。
近走は大きく崩れずどんな条件でも安定して走っている。
新馬戦以来となる1400m戦に対応できれば上位に顔を出してくるはずだ。

他にも京都牝馬ステークスには去年の2着馬スカイグルーヴや相性のいい福永騎手とコンビを組むテンハッピーローズ、スワンステークス2着のララクリスティーヌなども出走を予定しています。

京都牝馬ステークスは2023年2月18日(土)の15時35分発走予定です。

京都牝馬ステークス2023の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2023年・京都牝馬ステークスの予想オッズはこのように予想しています。
桜花賞2着や阪神ジュベナイルフィリーズ3着など、G1の舞台でも活躍が目立つウォーターナビレラが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ウォーターナビレラ(2.5)
  2. ウインシャーロット(3.5)
  3. ロータスランド(5.0)
  4. ララクリスティーヌ(7.0)
  5. ミスニューヨーク(7.5)
  6. スカイグルーヴ(12.0)
  7. サブライムアンセム(18.5)
  8. ルピナスリード(25.0)
  9. テンハッピーローズ(35.0)
  10. ヒメノカリス(43.0)
  11. シゲルピンクルビー(☆)
  12. ディヴィーナ(☆)
  13. ルチェカリーナ(☆)
  14. メイショウミモザ(☆)
  15. ボンボヤージ(☆)
  16. フェルミスフィア(☆)
  17. サトノアイ(☆)
  18. コムストックロード(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

京都牝馬ステークス2023の日程・賞金

京都牝馬ステークス

京都牝馬ステークス2021 イベリス

日程・発走予定時刻
2023年2月18日(土)15時35分発走予定

場所・距離
阪神競馬場・芝・1400m


G3

1着賞金
3,800万円

京都牝馬ステークス・プレイバック

京都牝馬ステークス2022 ロータスランド

2022年・京都牝馬ステークス(GIII)

1着:ロータスランド
2着:スカイグルーヴ(1/2馬身)
3着:タンタラス(1馬身)
4着:シゲルピンクルビー(3/4馬身)
5着:サンクテュエール(2馬身)

勝ちタイム:1.19.7
優勝騎手:岩田 望来
馬場:良

動画・全着順をチェック!
京都牝馬ステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の京都牝馬Sの着順は1着:ロータスランド、2着:スカイグルーヴ、3着:タンタラスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

京都牝馬ステークス2022 ロータスランド

レース後のコメント
1着 ロータスランド(岩田望来騎手)
「すごくホッとしています。普通のレースより(直線が)長く感じました。切れる馬じゃないので早めに動いた。思った通り馬がこたえてくれた。今回のレースはプラス18キロ。成長分だと思いましたし、もうひと段階パワーアップしている」

関連記事
今後も注目のレースが続く!
中山記念は2024年2月25日に中山競馬場で行われる各方面からメンバーが集うG2戦。中山記念は2024年で第98回を迎え、昨年はヒシイグアスが勝利した。中山記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
阪急杯は2024年2月25日に阪神競馬場で行われる短距離重賞。阪急杯は2024年で第68回を迎え、昨年はアグリが優勝した。阪急杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。