【ターコイズステークス2020】出走予定馬・予想オッズ/天の神が宿る石

ターコイズステークス2019 コントラチェック

ターコイズステークス2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年のターコイズステークスの出走予定馬にはトロワゼトワルやスマイルカナなどが名を連ねています。ターコイズは「天の神が宿る石」として勇気と幸福をもたらしてくれる天然石。どの馬に幸運が訪れるのか?

天の神が宿る石

2020年12月19日(土) | 5回中山5日 | 15:25 発走
第6回 ターコイズステークス(GIII)芝・右 1600m
Turquoise Stakes (G3)

スポンサーリンク

2020年・ターコイズステークスの出走予定馬たち

ターコイズステークスの枠順決定!(12月18日)

ターコイズステークス2020 枠順

2020年・ターコイズステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではスマイルカナが4枠8番、トロワゼトワルは8枠16番、シーズンズギフトは7枠13番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

出走予定馬(12月14日)

京成杯オータムハンデ2020 トロワゼトワル

2020年のターコイズステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

賞金上位馬
  • アロハリリー(酒井学)
  • アンドラステ(岩田望来)
  • インターミッション(石川裕紀人)
  • クリスティ(松若風馬)
  • サンクテュエール(北村宏司)
  • シャインガーネット(田辺裕信)
  • シーズンズギフト(津村明秀)
  • スマイルカナ(柴田大知)
  • ドナウデルタ(C.ルメール
  • トロワゼトワル(斎藤新)
  • ビッククインバイオ(戸崎圭太)
  • フェアリーポルカ(和田竜二)
  • マルターズディオサ(未定)
  • ランブリングアレー(吉田隼人)
抽選対象馬(4頭中2頭が出走可能)
  • サトノダムゼル(M.デムーロ)
  • スイープセレリタス(丸山元気)
  • モルフェオルフェ(江田照男)
  • レッドレグナント(武藤雅)
除外対象馬
  • テーオービクトリー(未定)
  • ホウオウピースフル(大野拓弥)
  • イベリス(未定)
  • パッシングスルー(横山武史)
  • レイホーロマンス(未定)
関連記事
武豊騎手は朝日杯フューチュリティステークスでドゥラモンドに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(1/23・1/24)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
朝日杯フューチュリティステークスは2020年12月20日に阪神競馬場で行われる二歳マイル王者を決める一戦。朝日杯フューチュリティステークスは2020年で第72回を迎え、昨年はサリオスが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

出走予定馬・ピックアップ

フェアリーステークス2020 スマイルカナ

中山競馬場で行われるG3「ターコイズステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

トロワゼトワル(Trois Etoiles)

トロワゼトワル・5歳牝馬
21戦6勝 [6-5-0-10]
父:ロードカナロア
母:セコンドピアット
母父:ハーツクライ
馬名の由来:三ツ星(仏)
前走:府中牝馬ステークス・4着(4番人気)
(鞍上予定:斎藤新)

三ツ星クラスのスピード「トロワゼトワル」

中山マイルコースは京成杯オータムハンデを連覇したかと思えば、昨年のターコイズステークスでは展開が向かず16着と大敗するなど極端な結果。
暖かい時期が良いタイプなだけに苦戦の可能性も。

ピックアップレース
京成杯オータムハンデ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の京成杯オータムハンデの着順は1着:トロワゼトワル、2着:スマイルカナ、3着:ボンセルヴィーソとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
スマイルカナ(Smile Kana)

スマイルカナ・3歳牝馬
11戦4勝 [4-2-1-4]
父:ディープインパクト
母:エーシンクールディ
母父:Distorted Humor
馬名の由来:笑顔+人名
前走:オーロカップ・2着(1番人気)
(鞍上予定:柴田大知)

今回の結果はスマイルかな?「スマイルカナ」

中山マイルコースは3戦して2勝、2着1回と相性バッチリ。
しぶとさを生かせる展開になれば。

ピックアップレース
フェアリーステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のフェアリーステークスの着順は1着:スマイルカナ、2着:チェーンオブラブ、3着:ポレンティアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
シーズンズギフト(Season’s Gift)

