【天皇賞秋2017】動画・結果/キタサンブラックが雨中の激戦を制する

天皇賞秋 2017 キタサンブラック

天皇賞秋2017の動画・結果です。2017年の天皇賞秋の結果は1着:キタサンブラック、2着:サトノクラウン、3着:レインボーラインとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2017年の天皇賞秋はキタサンブラックが雨中の激戦を制する

2017年10月29日(日) | 4回東京9日 | 15:40 発走
第156回 天皇賞秋(GI)芝・左 2000m
Tenno Sho (Autumn) (G1)

スポンサーリンク

2017年・天皇賞秋の動画

関連記事
昨年の天皇賞秋はモーリスが制していた。
天皇賞秋2016の動画・結果です。2016年の天皇賞秋の結果は1着:モーリス、2着:リアルスティール、3着:ステファノスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2017年・天皇賞秋の結果

スポンサーリンク

1着:キタサンブラック
2着:サトノクラウン(クビ)
3着:レインボーライン(2-1/2馬身)
4着:リアルスティール(5馬身)
5着:マカヒキ(アタマ)
6着:ソウルスターリング
7着:ディサイファ
8着:サクラアンプルール
9着:グレーターロンドン
10着:ステファノス
11着:ヤマカツエース
12着:ミッキーロケット
13着:ネオリアリズム
14着:ロードヴァンドール
15着:シャケトラ
16着:カデナ
17着:ワンアンドオンリー
18着:サトノアラジン

勝ちタイム:2.08.3
優勝騎手:武 豊
馬場:不良

レース後のコメント

天皇賞秋2017 キタサンブラック

1着 キタサンブラック(武豊騎手)
「すごく大きな1勝です。これだけの馬ですから、勝つことが出来てホッとしています。休み明けでしたが、今日は最高のデキでした。スタートでは前扉に突進してしまい遅れましたが、慌てずに状況に合わせて走りました。こういう馬場もこなしてくれると信じて、直線では内に入りました。早めに先頭に立ったことで最後詰め寄られましたが、押し切ってくれました。次走のジャパンカップでは、日本代表として彼らしい走りで連覇を目指します」

(清水久詞調教師)
「前走後は怪我もなかったので、夏場はゆっくり休ませました。調教ではメニューをしっかりこなしてくれて、状態もとても良かったです。武豊騎手にはレース前”いつも通りに”ということだけ伝えました。ゲートの中で悪さをしているのが見えたので、追い込むしかないなと感じました。本当によく頑張ってくれました」

(北島三郎オーナー)
「この馬については何も言うことがないです。武豊騎手には”驚かせてごめんなさい”と言われました。武豊騎手や調教師、厩務員のみなさんのおかげで勝つことが出来ました。格好良いままで、最後まで無事に走って欲しいです」

2着 サトノクラウン(M.デムーロ騎手)
「よく頑張りました。残念です。勝ち馬は強かったです。馬場は得意ではありませんが、よく盛り返してくれました」

3着 レインボーライン(岩田康誠騎手)
「一瞬はグッと来たのですが…。内をうまく立ち回って、力は出せました。デキも良かったです」

4着 リアルスティール(V.シュミノー騎手)
「ゲートが良すぎて掛かっていました。こんな馬場でも伸びていますし、この馬は強いです。”負けて強し”です。こんな馬場でなければ…。いい動きをするのに前へ進みませんでした」

5着 マカヒキ(内田博幸騎手)
「頑張りました。大分良くなっています。(手綱を)抱え上げて走らせると最後まで伸びています。今日はリズム重視で乗りました」

6着 ソウルスターリング(C.ルメール騎手)
「レースがスムースではなかったです。1、2着馬は内を走っていましたが、こちらは外を回るロスがありました。よく頑張っています。馬場は大丈夫でした」

7着 ディサイファ(柴山雄一騎手)
「この馬場は大丈夫でした。よく頑張っていましたが…」

8着 サクラアンプルール(蛯名正義騎手)
「よく頑張っています。馬場は上手という感じではないです。(手綱を)うまく抱えていないと躓いていました。せっかくの内枠を生かせない馬場でした」

9着 グレーターロンドン(田辺裕信騎手)
「切れ味を生かしたかったのですが、この馬場では厳しいです。4コーナーではある程度の位置まで上がって行きたかったです。早めに動きましたが、直線は脚がありませんでした」

10着 ステファノス(戸崎圭太騎手)
「スタートから馬場を気にしていました」

12着 ミッキーロケット(和田竜二騎手)
「いいスタートを切れましたが、馬場を怖がってジャンプして走っていました」

15着 シャケトラ(C.デムーロ騎手)
「終始ノメっていました。3~4コーナーでは脚がなかったです」

18着 サトノアラジン(川田将雅騎手)
「少し雨が降るだけでも厳しい馬ですし、これだけの馬場になってしまっては…」

勝ち馬プロフィール

【天皇賞秋 2017】動画・結果/キタサンブラックが雨中の激戦を制する

キタサンブラック(Kitasan Black)牡5/鹿毛 清水 久詞(栗東)
父:ブラックタイド 母:シュガーハート 母父:サクラバクシンオー
馬名の由来:冠名+父名の一部

関連記事
キタサンブラックは今年の天皇賞春も制しており、天皇賞春秋制覇の偉業達成となった。
天皇賞春2017の動画・結果です。2017年の天皇賞春の結果は1着:キタサンブラック、2着:シュヴァルグラン、3着:サトノダイヤモンドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

コメント

  1. 豊マニア より:

    最高の結果でした。やっぱり名手は違うね。
    キタサンは残り2走。最後まで先頭で走りきってくれ!