【横山武史騎手 今週の騎乗予定・成績】10/1・2は中山で騎乗

菊花賞2021 タイトルホルダー

横山武史騎手の2022年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。横山武史騎手は史上2番目の速さでJRA・100勝達成や最年少で年間GI・5勝を達成するなど大注目の若手騎手。先週の成績・結果や今週の想定・騎乗予定などすべてをチェックしよう。

次世代のスタージョッキーから目が離せない!
スポンサーリンク

横山武史騎手の今週の騎乗予定・想定をチェック!

天皇賞秋2021 エフフォーリア

横山武史騎手の今週(2022年10月1日・10月2日)の想定・騎乗予定一覧となっています。

9月28日・船橋

11レース・日本テレビ盃(除外)
フルデプスリーダー(牡5)
https://db.netkeiba.com/horse/2017102175/

日本テレビ盃2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の日本テレビ盃の着順は1着:フィールドセンス、2着:クラウンプライド、3着:サルサディオーネとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
10月1日・中山

2レース・2歳未勝利2着・1番人気)
パルフュメ(牝2)
https://db.netkeiba.com/horse/2020105562/

5レース・2歳新馬3着・1番人気)
オルフェスト(牝2)
https://db.netkeiba.com/horse/2020102718/

6レース・2歳新馬1着・1番人気)
オメガシンフォニー(牝2)
https://db.netkeiba.com/horse/2020103892/

10レース・勝浦特別
シゲルファンノユメ(牡3)
https://db.netkeiba.com/horse/2019103136/

11レース・秋風ステークス
アサヒ(牡3)
https://db.netkeiba.com/horse/2019105482/

12レース・3歳以上2勝クラス
ネヴァタップアウト(牡5)
https://db.netkeiba.com/horse/2017101566/

10月2日・中山

1レース・2歳未勝利
サトミノココロ(牝2)
https://db.netkeiba.com/horse/2020106494/

2レース・2歳未勝利
フラミニア(牝2)
https://db.netkeiba.com/horse/2020103682/

4レース・3歳以上1勝クラス
インヴァリアンス(牡4)
https://db.netkeiba.com/horse/2018105423/

10レース・茨城新聞杯
ゴーゴーユタカ(牡3)
https://db.netkeiba.com/horse/2019100167/

11レース・スプリンターズステークス
シュネルマイスター(牡4)
https://db.netkeiba.com/horse/2018110007/

スプリンターズステークスは2022年10月2日に中山競馬場で行われる電撃のスプリント戦。スプリンターズSは2022年で第56回を迎え、昨年はピクシーナイトが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スプリンターズステークス2022の追い切り・コメントの記事です。スプリンターズSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

12レース・外房ステークス
メイショウヒューマ(牡4)
https://db.netkeiba.com/horse/2018106560/

他の注目ジョッキーの情報もチェック!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(10/2)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
ルメール騎手の2022年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。C.ルメール騎手は5年連続で全国リーディングを獲得するなど大活躍中。先週の成績・結果や今週の想定・騎乗予定、インスタグラムやtwitterなどすべてをチェックしよう。
川田将雅騎手の2022年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。川田将雅騎手は日本人ジョッキートップの成績を残す次世代のエース。先週の成績・結果や、今週や今後の想定・騎乗予定、インスタグラムなどすべてをチェックしよう。
藤田菜七子騎手の想定・騎乗予定・成績をまとめた記事です。競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。彼女の今週の予定や騎乗結果、インスタグラムなどをチェックしよう。

2022年・横山武史騎手の今後の騎乗予定馬を見逃すな!