シーズンズギフト・3歳牝馬
6戦2勝 [2-1-2-1]
父:エピファネイア
母:シーズンズベスト
母父:ゼンノロブロイ
馬名の由来:季節の贈り物。母名より連想
前走:富士ステークス・12着(7番人気)
(鞍上予定:津村明秀)

仕切り直し「シーズンズギフト」

前走の富士ステークスでは道中で制御が利かなくなり暴走気味の逃げで12着に沈んだ。
実績ある中山で仕切り直しと行きたいところ。

ピックアップレース
富士ステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の富士ステークスの着順は1着:ヴァンドギャルド、2着:ラウダシオン、3着:ケイアイノーテックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ドナウデルタ(Donau Delta)

ドナウデルタ・4歳牝馬
12戦5勝 [5-1-1-5]
父:ロードカナロア
母:ドナウブルー
母父:ディープインパクト
馬名の由来:ドナウ川河口の三角州
前走:ポートアイランドステークス・1着(4番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

良血、目覚める「ドナウデルタ」

母のドナウブルーはG3を2勝しており、伯母にジャパンカップなどを制したジェンティルドンナがいる良血馬。
前走のような競馬ができれば重賞でも。

他にもターコイズステークスにはシンザン記念勝ち馬のサンクテュエールや今年重賞2勝のフェアリーポルカ、前走カシオペアステークスを制したランブリングアレーなども出走を予定しています。

ターコイズステークスは2020年12月19日(土)の15時25分発走予定です。

ターコイズステークス2020の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2020年・ターコイズステークスの予想オッズはこのように予想しています。
桜花賞3着の実績が光るスマイルカナが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. スマイルカナ(2.5)
  2. トロワゼトワル(5.0)
  3. シーズンズギフト(7.5)
  4. フェアリーポルカ(8.0)
  5. ドナウデルタ(10.5)
  6. アンドラステ(13.0)
  7. ランブリングアレー(22.0)
  8. インターミッション(23.5)
  9. クリスティ(26.0)
  10. シャインガーネット(30.0)
  11. サンクテュエール(35.0)
  12. ビッククインバイオ(☆)
  13. スイープセレリタス(☆)
  14. アロハリリー(☆)
  15. モルフェオルフェ(☆)
  16. レッドレグナント(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

ターコイズステークス2020の日程・賞金

ターコイズステークス

ターコイズステークス2018 ミスパンテール

日程・発走予定時刻
2020年12月19日(土)15時25分発走予定

場所・距離
中山競馬場・芝・1600m


G3

1着賞金
3,600万円

ターコイズステークス・プレイバック

ターコイズステークス2019 コントラチェック

2019年・ターコイズステークス(GIII)

1着:コントラチェック
2着:エスポワール(1-3/4馬身)
3着:シゲルピンクダイヤ(2馬身)
4着:フィリアプーラ(ハナ)
5着:メイショウグロッケ(アタマ)

勝ちタイム:1.32.2
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

動画・全着順をチェック!
ターコイズステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のターコイズステークスの着順は1着:コントラチェック、2着:エスポワール、3着:シゲルピンクダイヤとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
レース後のコメント
1着 コントラチェック(C.ルメール騎手)
「パドックからいい感じで、返し馬もリラックスしていたので、自信はあった。マイペースで逃げることができて、いいところで息も入れられたので、最後にもう一度伸びた。やはり、マイルがいい馬。今日は、能力を発揮してくれた」
関連記事
今後も注目のレースが続く!
ホープフルステークスは2020年12月26日に中山競馬場で行われる二歳の中距離G1戦。ホープフルステークスは2020年で37回目を迎え、昨年はコントレイルが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
有馬記念は2020年12月27日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2020年で第65回を迎え、昨年はリスグラシューが制した。有馬記念の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。