【ヴィクトリアマイル2024】追い切り・コメント/動きを見極め勝利に近づけ

ヴィクトリアマイル2024 追い切り

ヴィクトリアマイル2024の追い切り・コメントの記事です。ヴィクトリアマイルの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2024年5月12日(日) | 2回東京8日 | 15:40 発走
第19回 ヴィクトリアマイル(GI)芝・左 1600m
Victoria Mile (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2024年・ヴィクトリアマイルの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
ヴィクトリアマイルは2024年5月12日に東京競馬場で行われる春のマイル女王を決める一戦。ヴィクトリアマイルは2024年で第19回を迎え、昨年はソングラインが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも京王杯スプリングカップが開催される。
京王杯スプリングカップは2024年5月11日に東京競馬場で行われる春のマイル路線を占う一戦。京王杯SCは2024年で第69回を迎え、昨年はレッドモンレーヴが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

ヴィクトリアマイル2024の追い切りをチェック!

ヴィクトリアマイル2024 追い切り

ヴィクトリアマイルに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
京王杯スプリングカップ2024の追い切り・コメントの記事です。京王杯スプリングカップの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
スポンサーリンク

ウンブライル

前走・最終追い切り(阪神牝馬ステークス・2着)
栗東・CW・良
6F 85.2-68.9-53.2-38.0-11.6(一杯)

太田助手
「週ごとに動きの質が上がってきている。最後まで気持ちを切らさず走れれば、このクラスでも引けを取らないと思います」

1週前追い切り
美浦・ウッド・重(助手)
7F 98.4-66.6-51.6-37.1-11.0(直一杯)
ヒップホップソウル(馬なり)の内0.3秒追走・同入

太田助手
「1週前に強い追い切りができました。前走の前と比べて馬体の張りに物足りなさがあったが、これでいい方向に行くと思う。あとは気持ちが走る方に向けば。諦めずに走れればここでもやれる素質がある」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(助手)
6F 85.0-68.3-53.0-38.2-11.3(馬なり)
カーペンタリア(馬なり)の内0.3秒追走・0.1秒遅れ

木村調教師
「最終追い切りはトラブルなく、予定通りにこられたと思う。東京マイルは形になっている舞台で、去年の今ごろは来年こそはと準備していた。言い訳はきかないと思います」

太田助手
「前走もまだ体調が上がり切っていませんでしたが、長期休養明け2戦目で変わり身を見せてくれました。中間も順調ですし、後は気持ちの部分。最後まで諦めずに走り切ってくれれば、このメンバーでも通用する力はあるので」

3枠5番について
木村調教師
「形になっている舞台ですし、去年の今頃も来年こそは…と思いながら準備してきたところもあるので、言い訳のきかない条件ではあります。何とか巻き返したい」

キタウイング

前走・最終追い切り(谷川岳ステークス・8着)
美浦・ウッド・稍重
6F 83.5-67.1-52.2-37.8-11.7(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(杉原誠)
6F 86.0-69.3-54.6-39.8-12.6(馬なり)

杉原騎手
「前回がすごく良かったので、その状態を維持しています。前走(谷川岳S8着)も脚は使っていますが、もう少し差を詰めたかった。まずは流れに乗りたい」
7枠12番について
小島調教師
「本音ではロスなく運べる内枠が良かった。(状態については)今日の雰囲気も良かった。近況の成績は良くないけど、体も増えていい感じになった。相手は強くなるけどコンディションはいいので」

コンクシェル

前走・最終追い切り(中山牝馬ステークス・1着)
栗東・CW・重
6F 81.3-66.3-52.3-37.5-11.6(馬なり)

押田助手
「馬場が悪い中でもしっかり動けていたし、相手が来ただけ伸びる感じでした」

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(吉村誠)
6F 81.1-66.0-51.7-37.2-11.3(強め)
フルメタルボディー(馬なり)の内2.1秒追走・アタマ先着

本田助手
「トレセンに戻ってきてからカイバをばりばり食べていて元気がいいですね。無理しない感じであの時計も出ている。以前は攻め馬でもチャカついていたのが、だいぶ落ち着いてきました。今回は相手も強くなるけど、前に行って自分の競馬をしてくれれば」

最終追い切り
栗東・CW・稍重(吉村誠)
6F 85.5-69.2-53.0-37.5-11.4(直強め)
ジャスパーバローズ(馬なり)の外2.0秒先行・0.2秒先着