スポンサーリンク
10月9日・東京

11レース・毎日王冠
キングオブコージ(牡6)
https://db.netkeiba.com/horse/2016104376/

毎日王冠は2022年10月9日に東京競馬場で行われる秋競馬の始まりを告げる一戦。毎日王冠は2022年で第73回を迎え、昨年はシュネルマイスターが制した。毎日王冠の出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
10月16日・阪神

11レース・秋華賞
ナミュール(牝3)
https://db.netkeiba.com/horse/2019105213/

秋華賞は2022年10月16日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2022年で第27回を迎え、昨年はアカイトリノムスメが制した。秋華賞の出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
11月6日・阪神

11レース・みやこステークス
ウィリアムバローズ(牡4)
https://db.netkeiba.com/horse/2018100829/

12月25日・中山

11レース・有馬記念
エフフォーリア(牡4)
https://db.netkeiba.com/horse/2018105027/

有馬記念は2022年12月25日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2022年で第67回を迎え、昨年はエフフォーリアが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
最新の新馬戦情報も要チェック!
2歳新馬戦の出走予定馬・騎手想定をまとめた記事です。今週行われる2歳新馬戦でデビューを予定している馬たちを中心に掲載しています。注目馬たちがどんなデビュー戦を迎えるのだろうか。
スポンサーリンク

横山武史騎手の先週の成績・結果一覧

横山武史

9月24日・中山

1レース・2歳未勝利3着・6番人気)
キーチキング(牡2)
https://db.netkeiba.com/horse/2020104125/

2レース・2歳未勝利1着・1番人気)
ディナトセレーネ(牝2)
https://db.netkeiba.com/horse/2020102934/

3レース・2歳新馬(7着・2番人気)
タカシ(牡2)
https://db.netkeiba.com/horse/2020103515/

4レース・3歳以上1勝クラス(13着・3番人気)
スクルトゥーラ(牝3)
https://db.netkeiba.com/horse/2019105144/

5レース・2歳新馬2着・1番人気)
ザングウィル(牡2)
レース後のコメント
「この馬場は合わなそうでしたし、新馬ではまだ厳しいかなと思っていました。今日は十分すぎるぐらい頑張ったと思います」
https://db.netkeiba.com/horse/2020110051/

6レース・3歳以上1勝クラス(7着・3番人気)
エスコバル(せん4)
https://db.netkeiba.com/horse/2018106154/

9レース・カンナステークス(4着・1番人気)
トールキン(牡2)
レース後のコメント
「前が開いてからの反応がありませんでした。2歳馬ですし、まだレースが分かっていない感じです」
https://db.netkeiba.com/horse/2020103284/

10レース・九十九里特別2着・2番人気)
キャルレイ(牡3)
レース後のコメント
「考えていたのとは違う競馬になりましたが、よく頑張ってくれました。早めに来られましたし、勝ち運だけが無かったです」
https://db.netkeiba.com/horse/2019105111/

11レース・ながつきステークス3着・1番人気)
レシプロケイト(牡6)
レース後のコメント
「この馬としては十分過ぎるくらい力を出しています。今日の馬場でこの時計の決着では、後方からではなすすべなしです」
https://db.netkeiba.com/horse/2016103291/

12レース・3歳以上2勝クラス1着・1番人気)
タヒチアンダンス(牝3)
https://db.netkeiba.com/horse/2019104926/

9月25日・中山

1レース・2歳未勝利(9着・6番人気)
ニシノパプルブリリ(牝2)
https://db.netkeiba.com/horse/2020105495/

4レース・2歳新馬2着・1番人気)
メイデンタワー(牝2)
レース後のコメント
「調教の方が良かったです。初めての競馬で、周りから逃げているところもありましたし、コーナーでも余分な体力を使っていて、いかにも新馬戦という内容でした。いい馬ですが、まだバランスは良くありません」
https://db.netkeiba.com/horse/2020103198/

5レース・2歳新馬2着・4番人気)
サトノシトラス(牡2)
レース後のコメント
「トビはいいのですがギアチェンジがありません。3コーナーから追いっぱなしの形でしたがワンペースな分最後まで頑張ってくれました。新馬戦は切れ味勝負になりがちですから、今日の勝ち馬との差はその分でしょう」
https://db.netkeiba.com/horse/2020104536/

