【天皇賞秋2019】追い切り/抜群の動きを見せたのは

天皇賞秋2019 追い切り

天皇賞秋2019の追い切り・コメントの記事です。天皇賞秋の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2019年10月27日(日) | 4回東京9日 | 15:40 発走
第160回 天皇賞秋(GI)芝・左 2000m
Tenno Sho (Autumn) (G1)

出走予定馬・予想オッズ

2019年・天皇賞秋の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

天皇賞秋は2019年10月27日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2019年で第160回を迎え、天皇陛下御即位慶祝として開催される。昨年はレイデオロが制した。天皇賞秋の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
関連記事

今週は他にもスワンステークスなどが開催される。

スワンステークスは2019年10月26日に京都競馬場で行われるマイルG1へつながる一戦。スワンステークスは2019年で第62回を迎え、昨年はロードクエストが優勝した。出走予定馬・賞金・日程などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

天皇賞秋2019の追い切りをチェック!

天皇賞秋2019 追い切り

天皇賞秋に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

アーモンドアイ

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 66.1-51.4-37.6-12.4(馬也)
中・コズミックフォース(強め)を5Fで0.6秒追走・1F併せで0.4秒先着
外・レッドローゼス(馬也)を5Fで1.2秒追走・1F併せで0.3秒先着

ルメール騎手「手応えはよかったし、直線でもいい脚。(負荷をかけたので)ゴール後は息が荒かったけど、来週もあるし、それは問題ない。すごくいい追い切りができた」
国枝調教師「ドバイ(ターフ1着)のときと同様にリラックスしていい雰囲気。サートゥルナーリアとの対決は盛り上がるんじゃないかな。日本一を証明してほしい」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 65.8-51.2-37.2-12.4(馬也)
中・サトノラディウス(強め)を5Fで0.8秒追走・1F併せで0.2秒先着
外・ノチェブランカ(一杯)を5Fで1.2秒追走・1F併せで0.4秒先着

ルメール騎手「ちょうど良かったです。コンディションがよくなりました。休み明けだけど、すごくいい競馬ができると思う。どこでも競馬ができる馬」
国枝調教師「先週やった分、素軽くなった。休み明けを割り引いてもいい感じ。クリストフも『ゴールを過ぎてからも楽だった』とニコニコしていた」
アエロリット

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 71.7-55.3-40.3-12.6(馬也)

菊沢調教師「オーバーワークにしたくなかった。落ち着いているし柔らかさもある。距離は折り合い次第だけど気分良く走れれば大丈夫」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 65.8-51.6-38.3-12.9(馬也)

菊沢調教師「先週金曜(18日)に1週前をやって、けさは予定どおり。落ち着きもあって具合はいい。馬場は少し湿ったぐらいのほうがいいかな」
アルアイン

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.2-38.0-24.8-13.1(一杯)
外・スマートオーディン(一杯)と併せで0.6秒先着

池江調教師「ラストはバタバタになったが休み明けだし、強い調教をやりたかった。コース形態は小回りの方がいいが距離は2000メートルがベスト」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.8-38.5-24.6-12.1(一杯)
外・スヴァルナ(一杯)と併せで0.3秒先着

北村友騎手「動きは良かった。2馬身後ろから行き、ラストは強めの指示。抜け出してからの反応も良く、真面目に走っていた」
池江調教師「良かった。ムチを入れてくれと指示した。騎乗者はしっかり反応したと言っていた」
ウインブライト

1週前追い切り
美浦・南W・良
6F 81.9-66.9-53.0-39.4-12.4(一杯)
外・ラーナアズーラ(馬也)を6Fで2.2秒追走・1F併せで併入

松岡騎手「まだ体が重い印象があったので強めにびっしり追った」
畠山調教師「この追い切りで前進してくれれば。今回は前走からちょっと調子が上がったぐらいで戦えるメンバーではないからね」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 66.5-51.1-38.0-12.9(一杯)
内・マイネルデステリョ(一杯)を5Fで1.6秒追走・1F併せで併入
中・マイネルアムニス(一杯)を5Fで1秒追走・1F併せで0.2秒遅れ