清水久調教師
「あまりハードにはやりたくなかったので。先行して、時計も予定通りでいい内容でした。しまいは反応を確認して、いい状態だと思います。申し分ない。言うことなしです。(戦法については)ジョッキー(岩田望騎手)に任せます。枠や並びなどもありますし、逃げなくても競馬はできると思いますので」

本田助手
「併入でも良かったが、予定どおり。2走前の東京では2番手からといっても単騎で先行したようなもの。前走もそうだが、スッと行けたほうがいい。できればハナへ。自分の競馬でどこまで」

3枠4番について
清水久調教師
「内めでいいところですね。ハナにはこだわらないけど、こういう脚質で勝っていますし、この枠を引けましたからね。あとはジョッキーに任せます」

サウンドビバーチェ

前走・最終追い切り(東京新聞杯・14着)
栗東・坂路・良
800m 52.3-37.6-24.6-12.4(馬なり)

高柳大調教師
「先週しっかりやって時計が出ているので、今週は坂路でサラッと。一度使って良くなるタイプで今回は中身が違う」

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(松山弘)
6F 79.4-64.6-50.4-35.9-11.2(馬なり)

松山騎手
「体を使っていていい動きでした。しまいも馬なりで11秒2で、気持ちよさそうに走れていましたね。僕が乗るのは1年ぶりですけど、いいイメージで挑めそうです。入れ込みとか難しいところがあるので、そのあたりに気をつけたいですね」

最終追い切り
栗東・CW・良(松山弘)
5F 69.9-53.8-38.0-11.7(馬なり)

松山騎手
「先週しっかりやって今週は輸送もあるので軽めにやりました。動きは良くていい状態だと思います。体はいいので、あとは精神面だと思います。ここで復調するような競馬ができれば」

高柳大調教師
「体調を整えるくらいですが、気持ち良く落ち着いて走っていました。去年と比べて遜色はありません」

5枠8番について
高柳大調教師
「内枠に先行馬がそろった印象。その馬を見ながら運べる、いい枠だと思います。理想通り調整を進められている。昨年は好位からいい内容。出たなりの位置でスムーズに運べれば」

スタニングローズ

前走・最終追い切り(大阪杯・8着)
栗東・坂路・不良
800m 56.1-40.8-25.5-11.9(馬なり)

高野調教師
「中山記念を使う選択肢もありましたが、予定を延ばしてここ一本の調整で仕上げてきました。馬が全体的に良くなって、そこに加えて芯の疲労感もなく、活気に満ちあふれています。コーナー4つの競馬は合っていますし、久々の競馬ですが、問題ないです」

1週前追い切り
栗東・坂路・稍重(西村淳)
800m 54.3-39.1-24.7-12.0(一杯)

高野調教師
「リズム良くためる時間をつくって、最後は促して反応を確かめる感じ。動きは非常にいいと思うし、(西村)淳也もとてもいいと言ってくれた。前回は久々のG1で着差もそんなになく頑張ってくれた。力は確認できたと思います」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(西村淳)
800m 53.5-38.7-24.5-11.8(馬なり)

高野調教師
「好時計でも無理をさせたわけではなく、馬の状態の良さでのもの。西村君は『イルカみたいだった』と。30年以上馬に携わってきて初めて聞いた表現だが、それだけ弾んで走れていたのだと思う。前走以上の出来は間違いない」
2枠3番について
高野調教師
「与えられたところで頑張ります。淳也(西村淳)がやってくれるでしょう。(仕上がりについては)言うことないです。今のところは万全。本当に素晴らしいですし、このままいってほしい」

テンハッピーローズ

前走・最終追い切り(阪神牝馬ステークス・6着)
栗東・坂路・良
800m 54.0-39.5-25.5-12.4(馬なり)

高柳大調教師
「動きは良かったし状態はいい。以前と比べて気難しさも少しずつマシになっている。久々の千六は問題ない」

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(亀田温)
7F 96.5-65.1-50.9-36.6-11.4(強め)

亀田騎手
「少し時計は速くなったが楽な手応えで動けていたし、それだけ状態がいい証拠。折り合い面は心配ないと思う」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 55.0-40.3-26.3-12.7(馬なり)

