【ヴィクトリアマイル2021】結果・動画/グランアレグリアが異次元の走りで圧勝

ヴィクトリアマイル2021 グランアレグリア

ヴィクトリアマイル2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のヴィクトリアマイルの着順は1着:グランアレグリア、2着:ランブリングアレー、3着:マジックキャッスルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のヴィクトリアマイルはグランアレグリアが異次元の走りで圧勝

2021年5月16日(日) | 2回東京8日 | 15:40 発走
第16回 ヴィクトリアマイル(GI)芝・左 1600m
Victoria Mile (G1)

スポンサーリンク

2021年・ヴィクトリアマイルの動画

関連記事
昨年のヴィクトリアマイルはアーモンドアイが制していた。
ヴィクトリアマイル2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のヴィクトリアマイルの着順は1着:アーモンドアイ、2着:サウンドキアラ、3着:ノームコアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・ヴィクトリアマイルの結果

スポンサーリンク

1着:グランアレグリア
2着:ランブリングアレー(4馬身)
3着:マジックキャッスル(クビ)
4着:ディアンドル(クビ)
5着:シゲルピンクダイヤ(クビ)
6着:レシステンシア
7着:ダノンファンタジー
8着:デゼル
9着:マルターズディオサ
10着:クリスティ
11着:サウンドキアラ
12着:レッドベルディエス
13着:リアアメリア
14着:テルツェット
15着:スマイルカナ
16着:アフランシール
17着:プールヴィル
18着:イベリス

勝ちタイム:1.31.0
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

関連記事
G1・安田記念をにぎわす馬は?
安田記念は2021年6月6日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2021年で第71回を迎え、昨年はグランアレグリアが制した。安田記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

ヴィクトリアマイル2021 グランアレグリア

1着 グランアレグリア(C.ルメール騎手)
「強かったですね。彼女はスタートは速くないのでミドルポジションになりました。外の方にいたのでポジションとか、馬のリズムは良かったです。素晴らしい手応えでした。自分からハミをとりましたし、勢いよくギアアップしてくれました。改めた能力の高さを見せてくれた。今日は違うレベルでした。G1・5勝目ですが、まだ勝てると思います。(今日は自身がJRA通算)1400勝できたし、ヴィクトリアマイルも勝ててうれしく思います」

2着 ランブリングアレー(吉田隼人騎手)
「左回りで初めて乗ったが、左の方が良い。スタッフが矯正してくれたので気にならなくなってきたが、右だとコーナーで張ってしまうところがあるので。リズム良くいけて、直線でこれなら!と思ったが勝ち馬は馬なりだった。頑張ってくれました」

3着 マジックキャッスル(戸崎圭太騎手)
「大体イメージ通りにいけた。リズム良く走ってくれて、直線では前が空いてから、しっかり伸びてくれた。ロスもなくいけた。いつも堅実に走ってくれますね」

4着 ディアンドル(団野大成騎手)
「思い通りのポジションをスムーズに行けたし、直線でステッキを入れてからも、いい反応だった。道中で少し力んでいたので、その辺がなくなれば、もっと良くなると思う」

5着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「思ったよりペースが緩かったので、いいポジションにつけられた。直線で前が開いた時点では、突き抜けるかと思ったが…。力は出し切ってくれた」

6着 レシステンシア(武豊騎手)
「あの枠でしたし、行きたい馬にいかせて運んでいった。3番手でもいい雰囲気でいけた。勝つために自分のタイミングで抜け出したが、最後は甘くなってしまいました」

7着 ダノンファンタジー(藤岡佑介騎手)
「ためて行く作戦だったので、道中はじっくり。直線はいい脚だったし、差のない競馬をしてくれた」

8着 デゼル(川田将雅騎手)
「いいポジションで運べたし、最後まで頑張ってくれました。いい内容でいけました」

9着 マルターズディオサ(田辺裕信騎手)
「前走で1200メートルを使ったが、気負いもなく雰囲気は良かった」

10着 クリスティ(斎藤新騎手)
「先行勢が多かったので、自分から動いていった。道中のリズムは良かった。まだ4歳だし、もっと成長する」

11着 サウンドキアラ(松山弘平騎手)
「いい流れにうまく乗れたが、最後は伸び切れなかった」

12着 レッドベルディエス(石橋脩騎手)
「馬の状態は良かった。スタートは出たが、このクラスのマイルの流れでは、押していっても後ろからになる。4コーナーで手応えはあったし、最後まで脚を使ってくれた」

13着 リアアメリア(福永祐一騎手)
「スタートをうまく出られなかったし、ペースが落ち着いてしまった」

14着 テルツェット(M.デムーロ騎手)
「パドックで興奮していた。G1の舞台で、プレッシャーがあったのかも。スタートは出たが、テンに忙しくて前について行けなかった。3、4コーナーでは手応えがあったが、直線ではじりじり。内は開いたが、伸び切れなかった」

15着 スマイルカナ(柴田大知騎手)
「2番手でも落ち着いていたし、いい形だと思ったが。少しずつ変わってくれれば」

16着 アフランシール(大野拓弥騎手)
「リズム良く回れた。これから、力をつければ良くなりそう」

17着 プールヴィル(三浦皇成騎手)
「勝った馬より前に行きたかったが、後ろからになった。最後は甘くなったが、立ち回りはスムーズだった。力はあるので、また頑張ってくれると思う」

18着 イベリス(酒井学騎手)
「ゲート裏の輪乗りの時点から、おとなしかったし、スッと行き切れなかった。直線もばらばら。心房細動だったらしい」

勝ち馬プロフィール

ヴィクトリアマイル2021 グランアレグリア

グランアレグリア(Gran Alegria)牝5/鹿毛 藤沢 和雄(美浦)
父:ディープインパクト 母:タピッツフライ 母父:Tapit
馬名の由来:大歓声(西)

関連記事
グランアレグリアにとって昨年のマイルチャンピオンシップ以来のG1制覇となった
マイルチャンピオンシップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のマイルチャンピオンシップの着順は1着:グランアレグリア、2着:インディチャンプ、3着:アドマイヤマーズとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。