【ベルモントダービー招待2019】結果・動画/ヘンリーズジョイが優勝・マスターフェンサーは大敗

ベルモントダービー招待2019 ヘンリーズジョイ

ベルモントダービー招待2019の結果・動画です。アメリカで行われたベルモントダービー招待の着順は1着:Henley’s Joy(ヘンリーズジョイ)、2着:Social Paranoia、3着:Rockemperor、日本から参戦したマスターフェンサーは着外でした。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年のベルモントダービー招待はヘンリーズジョイが優勝・マスターフェンサーは大敗

ベルモントダービー招待(Belmont Derby Invitational Stakes)
2019年7月6日、アメリカ・ベルモントパーク競馬場
芝2000m、G1、14頭

2019年・ベルモントダービー招待の動画

関連記事
昨年のベルモントダービー招待はカトリックボーイが優勝していた。

ベルモントダービー 2018の動画・結果です。アメリカで行われたベルモントダービーの結果は1着:Catholic Boy(カトリックボーイ)、2着:Analyze It、3着:Hunting Horn。カトリックボーイが勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・ベルモントダービー招待の結果

1着:Henley’s Joy・ヘンリーズジョイ
2着:Social Paranoia(3/4馬身)
3着:Rockemperor(1/2馬身)
4着:Digital Age(1-1/4馬身)
5着:Seismic Wave(1-1/4馬身)
6着:Plus Que Parfait
7着:Standard Deviation
8着:Cape Of Good Hope
9着:Moon Colony
10着:English Bee
11着:Spinoff
12着:Blenheim Palace
13着:Master Fencer・マスターフェンサー

勝ちタイム:1.58.29
勝利騎手:Jose Lezcano
馬場:Firm

関連記事

マスターフェンサーはこれまでアメリカではケンタッキーダービー(6着)とベルモントステークス(5着)にも参戦していた。

ケンタッキーダービー2019の結果・動画です。アメリカで行われたケンタッキーダービーの着順は1着:Country House(カントリーハウス)、2着:Code Of Honor、3着:Tacitusとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。
ベルモントステークス2019の結果・動画です。アメリカで行われたベルモントSの着順は1着:Sir Winston(サーウィンストン)、2着:Tacitus、3着:Joevia、日本から参戦したマスターフェンサーは5着でした。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント

13着 マスターフェンサー(浜中俊騎手)
「調教師と話をして、前目に出してほしいとの話だったので、レースでは出していきました。左右のストレスもなく思っていたよりもいい位置が取れました。3から4コーナーでずぶくて置いていかれる馬なので早めに仕掛けようと思っていましたが、ペースが上がった際についていけませんでした。非常に良い経験をさせていただき、オーナー、調教師をはじめ全ての関係者の皆様、そしてマスターフェンサーに感謝いたします」

(角田晃一調教師)
「レースもハイペースで、その中でポジションをとってうまく乗ってくれました。挑戦しないことには何も始まらないので、非常に意味のある遠征だったと思います。オーナーの勇気ある決断で、我々も非常に良い経験をさせていただきました。何よりもまず、馬が無事に帰ってきて良かったです」

勝ち馬プロフィール

ベルモントダービー招待2019 ヘンリーズジョイ

勝ち馬:ヘンリーズジョイ(Henley’s Joy)
父:Kitten’s Joy 母:Blue Grass Music 母父:Bluegrass Cat