高柳大調教師
「暖かくなってきて、調子は上向いている。左に張るところがあるから、左回りは合う。ただ1400メートルがベストなので、マイルがどうかな」
5枠9番について
高柳大調教師
「いい枠。内めを見ながら、いつも通り控える競馬になると思います。前走後、具合が凄くいい。引き続きマイル起用で折り合いが鍵だけどスムーズに立ち回って持ち味の決め手を生かしたい」

ドゥアイズ

前走・最終追い切り(阪神牝馬ステークス・5着)
栗東・CW・良
6F 82.6-67.2-52.3-37.5-11.8(G前仕掛け)

庄野調教師
「強めで反応を確かめた。調子は良さそう。折り合い面から舞台はいい」

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(鮫島駿)
6F 84.0-68.0-53.4-38.5-11.6(一杯)

庄野調教師
「ジョッキーに感触を確かめてもらった。少し行きたがるかなと思っていたけど、向正面も上手に折り合えていて、しまいはしっかりと時計も出た。いつも通りにきている。ワンターンのコースの方がしまいは脚を使えると思う」

最終追い切り
栗東・CW・稍重(加藤祥)
6F 83.8-67.3-52.1-37.6-11.6(馬なり)

庄野調教師
「落ち着いて走れていたし、パワフルでしまいも手足がよく伸びていい感じ。落ち着きが出て安定してきた。いい結果になるんじゃないかと期待しています」

蟹江助手
「スタートがカギですね。普通に出てくれたら。動きに関しては今までで一番いいくらいです」

8枠15番について
笠原助手
「極端な枠でない方が良かった。(最後入れで)ゲートに入って待たずにスタートできるとポジティブに考えたい。今朝(金曜)もリラックスして落ち着いていた。真面目に走るし発馬を決めて、ある程度の位置で流れに乗りたい」

ナミュール

前走・最終追い切り(ドバイターフ・2着)
海外遠征

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.0-39.1-24.8-12.0(末強め)

武豊騎手
「最後の直線の切れ味はすごいものを持っているなと思いますね。ドバイでも勝ったかというレース。世界トップレベルの実力の持ち主だと思いますね。マイルCSは衝撃的な強さでしたし、ああいうレースがまたできればと思います」

高野調教師
「時計は求めずに、バランス良く、リズム良く行かせて、最後少しだけ加速する時間を作るというイメージでやりました。リズム良く動けていましたし、終わった後の表情、歩様も良かったです。成績的にも、ここは勝ち負けに持ち込まないといけない立場というのは自覚しています。今の状況なら、しっかりと走って、いい結果が出ると思います」

6枠10番について
高野調教師
「枠は決まったところで頑張ります。海外帰りでもスムーズに調整ができているので問題はないです。言うことがないなという感じです」

ハーパー

前走・最終追い切り(大阪杯・13着)
栗東・CW・不良
6F 81.9-66.4-51.4-37.0-11.7(馬なり)

大江助手
「しまい重点ですが、全体を大きく動かして心身のバランスを整える感じで。落ち着いて前向きさもあります。(有馬記念では)G1馬相手に堂々と渡り合った。レースセンスが良くて自在性がある。今回の条件で持ち味を生かせたら」

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(池添謙)
6F 83.0-67.5-52.5-36.9-11.3(一杯)
メリオーレム(一杯)の内1.5秒追走・0.6秒遅れ

池添騎手
「1週前なので、ある程度しっかりやりました。他の2頭が動くので詰められなかったけど、十分に動けていました。先週乗った時よりもフットワークが良くなっています。すごく乗りやすい馬で乗り手の支持を待って我慢もできていましたね」

友道調教師
「前走は男馬にまじって厳しいところもあったように思います。東京マイルでは勝っている」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 53.1-38.3-25.3-12.6(馬なり)

友道調教師
「先週、先々週としっかり負荷をかけたので坂路でさらっと。まだ良くなりそうな感じはありますが、競馬にいけば力を出してくれる馬ですからね。牝馬同士では崩れていないので」
4枠7番について
友道調教師
「位置を取りにいく馬でもないし、与えられたところでスムーズな競馬ができれば。府中のマイルは勝っているし直線の長い舞台は問題ない。前走は馬場が悪くて気にしていたので良馬場でやれれば」

フィアスプライド

前走・最終追い切り(中山牝馬ステークス・9着)
美浦・ウッド・重
5F 64.8-50.3-36.6-11.2(強め)

