【東京スポーツ杯2歳ステークス2019】追い切り/各馬の状態を見極めろ

東京スポーツ杯2歳ステークス2019 追い切り

東京スポーツ杯2歳ステークス2019の追い切り・コメントの記事です。東京スポーツ杯2歳ステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

各馬の状態を見極めろ

2019年11月16日(土) | 5回東京5日 | 15:30発走
第24回 東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)芝・左 1800m
Tokyo Sports Hai Nisai Stakes (G3)

関連記事

今週は他にもマイルチャンピオンシップが開催される。

マイルチャンピオンシップは2019年11月17日に京都競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2019年で第36回を迎え、昨年はステルヴィオが勝利した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

東京スポーツ杯2歳ステークス2019の追い切りをチェック!

東京スポーツ杯2歳ステークス2019 追い切り

東京スポーツ杯2歳ステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り

今週行われる他のレースの追い切り記事です。

マイルチャンピオンシップ2019の追い切り・コメントの記事です。マイルCSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アルジャンナ

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 84.4-67.2-52.2-38.4-12.3(馬也)
外・サトノケンシロウ(一杯)を6Fで0.4秒追走・1F併せで0.1秒先着

岩崎助手「折り合い重視で反応もよかったです。ひと追いごとに、コントロールも利くようになっています」
オーロラフラッシュ

最終追い切り
美浦・坂路・良
800m 54.7-40.0-26.0-12.4(馬也)
外・ハウメア(馬也)と併せで0.4秒先着

藤沢和調教師「まだスムーズな競馬を一度もしていないし、広い東京はいいと思う」
コントレイル

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.9-37.3-24.6-12.4(馬也)

矢作調教師「動きはよかったし、上向いている。輸送も心配するタイプではない。かなりレベルの高いメンバーを相手に、どういう競馬ができるか」
ゼンノジャスタ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 58.8-43.6-28.1-13.8(馬也)

佐藤助手「順調に来ています。距離はやってみないと分かりませんが、スタミナはありますよ」
ソウルトレイン

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.9-39.0-25.4-12.6(一杯)
内・スターリーパレード(一杯)と併せで0.1秒先着

梅内助手「追い切りは、全体的に良かったです。前走は距離が長かったみたいなので、1ハロン距離を短くしてどうか」
マイネルデステリョ

最終追い切り
美浦・南W・良
6F 82.1-66.4-52.1-39.1-13.0(一杯)
中・ドゥエルメス(強め)を6Fで0.6秒追走・1F併せで0.2秒遅れ
外・ベルジュネス(一杯)を6Fで1.2秒追走・1F併せで併入

畠山調教師「稽古は予定通りで動きもよかった。府中なら千八でも問題ないし、このメンバーでどれだけやれるかだね」
ラインベック

最終追い切り
栗東・ポリ・良
6F 82.8-67.6-52.6-38.6-11.8(馬也)
内・フライライクバード(馬也)に6Fで0.6秒先行・3F併せで0.2秒遅れ
中・ウーリリ(一杯)に6Fで0.3秒先行・3F併せで0.2秒遅れ

友道調教師「気合をつける程度。休みの間に目方も増えていますよ。来春を見据えたら輸送も必要なので、早めに経験させます。普段はやんちゃな面もあるけど、競馬に行くとテンションが上がるところもない」
リグージェ

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 69.8-54.2-39.1-12.5(馬也)
内・シンドラー(強め)に5Fで0.4秒先行・1F併せで0.1秒先着
外・ニジュッケンドーロ(強め)を5Fで0.4秒追走・1F併せで0.1秒先着

木村調教師「前走後は疲れを取って、今週の動きは良かった。出てくるのはトップホースばかりだが、どれだけ食らいつけるか」
関連記事
武豊騎手はマイルチャンピオンシップでカテドラルに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(12/14・12/15)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
ジャパンカップは2019年11月24日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2019年で第39回を迎え、高額賞金を求め馬が集う。昨年はアーモンドアイがレコードタイムで制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
チャンピオンズカップは2019年12月1日に中京競馬場で行われる秋の中距離ダート王を決める一戦。チャンピオンズカップは2019年で第20回を迎え、昨年はルヴァンスレーヴが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。