【ステイヤーズステークス2021】出走予定馬・予想オッズ・騎手/長丁場はお手の物

ステイヤーズステークス2020 オセアグレイト

ステイヤーズステークス2021の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2021年のステイヤーズステークスの出走予定馬にはカウディーリョやオセアグレイトなどが名を連ねています。注目レースの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

長丁場はお手の物

2021年12月4日(土) | 5回中山1日 | 15:25 発走
第53回 ステイヤーズステークス(GII)芝・右 3600m
Stayers Stakes (G2)

スポンサーリンク

2021年・ステイヤーズステークスの出走予定馬たち

ステイヤーズステークスの枠順決定!(12月3日)

ステイヤーズステークス2021 枠順

2021年・ステイヤーズステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではボスジラが6枠9番、アイアンバローズは4枠5番、カウディーリョは7枠10番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2021年・ステイヤーズステークスの追い切り・コメントをチェック!
ステイヤーズステークス2021の追い切り・コメントの記事です。ステイヤーズステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(12月1日)

オセアグレイト

2021年のステイヤーズステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

  • アイアンバローズ(石橋脩)
  • アスティ(柴田善臣)
  • アドマイヤアルバ(吉田豊)
  • ヴァルコス(三浦皇成)
  • カウディーリョ(大野拓弥)
  • ゴースト(鮫島克駿)
  • シルヴァーソニック(内田博幸)
  • セダブリランテス(石川裕紀人)
  • ディバインフォース(田辺裕信)
  • トーセンカンビーナ(横山武史)
  • バレリオ(津村明秀)
  • ボスジラ(菅原明良)
  • マンオブスピリット(戸崎圭太)
回避馬
  • オセアグレイト(未定)
関連記事
武豊騎手はチャンピオンズカップでインティに騎乗予定!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(12/3・12/4)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
同週に行われる他の重賞もチェック!
チャンピオンズカップは2022年12月4日に中京競馬場で行われる秋の中距離ダート王を決める一戦。チャンピオンズカップは2022年で第23回を迎え、昨年はテーオーケインズが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

出走予定馬・ピックアップ

カウディーリョ

中山競馬場で行われるG2「ステイヤーズステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

カウディーリョ(Caudillo)

カウディーリョ・5歳牡馬
13戦5勝 [5-1-0-7]
父:キングカメハメハ
母:ディアデラノビア
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:統領、総統(西)。母系より連想
前走:丹頂ステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:大野拓弥)

丹頂ステークスは多少テンションが高かったものの、地力の差で勝利をもぎ取った。
鞍上に短期免許で来日するムーア騎手を手配しており、重賞初勝利の期待が高まる。
:ムーア騎手は「別の騎手の落馬事故に関する裁判に証人として出廷するため」に短期免許取得を断念するとのこと。)

オセアグレイト(Ocea Great)

オセアグレイト・5歳牡馬
20戦5勝 [5-2-2-11]
父:オルフェーヴル
母:ブルーダヌーブ
母父:Bahri
馬名の由来:オセアニアより+偉大
前走:京都大賞典・6着(14番人気)
(鞍上予定:未定)

昨年のステイヤーズステークス覇者。
その後は勝利こそないものの、前走の京都大賞典でも0.4秒差の6着と悪くない走りを見せている。
アルバート以来となる連覇なるか。

:オセアグレイトは1日の追い切り後に歩様に乱れが生じたためステイヤーズステークスを回避する。)

ピックアップレース
京都大賞典2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の京都大賞典の着順は1着:マカヒキ、2着:アリストテレス、3着:キセキとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
トーセンカンビーナ(Tosen Cambina)

トーセンカンビーナ・5歳牡馬
19戦4勝 [4-4-1-10]
父:ディープインパクト
母:カンビーナ
母父:Hawk Wing
馬名の由来:冠名+母名
前走:アルゼンチン共和国杯・7着(15番人気)
(鞍上予定:横山武史)