10レース・内房ステークス(4着・1番人気)
オンザライン(牡4)
https://db.netkeiba.com/horse/2018104646/

11レース・オールカマー1着・5番人気)
ジェラルディーナ(牝4)
レース後のコメント
「去年に続いてたくさんいい馬に乗せてもらっていたなかで、なかなか結果を出せず申し訳なかったですが、ちょっと遅いですけど出すことができてうれしいです。祐一さんと話して癖や特長を聞いていてこの枠でに入って自分で考えて乗りました。理想的なポジションでしたし思っていた以上の伸びでした。直線でも狭いところをよくこじ開けて抜け出してからもしっかりと走ってくれました。馬場に入るまでテンションが高いところが短所になってきそうですがスタートを切ってからは優等生で真面目で、折り合いを心配していましたがそんなことなかった。まだ若いので成長できる余地はあると思うし、僕自身も成長していきたい」
https://db.netkeiba.com/horse/2018105081/

オールカマー2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のオールカマーの着順は1着:ジェラルディーナ、2着:ロバートソンキー、3着:ウインキートスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・横山武史騎手の重賞勝ち鞍

ホープフルステークス2021 キラーアビリティ

2022年の横山武史騎手が制した重賞の一覧です。
若武者がさらに実績を重ねていく!

チューリップ賞(GII)

ナミュール(牝3・1番人気)
レース後のコメント
「賞金的に権利は絶対取らないと、というプレッシャーがある中、よく頑張ってくれたと思います。重賞を勝ててうれしいんですけど、今日は馬の力だけで勝てたレース。直線もスムーズではありませんでしたし、ボクとしては悔いが残ります。調教とは違う課題も見つかりましたし、本番までに修正していきたいですね」

チューリップ賞2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のチューリップ賞の着順は1着:ナミュール、2着:ピンハイ、3着:サークルオブライフとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
オールカマー(GII)

ジェラルディーナ(牝4・5番人気)
レース後のコメント
「前に乗っていた(福永)祐一さんにこの馬の特徴を聞き、この枠でどういう競馬がいいか自分なりに考えて、その理想的なポジションで競馬ができました。最後の伸びは僕が思っていた以上で、狭いところをこじ開けてくれた馬の頑張りに感謝です。馬場入りでテンションの高いところはありますが、走ってしまえば折り合いも心配ないですし、優等生ですね」

オールカマー2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のオールカマーの着順は1着:ジェラルディーナ、2着:ロバートソンキー、3着:ウインキートスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

横山武史騎手・プロフィールや成績など

皐月賞2021 エフフォーリア

横山武史(Takeshi Yokoyama)

生年月日:1998年12月22日
身長:165.0cm 体重:45.3kg
血液型:O型 星座:山羊座
所属:美浦 所属厩舎:鈴木 伸尋
(JRAを参照)

年度別成績(JRA)

2017年
392回騎乗 1着:13回 2着:23回 3着:22回

2018年
649回騎乗 1着:35回 2着:45回 3着:38回

2019年(年間ホープ賞)
727回騎乗 1着:54回 2着:52回 3着:59回

2020年(関東リーディング)
728回騎乗 1着:94回 2着:56回 3着:68回

2021年(関東リーディング)
783回騎乗 1着:104回 2着:90回 3着:68回

エフフォーリアとのコンビで皐月賞を制してG1初勝利!

皐月賞2021 エフフォーリア

デビューから乗り続けてきたエフフォーリアとのコンビで参戦した皐月賞では、4番手から抜け出し後続に3馬身の差をつけ圧勝。横山武史騎手にとってこの勝利がうれしいG1初勝利となった。

レース後のコメント
「最高です。デビューから乗せていただいている馬で、よくここまで順調に来てくれたので、何とかここで結果をと思っていた。それを現実にできてよかった。人気もあってプレッシャーがすごかったけど、自分が持てる技術を発揮して、この馬の能力を出せれば勝てると思っていた」

シェアする