【クイーンカップ2024】結果・動画/クイーンズウォークが追い比べを制す

クイーンカップ2024 クイーンズウォーク

クイーンカップ2024の結果・動画をまとめた記事です。2024年のクイーンCの着順は1着:クイーンズウォーク、2着:アルセナール、3着:ルージュスエルテとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2024年のクイーンカップはクイーンズウォークが追い比べを制す

2024年2月10日(土) | 1回東京5日 | 15:45 発走
第59回 クイーンカップ(GIII)芝・左 1600m
Queen Cup (G3)

2024年・クイーンカップの動画

JRA公式

ウイニング競馬

関連記事
昨年のクイーンカップはハーパーが制していた。
クイーンカップ2023の結果・動画をまとめた記事です。2023年のクイーンCの着順は1着:ハーパー、2着:ドゥアイズ、3着:モリアーナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2024年・クイーンカップの結果

スポンサーリンク

1着:クイーンズウォーク
2着:アルセナール(クビ)
3着:ルージュスエルテ(1-1/4馬身)
4着:サクセスカラー(1馬身)
5着:モリノレッドスター(1/2馬身)
6着:サンセットビュー
7着:テリオスサラ
8着:コスモディナー
9着:サフィラ
10着:カレンナオトメ
11着:ルージュサリナス
12着:ブライトアゲイン
13着:ガビーズシスター

勝ちタイム:1:33.1
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

関連記事
G1・桜花賞をにぎわす馬は?
桜花賞は2024年4月7日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2024年で第84回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はリバティアイランドが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

クイーンカップ2024 クイーンズウォーク

1着 クイーンズウォーク(川田将雅騎手)
「返し馬も良い雰囲気で終える事が出来たので、成長も感じましたし、自信を持ってこの競馬をして来ました。1600mを走りたいわけではなく、タイミング的にここが良いのかなというところで1600mを使う事になっていますので、先々のためにも、先に繋がる競馬を、という思いでのこの競馬です。(今後が楽しみになりましたが)そのために今日ここを使っているというところです。(川田騎手は今年重賞4勝目で)毎度素晴らしい馬に乗せて頂いていますので、こうやって無事に結果を得る事が出来てありがたく思います」

2着 アルセナール(木村哲也調教師)
「結果的には不利が痛かったです。あれがなければというところです。また体調を整えて、次に向けて頑張っていきます」

3着 ルージュスエルテ(横山和生騎手)
「過敏すぎるというところでメンコを付けることになりましたが、付けた効果はありました。良い意味で気を抜くことができたのですが、リラックスし過ぎてしまうところもあり、スイッチが入らない段階でゲートに入ってしまいました。燃えやすい気性なので、ゲートでいじらずそのままにしていたら、スタートがひと息でした。この形はこの形で収穫がありましたが、ラストは脚が上がってしまいました」

4着 サクセスカラー(田辺裕信騎手)
「新馬の時は、力みやすいところがあると思っていましたが、レースではうまく走れて、これならと思いました。ただ、今日はタイトな競馬になり、力みが入りましたね。最後までバテずに走っていますし、競馬を覚えてくれば楽しみです」

5着 モリノレッドスター(横山武史騎手)
「逃げるというプランはあまり考えていなくて、行く馬を行かせて番手からと思っていました。スタートセンスが良すぎてこういう形になりました。初めての形のレースだったぶん、力んでしまい、もったいないレースになってしまいました。重賞でもしっかり走ってくれましたし、能力があります」

6着 サンセットビュー(三浦皇成騎手)
「少しササるところや、難しい部分はありましたが、最後は内があいたのでしっかり走ってきてくれました。距離はまたまだあった方がむしろ良いタイプだと思いますし、ポテンシャルも高い馬だと思います」

7着 テリオスサラ(戸崎圭太騎手)
「前走はテンションが高かったということで、その辺りが気になっていたのですが、今日は我慢してくれていたのでよかったです。ゲートも大人しかったです。最後、バテていないのですが、もうすこし速い脚が欲しかったです」

8着 コスモディナー(松岡正海騎手)
「体が戻って馬の雰囲気は良かった。2、3番手で運ぶつもりだったが、ゲートを出ずあの位置に。最後は脚を使ってくれましたが…」

9着 サフィラ(松山弘平騎手)
「スタートが良く、2列目で競馬をする形になったのですが、4コーナーで先に手応えがなくなってしまいました」

10着 カレンナオトメ(菅原明良騎手)
「テンションが上がってきていて、我慢がきかない状態でした。ゲートはなんとか出てくれて、道中の雰囲気は良かったのですが、追ってから伸び切れなかったです」

11着 ルージュサリナス(R.キングスコート騎手)
「まだ、ひ弱で道中から追っつける競馬になりました。キャリアを重ねていい方に向かってほしい」

12着 ブライトアゲイン(石橋脩騎手)
「ゲートを上手に出て、番手でついて行く形になりましたが、大きくバテずに頑張ってくれました。この先、良くなってくれば」

13着 ガビーズシスター(R.キング騎手)
「いいスタートが決まって、4角も手応えは良かったが、そこから伸びなかった。クッションが利いた芝かダートの方がいいかも」

勝ち馬プロフィール

クイーンカップ2024 クイーンズウォーク

クイーンズウォーク(Queen’s Walk)牝3/黒鹿毛 中内田 充正(栗東)
父:キズナ 母:ウェイヴェルアベニュー 母父:Harlington
馬名の由来:ロンドンのランベスブリッジとタワーブリッジ間の遊歩道