国枝調教師
「しまいがしっかりしていて、いい感じで動いている。1ハロン延長は問題ないし、スッと流れに乗って競馬ができれば楽しみ」

1週前追い切り
美浦・ウッド・重(助手)
5F 66.4-50.7-36.2-10.9(強め)
ウィズグレイス(強め)の内0.3秒追走・0.2秒先着

国枝調教師
「しまいの反応も良く順調。前走は度外視していい。東京マイルは問題ない」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(助手)
5F 66.9-51.6-36.8-11.1(馬なり)
ウィズグレイス(強め)の内0.2秒追走・同入

国枝調教師
「今日もいい動き。1600メートルで東京なので、脚をためてしまいを生かせれば」
2枠2番について
国枝調教師
「いいところが引けたね。最高の枠だよ、何も言うことはない。あとはルメールさんにお任せするだけ」

フィールシンパシー

前走・最終追い切り(福島牝馬ステークス・2着)
美浦・ウッド・良
6F 85.8-68.9-54.0-39.0-12.1(馬なり)

小島調教師
「右回りでやれることや(金曜)輸送などを考慮して1日早めた(火曜日追いにした)。前走の内容は良かったし、引き続き順調。小回り、距離など走れる条件はそろっている」

1週前追い切り
美浦・ウッド・重(助手)
6F 86.5-70.1-54.4-39.6-12.6(馬なり)

小島調教師
「使ったばかりなので1週前は確認程度。前走は外枠からいい競馬をしてくれましたね。重賞2着2回は違うコースだけど、東京の勝ち方が良かったし、条件は合うと思う。楽しみはありますよ」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(横山琉)
6F 82.3-66.1-51.3-37.1-11.5(馬なり)

横山琉騎手
「いつもと変わらない動きでした。理想は前に行って強気な競馬で、悔いのないレースをしたい」

小島調教師
「いい動きをしていたし、中2週だが前走の疲れも少なく状態はいい意味で平行線と思っています。一戦ごとにつけてきた力を前走で形にしてくれた。相手は強いが、楽しみです」

8枠14番について
小島調教師
「偶数は良かった。行く馬が内に入ったわけだから、そこを見ながら行ける分、悪くはないかも。作戦は騎手に任せているし、悔いのないレースをしてもらいたい、それだけ」

マスクトディーヴァ

前走・最終追い切り(阪神牝馬ステークス・1着)
栗東・坂路・良
800m 55.0-39.3-25.2-12.4(馬なり)

辻野調教師
「追い切るごとに走りの質が上がり、態勢は整った。以前からメリハリがついて競走馬らしい体つきになっている。毎週、駐立の練習をしている。その時は穏やかな表情で特に問題ないし、今回は発馬を五分に決めたい」

1週前追い切り
栗東・CW・稍重(助手)
5F 66.9-52.1-37.9-11.5(馬なり)
ブリックワーク(一杯)の内1.2秒追走・同入

辻野調教師
「イメージ的には前回、前々回よりも体を動かして負荷をかける感じ。思っていた以上に動きもしっかりしていたし、すごくフォームも良かった。昨年の秋よりも中身が入っているし、1週前としてはいい追い切りができました」

最終追い切り
栗東・坂路・稍重(助手)
800m 52.9-38.8-24.9-12.1(馬なり)

辻野調教師
「軽々登ってきました。軽く仕掛けてバランスが崩れないか確認しましたが、一切乱れなかったですね。いい状態にもってきたと実感できました。ここでG1のタイトルをとらせてあげたいです」
「前回はあまりつくり込んでレースに臨んだわけではなかったですが、今回は春の目標でしたし、しっかりつくれたかなと思います。スタートさえ五分に切ってくれれば」

黒川助手
「前走は1枠1番で一番先にゲート内に入ったので少し心配しましたが、中でソワソワしながらも何とか五分に出てくれました。昨年までは目立っていた緩さがなくなり、トモなんかもすごくパンとしてきましたね。正直、まだまだ奥はあると思っていますが、今回もいい状態で出せますから。この距離にたけたとても強い馬が出てくる中でどんな競馬ができるか楽しみです」

