【セントポーリア賞 2018】動画・結果/ハッピーグリンが中央勢を蹴散らす

セントポーリア賞 2018 ハッピーグリン

「セントポーリア賞 2018」の動画・結果です。セントポーリア賞の結果は1着:ハッピーグリン、2着:リビーリング、3着:プロトスター。「ハッピーグリン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

5番人気のハッピーグリンが中央勢を蹴散らす

2018年1月28日(日) | 1回東京2日 | 14:35発走
セントポーリア賞 芝・左 1800m
SAINTPAULIA SHO

動画

関連記事

結果

1着:ハッピーグリン
2着:リビーリング(1-1/4馬身)
3着:プロトスター(1-1/2馬身)
4着:ダークナイトムーン(1/2馬身)
5着:トキノパイレーツ(ハナ)
6着:エピックスター
7着:ヴィオトポス
8着:ローザフェリーチェ
9着:ウォルビスベイ
10着:スワーヴエドワード
11着:バトルガラクシア
12着:タイプムーン

勝ちタイム:1.49.8
優勝騎手:大野 拓弥
馬場:良

レース後のコメント

1着 ハッピーグリン(大野拓弥騎手)
「ゲート入りは手こずりましたが、その後は大丈夫でした。内にいる間は少し噛んでいましたが、外に切り返してからはリズムよく走ってくれました。並びかける脚が速かったですし、完勝でした。軽い走りをするので今日のような芝も良かったと思います」

(田中淳司調教師)
「札幌での走りから、自信を持って来させてもらいました。外に出せたら出すように伝えましたが、ジョッキーも『外に出してからの勢いが違った』と言っていました。ゲート入りが悪かったので、このあとどこに使うかは未定ですが、また挑戦したいと思います」

2着 リビーリング(戸崎圭太騎手)
「我慢は利いていましたが、直線でササってしまって厳しかったです」

4着 ダークナイトムーン(田辺裕信騎手)
「遅いペースで絡まれずに行けましたが、硬い馬場での切れ味勝負では分が悪かったです。まだ完成されていませんし、これからだと思います」

6着 エピックスター(柴田善臣騎手)
「脚は使っていますが、まだ子供っぽく、周りを気にしています。少しずつ慣れてくるといいですね」

8着 ローザフェリーチェ(C・ルメール騎手)
「硬い馬場で、フットワークが悪くなってしまいました」

関連記事
昨年のセントポーリア賞はダイワキャグニーが優勝していた。
【セントポーリア賞 2017】動画・結果/ダイワキャグニーが瞬発力勝負を制する

勝ち馬プロフィール

ハッピーグリン(Happy Grin)牡3/栗毛 田中 淳司(招待)
父:ローエングリン 母:レディセラヴィ 母父:アグネスタキオン
馬名の由来:うれしそうな笑い

ハッピーグリンはここ2戦ダートの交流重賞で大敗していた。
芝はこれで3戦1勝・3着2回。
クラシック路線に乗ってきたら楽しみな存在になりそうだ。

関連記事

ハッピーグリンはコスモス賞やすずらん賞でも3着に入るなど芝でも活躍している。
【コスモス賞 2017】動画・結果/ステルヴィオが断然人気に答える