松岡騎手「負荷をかけるため直線は外を回した。良化度がスローで(仕掛けてから)モタモタしていた。このひと追いでどれくらい変わるか」
カデナ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 56.3-39.7-25.4-12.4(一杯)

中竹調教師「カイバ食いがめちゃくちゃ良くて過去最高といえる出来。展開次第の脚質だが、しまいは確実に伸びてくる」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.4-37.5-25.0-12.9(一杯)

中竹調教師「すごく具合はいいですよ。きょうは一杯にやれるぐらいに状態はいい。2000メートルもちょうどいい」
ケイアイノーテック

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.3-40.1-26.5-13.2(馬也)

平田調教師「叩いた上積みはある。前々の競馬を試して駄目だったし、本来のじっくり構える競馬で改めて」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 50.5-36.5-24.1-12.2(G強)

幸騎手「サッとやっていい時計が出たし、具合はいいですね。じっくりタメていけば、距離も大丈夫だと思います」
ゴーフォザサミット

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 72.2-56.8-42.7-13.4(馬也)
中・ヴァンランディ(馬也)を5Fで0.6秒追走・1F併せで併入
外・ロマンティコ(馬也)を5Fで1.2秒追走・1F併せで併入

藤沢和調教師「レースを使って来ているし順調。2000メートルに短縮して持ち味が生きれば」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 67.4-52.9-38.7-12.8(馬也)
内・ライラックカラー(馬也)を5Fで0.8秒追走・1F併せで併入
中・ヴァンランディ(馬也)を5Fで0.4秒追走・1F併せで併入

藤沢和調教師「動きは良く、叩き3戦目で確実に上昇している。コース、距離と走れる条件はそろっているし、どこまでやれるか楽しみ」
サートゥルナーリア

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 83.9-66.7-52.2-38.3-11.8(馬也)

辻野助手「しっかりと動けていました。前回で課題のスタートをクリア。切れ味を発見できたのもよかった。右手前主体の走りなので、左回りはいいと思います」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.0-66.8-51.7-37.5-11.7(馬也)

スミヨン騎手「自分から走っていた。もう少し速く走れたと思うけど、レースで本気を出してもらおうと少し抑えたくらい。落ち着いて堂々として、とても扱いやすかった」
スティッフェリオ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.0-38.8-25.7-13.3(一杯)
内・アメリカズカップ(一杯)と併せで0.1秒先着

音無調教師「順調。東京に替わってどうかだが好位から脚を使う競馬ができれば」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.4-39.0-25.4-12.8(一杯)
内・アメリカズカップ(G一杯)と併せで0.1秒先着

生野助手「しっかりやった。馬場は重かったけど、先週より動きは良かった。状態はキープしている」
スワーヴリチャード

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 82.4-66.1-50.8-36.8-11.8(馬也)
内・スワーヴアーサー(強め)を6Fで0.8秒追走・1F併せで0.3秒先着

久保淳助手「春といい意味で変わりないね。太めもないんじゃないかな。(新コンビの)横山典騎手が違った面を引き出してくれれば」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.5-65.9-50.7-37.2-12.1(馬也)

庄野調教師「行きっぷり、最後の弾け方とか、この馬らしさが出ていた。海外も経験して大人になったし、成績も安定。あとは勝ち切るだけ。先週乗ったノリさん(横山典騎手)もいい感触をつかんでくれたし、新しい一面を引き出してほしいね」
ダノンプレミアム

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.8-65.6-50.9-36.7-12.2(仕掛)
中・ボンディマンシュ(馬也)を6Fで0.4秒追走・1F併せでクビ差遅れ
外・オメガ(馬也)を6Fで1.9秒追走・1F併せで1秒先着

