【CBC賞2022】結果・動画/テイエムスパーダ&今村聖奈がレコードV

CBC賞2022 テイエムスパーダ

CBC賞2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のCBC賞の着順は1着:テイエムスパーダ、2着:タイセイビジョン、3着:アネゴハダとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のCBC賞はテイエムスパーダ&今村聖奈がレコードV

2022年7月3日(日) | 3回小倉2日 | 15:35 発走
第58回 CBC賞(GIII)芝・右 1200m
CBC Sho (G3)

スポンサーリンク

2022年・CBC賞の動画

関連記事
昨年のCBC賞はファストフォースが制していた。
CBC賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のCBC賞の着順は1着:ファストフォース、2着:ピクシーナイト、3着:アウィルアウェイとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・CBC賞の結果

スポンサーリンク

1着:テイエムスパーダ
2着:タイセイビジョン(3-1/2馬身)
3着:アネゴハダ(1/2馬身)
4着:スマートリアン(1-1/4馬身)
5着:メイショウチタン(3/4馬身)
6着:ロードベイリーフ
7着:スティクス
8着:タマモティータイム
9着:カリボール
10着:アンコールプリュ
11着:メイショウケイメイ
12着:ファストフォース
13着:レインボーフラッグ
14着:シホノレジーナ
15着:スナークスター
16着:レジェーロ
17着:モントライゼ

勝ちタイム:1.05.8(レコード
優勝騎手:今村 聖奈
馬場:良

関連記事
G1・スプリンターズステークスをにぎわす馬は?
スプリンターズステークスは2022年10月2日に中山競馬場で行われる電撃のスプリント戦。スプリンターズSは2022年で第56回を迎え、昨年はピクシーナイトが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

CBC賞2022 テイエムスパーダ

1着 テイエムスパーダ(今村聖奈騎手)
「うれしいです。本当にチャンスのある馬に乗せていただいて、最高の状態に仕上げてくださった。馬の力を信じて自信を持って乗れたのがよかったと思います」

2着 タイセイビジョン(川田将雅騎手)
「勝ち馬と9キロの(斤量)差がありながらも、ここまで頑張ってくれました。素晴らしい走りでした」

3着 アネゴハダ(藤懸貴志騎手)
「スタートが決まり、取りたい位置が取れました。ロスなく運べましたが、勝ち馬が強かったです」

4着 スマートリアン(秋山真一郎騎手)
「ゲートの開く直前に、頭を下げてしまいました。集中させていましたが・・・その分位置取りが思った通りではありませんでしたので悔やまれます。能力のある馬だけに・・・」

5着 メイショウチタン(荻野極騎手)
「あまりにも極端な馬場傾向でしたからね。最後は脚を使っていますがさすがに届きませんでした。展開が向かなかっただけですし、この馬なりに力を出し切っています」

6着 ロードベイリーフ(和田竜二騎手)
「わりとスタートも出て、この馬なりについていけた。勝負どころではいけそうな雰囲気もあったけど、よく詰めてきている」

7着 スティクス(幸英明騎手)
「勝ち馬について行きましたが、最後は離されました。時計も早すぎた感じです」

8着 タマモティータイム(国分恭介騎手)
「外枠から、かぶされないように運べました。4コーナーもうまく回ってこられました」

10着 アンコールプリュ(藤岡康太騎手)
「最後は反応してくれているのですが時計が速すぎました」

11着 メイショウケイメイ(小沢大仁騎手)
「ゲートが開いてから前が窮屈になり、思ったより少し位置が後ろになりました。速い流れの中でもしっかり脚を使っていますが、前が止まらない展開でした」

12着 ファストフォース(松山弘平騎手)
「外枠で斤量のこともあり前半から一杯一杯でした」

14着 シホノレジーナ(角田大河騎手)
「この馬なりに止めるところが出てしまいました。良い所を走らせてあげれば良かったです」

16着 レジェーロ(団野大成騎手)
「速いペースに巻き込まれましたし、最後は気持ちも切れてしまいました」

勝ち馬プロフィール

CBC賞2022 テイエムスパーダ

テイエムスパーダ(T M Spada)牝3/芦毛 五十嵐 忠男(栗東)
父:レッドスパーダ 母:トシザコジーン 母父:アドマイヤコジーン
馬名の由来:冠名+父名の一部