長距離戦では昨年の阪神大賞典で2着や天皇賞春5着に入っており適性は示している。
ここが長期休養明けから叩き3走目。
一変ありそう。

ピックアップレース
阪神大賞典2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の阪神大賞典の着順は1着:ユーキャンスマイル、2着:トーセンカンビーナ、3着:メイショウテンゲンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ボスジラ(Bozzhira)

ボスジラ・5歳牡馬
17戦5勝 [5-4-0-8]
父:ディープインパクト
母:ミスパスカリ
母父:Mr. Greeley
馬名の由来:石灰で出来た白亜の大地(カザフスタン)
前走:アルゼンチン共和国杯・15着(8番人気)
(鞍上予定:菅原明良)

昨年の6着馬。
重賞になると少し足らない走りが続いている。
新コンビとなる菅原明良騎手が起爆剤となれば。

ピックアップレース
アルゼンチン共和国杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のアルゼンチン共和国杯の着順は1着:オーソリティ、2着:マイネルウィルトス、3着:フライライクバードとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

他にもステイヤーズステークスには2018年の中山金杯勝ち馬セダブリランテスやアルゼンチン共和国杯6着のアイアンバローズ、丹頂ステークス3着のゴーストなども出走を予定しています。

ステイヤーズステークスは2021年12月4日(土)の15時25分発走予定です。

ステイヤーズステークス2021の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2021年・ステイヤーズステークスの予想オッズはこのように予想しています。
昨年6着からの巻き返しを図るボスジラが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ボスジラ(3.0)
  2. カウディーリョ(4.5)
  3. アイアンバローズ(6.0)
  4. ヴァルコス(8.5)
  5. トーセンカンビーナ(11.0)
  6. ディバインフォース(13.0)
  7. ゴースト(19.0)
  8. シルヴァーソニック(25.0)
  9. セダブリランテス(36.0)
  10. アドマイヤアルバ(45.0)
  11. マンオブスピリット(☆)
  12. アスティ(☆)
  13. バレリオ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

ステイヤーズステークス2021の日程・賞金

ステイヤーズステークス

ステイヤーズステークス2019 モンドインテロ

日程・発走予定時刻
2021年12月4日(土)15時25分発走予定

場所・距離
中山競馬場・芝・3600m


G2

1着賞金
6,200万円

ステイヤーズステークス・プレイバック

ステイヤーズステークス2020 オセアグレイト

2020年・ステイヤーズステークス(GII)

1着:オセアグレイト
2着:タガノディアマンテ(アタマ)
3着:ポンデザール(1-1/2馬身)
4着:タイセイトレイル(1馬身)
5着:ヒュミドール(3/4馬身)

勝ちタイム:3.52.0
優勝騎手:横山 典弘
馬場:稍重

動画・全着順をチェック!
ステイヤーズステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のステイヤーズステークスの着順は1着:オセアグレイト、2着:タガノディアマンテ、3着:ポンデザールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
レース後のコメント
1着 オセアグレイト(横山典弘騎手)
「疲れました。レースは何回も見ているし、中間も乗ったし、昨日も乗って気持ち良さそうに走っていると思っていた。(レースは)プラン通り。道中、ずいぶん、元気良く走っていたので抑えるのに苦労した。そのぶん、手応えほど弾けなかったけど、よくつかまえてくれた。もともと、能力は高い馬で、走っていない時は、順調さを欠いていた。良い感じで競馬ができたので、この後も大きいところで頑張ってもらいたいですね」
関連記事
今後も注目のレースが続く!
阪神ジュベナイルフィリーズは2022年12月11日に阪神競馬場で行われる2歳女王決定戦。阪神JFは2022年で第74回を迎え、昨年はサークルオブライフが制した。阪神ジュベナイルフィリーズの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
朝日杯フューチュリティステークスは2022年12月18日に阪神競馬場で行われる二歳マイル王者を決める一戦。朝日杯FSは2022年で第74回を迎え、昨年はドウデュースが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。