中内田調教師「いい感じできていますよ。きょう、ジョッキーに乗ってもらったことでスイッチが入ると思います」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 81.8-66.1-51.3-37.1-12.2(仕掛)
外・オメガ(強め)を6Fで0.3秒追走・1F併せで0.8秒先着

川田騎手「Cウッドはあまりにも重たくて、この馬に限らず、良さを感じづらい馬場状態でしたが、その中で十分に動けていたと思います」
ドレッドノータス

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.8-39.2-25.4-12.8(馬也)

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.3-39.4-25.5-13.0(一杯)
外・キングダムウイナー(一杯)と併せで0.2秒遅れ

坂井騎手「背中の感じや、またがった雰囲気は問題なかったです。前走(京都大賞典1着)はすべてがうまくいって、いいレースでした。ある程度、ペースが流れてくれたら」
マカヒキ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.4-37.7-24.9-12.7(一杯)

友道調教師「年齢的なものなのかガツンと来るところはなくなったけど、相変わらずいい動きでしたね。現時点では東京の2000メートルが一番いいと思う」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.5-39.0-25.4-12.6(強め)

友道調教師「3歳の頃のようなガツンと来る感じはないが、動き自体はいい。2000メートルがベストだと思うし、久々にマカヒキらしいレースができれば」
ユーキャンスマイル

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 85.0-68.3-52.7-38.3-11.9(仕掛)
中・アドマイヤポラリス(強め)を6Fで0.9秒追走・3F併せで0.1秒先着
外・ヒュッゲ(馬也)を6Fで1.5秒追走・3F併せでクビ差先着

友道調教師「稽古で動かないタイプだが、この馬なりに動いた。左回りが合っている」

最終追い切り
栗東・芝・稍重
6F 83.5-67.8-52.6-38.5-11.9(仕掛)
外・ヒュッゲ(強め)を6Fで1秒追走・1F併せで0.2秒先着

友道調教師「1週前に『少し重たい』と言っていた岩田騎手も、きょうは『先週より数段良くなっている』と。左右のバランスが良くなっていた」
ランフォザローゼス

1週前追い切り
美浦・坂路・良
800m 57.5-42.1-27.9-14.0(馬也)
内・オーロラフラッシュ(馬也)と併せで併入

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 70.6-55.2-41.1-13.1(馬也)
中・レッドクレオス(馬也)を5Fで0.4秒追走・1F併せで併入
外・レッドサイオン(馬也)を5Fで0.8秒追走・1F併せで併入

藤沢和調教師「いい感じできたね。相手は強くなるけど、前走は最後まで伸びている。その点に期待します」
ワグネリアン

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 82.2-66.6-51.7-38.0-12.2(仕掛)
外・トリコロールブルー(強め)を6Fで0.7秒追走・1F併せで0.5秒先着

友道調教師「追いだしてモタモタする面はあったが、このひと追いで良くなりそう」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.8-39.3-25.5-12.8(馬也)

福永騎手「修正する点もほぼなく、出走するレースを全部勝つつもりでいける段階に来ている。より多くのGIタイトルを一緒に重ねていきたい」
友道調教師「反応も息の感じも良かった。1週前にしっかりやったことで、前向きさも出ていい感じに仕上がった」
大江助手「先週は躍動感が物足りなかったが、そのひと追いで変わった。古馬になり追い切りがしっかりでき、カイバもパリッと食べている。2400メートルのダービーを勝った東京だが、どちらかといえば2000メートルが一番合う」
関連記事

武豊騎手はマカヒキに騎乗!

武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(11/23・11/24)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。

今後も楽しみなレースが続く!

エリザベス女王杯は2019年11月10日に京都競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2019年で第44回を迎え、昨年はリスグラシューが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
マイルチャンピオンシップは2019年11月17日に京都競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2019年で第36回を迎え、昨年はステルヴィオが勝利した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。