【根岸ステークス2019】結果・動画/コパノキッキングが圧巻の差し切りV

根岸ステークス2019 コパノキッキング

根岸ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の根岸ステークスの着順は1着:コパノキッキング、2着:ユラノト、3着:クインズサターンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の根岸ステークスはコパノキッキングが圧巻の差し切りV

2019年1月27日(日) | 1回東京2日 | 15:45 発走
第33回 根岸ステークス(GIII)ダート・左 1400m
Negishi Stakes (G3)

スポンサーリンク

2019年・根岸ステークスの動画

関連記事
昨年の根岸ステークスはノンコノユメが制していた。

「根岸ステークス 2018」の動画・結果です。根岸Sの結果は1着:ノンコノユメ、2着:サンライズノヴァ、3着:カフジテイク。「ノンコノユメ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・根岸ステークスの結果

1着:コパノキッキング
2着:ユラノト(3/4馬身)
3着:クインズサターン(1-3/4馬身)
4着:モーニン(2馬身)
5着:ワンダーリーデル(1/2馬身)
6着:ノボバカラ
7着:ヤマニンアンプリメ
8着:サンライズノヴァ
9着:キタサンミカヅキ
10着:ケイアイノーテック
11着:クロスケ
12着:ラブバレット
13着:マテラスカイ
14着:サトノファンタシー
15着:メイショウウタゲ
16着:レッドゲルニカ

勝ちタイム:1.23.5
優勝騎手:O.マーフィー
馬場:良

関連記事
コパノキッキングは今回の勝利で4連勝&重賞連勝となった。

カペラステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。2018年のカペラステークスの着順は1着:コパノキッキング、2着:サイタスリーレッド、3着:キタサンミカヅキとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

1着 コパノキッキング(O.マーフィー騎手)
「今後が楽しみな馬。良い位置に楽につけられたので早く先頭にならないように気をつけた。1200がベストだと思う。(フェブラリーSの1600メートルは)難しいかもしれない。今回JRAや多くのサポートを受けてここにいられることをうれしく思う。日本の競馬は世界一だと感じている。」

2着 ユラノト(C.ルメール騎手)
「良い位置も取れたし、簡単に抜け出した。伸びたし精一杯走ってくれた。距離については14〜1600mは問題ない。今日は仕方ない。勝った馬が強かった。次です。」

3着 クインズサターン(四位洋文騎手)
「野中調教師からは、自分のリズムを崩してまで前に急かさなくて良いという指示だった。広々と外で走った方が良い馬なので内枠は心配だったが、中団でよく行ってくれてインコースでも伸びてくれた。ただ2着だったら賞金を加算出来たので悔しいですね。」

4着 モーニン(和田竜二騎手)
「体の使い方が上手くなっている。砂をかぶるのを嫌がらなかった。本番に繋がる内容だった。手応えは掴めた。あとは枠と展開。楽しみです。」

5着 ワンダーリーデル(柴田大知騎手)
「前とくっついているといいけど…。直線もひるんでひるんで。(砂を)かぶらなくなったらもう一脚あった」

6着 ノボバカラ(F.ミナリク騎手)
「いいポジションで手応えよく進められた。リラックスして走ってくれて、追い出してからもしっかり走ってくれた」

7着 ヤマニンアンプリメ(内田博幸騎手)
「コパノキッキングの近くにいなきゃと思ったが、アッという間に離された。最後に苦しいところに来たが、切り替えたらまた伸びた」

8着 サンライズノヴァ(戸崎圭太騎手)
「良い形で行けたが4コーナーでいつも伸びるのに、今日はその感じがなく沈んでしまった。この馬に合う条件なのに、久々にこんな負け方。敗因はわかりません。」

9着 キタサンミカヅキ(森泰斗騎手)
「いつもより下げて、しまいを生かしてくれって指示だった。勝ち馬の後ろにつけられたが、瞬発力の差で突き放されてしまった。残念です」

10着 ケイアイノーテック(藤岡佑介騎手)
「体調は秋以降で一番だった。ダートもダメということはない。また芝で巻き返したい」

12着 ラブバレット(大野拓弥騎手)
「年齢を感じさせない動き。距離はこのくらいまではいいと思う。コースが変わればもう少しやれそう」

13着 マテラスカイ(武豊騎手)
「自分のレースが出来たが、乾いたダートは合わないですね。今日はタイムが持ち時計と差がありすぎました。」

14着 サトノファンタシー(岩田康誠騎手)
「重賞でもう少しうまくやりたかった」

16着 レッドゲルニカ(蛯名正義騎手)
「パサパサのダートだと走りづらい。もう少し締まった馬場がいい」

勝ち馬プロフィール

根岸ステークス2019 コパノキッキング

コパノキッキング(Copano Kicking)せん4/黒鹿毛 村山 明(栗東)
父:Spring At Last 母:Celadon 母父:Gold Halo
馬名の由来:冠名+キックする