4枠6番について
黒川助手
「偶数なのもよかったですし、枠はちょうどいいです。雰囲気、息の入りも良く、今までで一番いい出来だと思います」

モリアーナ

前走・最終追い切り(阪神牝馬ステークス・3着)
美浦・ウッド・良
5F 68.3-51.9-36.6-11.4(馬なり)

武藤調教師
「イメージ通り。ずっと折り合いもついていた。頭数が少ないのもいいし、外回りだから最後の決め手を存分に発揮してほしい」

1週前追い切り
美浦・ウッド・重(武藤雅)
6F 80.7-65.1-50.6-36.6-11.3(馬なり)

武藤調教師
「ここに来て馬体に厚みが出てきている。中間もしっかりやれているし、ピークで本番に向かえる。こんなチャンスはなかなかない。東京マイルは走り慣れているし、左回りの方がいいと思うので楽しみ」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(武藤雅)
5F 69.4-53.2-37.8-11.4(馬なり)

武藤調教師
「1週前に負荷をかけたので、速くなりすぎないように。いい動きでした。結果が出るくらいの自信の仕上げになっている」
「前走(阪神牝馬S)は上がり3ハロン最速タイの32秒9の脚を使って、改めて能力のあるところを見せてくれた。やはりマイルは合うと思ったし“次”につながるレースでした。普段の調教でも右回りより左回りのほうがスムーズで、おまけに牝馬限定とくれば条件はベスト。状態面も申し分ない。期待は高まるよね」
7枠13番について
国吉助手
「どの枠でもマイナスということはない。気にしていなかった。ペースを経験して変わってくると思う。予定通り調整できているし、メンタルも落ち着きがある中でいい意味でピリピリしている」

ライラック

前走・最終追い切り(阪神牝馬ステークス・10着)
美浦・ウッド・良
5F 67.3-52.0-37.6-11.4(馬なり)

相沢調教師
「掛かりやすい部分があるので距離はマイルの方が合っている。実績(22年フェアリーS優勝)もあるので改めて」

1週前追い切り
美浦・ウッド・重(戸崎圭)
5F 68.2-52.5-37.9-11.2(馬なり)
マイショウチャン(馬なり)の内0.5秒追走・同入

相沢調教師
「前走の前は放牧先から帰ってきた時から馬体が減っていたし、馬房でもイライラしていたからね。中間に1週間の短期放牧に出してリセットさせた。ためれば脚を使える馬。輸送の負担が少ない東京なら」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(戸崎圭)
6F 81.8-66.1-51.2-36.9-11.7(馬なり)
リリエンフェルト(馬なり)の内0.6秒追走・同入

相沢調教師
「今回はいいよ。競馬では440キロ台で出せそう」
1枠1番について
相沢調教師
「どこでも良かったので枠は気にしていなかった。前走はイライラしていたけど今回は気分も良さそう。カイバもよく食べて状態はいい。問題ありませんよ」

ルージュリナージュ

前走・最終追い切り(中山牝馬ステークス・13着)
美浦・ウッド・重
6F 84.1-67.8-53.3-38.5-11.9(馬なり)

丸田騎手
「今日はビシッとやる感じではなかったがいい反応だった。雰囲気はいい」

1週前追い切り
美浦・ウッド・重(助手)
5F 68.5-52.7-37.8-11.3(馬なり)
ウインベルレーヌ(馬なり)の内1.1秒追走・同入

宗像調教師
「格下馬と併せてさらっと。今週末に出走できるくらい状態はいい。広いコースの方が力を出し切れる」

最終追い切り
美浦・ウッド・稍重(助手)
5F 69.7-53.4-38.1-11.5(馬なり)

宗像調教師
「カイバを食べているし、年齢的にも成熟した感じ。広い東京(3勝)のほうが競馬はしやすい」
6枠11番について
宗像調教師
「内過ぎずいい枠だと思う。今日も坂路2本上がって、変わらず落ち着いているし状態はいい」

2024年・ヴィクトリアマイルの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2024年 ヴィクトリアマイル|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2024年・ヴィクトリアマイルの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はナミュールに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/1・6/2)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
オークスは2024年5月19日に東京競馬場で行われる三歳牝馬には過酷な2400m戦。オークスは2024年で第85回を迎え、昨年はリバティアイランドが制した。オークスの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
日本ダービーは2024年5月26日に東京競馬場で行われる三歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2024年で第91回を迎え、昨年はタスティエーラが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。