【ベルモントステークス2019】結果・動画/サーウィンストンが優勝・マスターフェンサーは5着

ベルモントステークス2019 サーウィンストン

ベルモントステークス2019の結果・動画です。アメリカで行われたベルモントSの着順は1着:Sir Winston(サーウィンストン)、2着:Tacitus、3着:Joevia、日本から参戦したマスターフェンサーは5着でした。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年のベルモントステークスはサーウィンストンが優勝・マスターフェンサーは5着

ベルモントステークス(Belmont Stakes)
2019年6月9日、アメリカ・ベルモントパーク競馬場
ダート2400m、G1、10頭

スポンサーリンク

2019年・ベルモントステークスの動画

関連記事
昨年のベルモントステークスはジャスティファイが優勝していた。

ベルモントステークス 2018の動画・結果です。アメリカで行われたベルモントステークスの結果は1着:Justify(ジャスティファイ)、2着:Gronkowski、3着:Hofburg。ジャスティファイが勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・ベルモントステークスの結果

1着:Sir Winston・サーウィンストン
2着:Tacitus(1馬身)
3着:Joevia(3/4馬身)
4着:Tax(1馬身)
5着:Master Fencer・マスターフェンサー(アタマ)
6着:Spinoff
7着:Everfast
8着:Intrepid Heart
9着:War Of Will
10着:Bourbon War

勝ちタイム:2.28.3
勝利騎手:Joel Rosario
馬場:Fast

関連記事
今年のケンタッキーダービーはカントリーハウス、プリークネスステークスはウォーオブウィルが制している。ケンタッキーダービーではマスターフェンサーが6着に入っている。

ケンタッキーダービー2019の結果・動画です。アメリカで行われたケンタッキーダービーの着順は1着:Country House(カントリーハウス)、2着:Code Of Honor、3着:Tacitusとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。
プリークネスステークス2019の結果・動画です。アメリカで行われたプリークネスSの着順は1着:War Of Will(ウォーオブウィル)、2着:Everfast、3着:Owendaleとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント

5着 マスターフェンサー(角田晃一調教師)
「スタートが決まって、道中の感じもすごくよかったけど、ペースが落ち着いてしまった。3角から押していったが、スローのぶん馬群がばらけないし、内も開かなくて。出来はすごくよかったし、最後はよく伸びてきたんですけどね。この後は馬の様子を見て、オーナーと話して決めたいと思います」

(J.ルパルー騎手)
「馬は非常に良い状態で、良いレースをしたと思います。スローペースだったこともあり、3コーナーで馬を押していこうとしたのですが、ペースが上がった際に少し置かれてしまいました。最後の直線では非常に良い脚を使ってくれました」

勝ち馬プロフィール

ベルモントステークス2019 サーウィンストン

勝ち馬:サーウィンストン(Sir Winston)
父:Awesome Again 母:La Gran Bailadora 母父:Afleet Alex

関連記事

ベルモントステークスに参戦した日本調教馬はラニに次いで二頭目。

「ベルモントステークス 2016」の動画・結果です。アメリカで行われたベルモントステークスの結果は1着:Creator(クリエイター)、2着:Destin、3着:Lani(ラニ)。「クリエイター」が勝利した2016年のベルモントステークスの詳しい結果、動画をご覧ください。