にほんブログ村 競馬ブログへ

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 ラッキーライラック

「阪神ジュベナイルフィリーズ 2017」の動画・結果です。阪神ジュベナイルフィリーズの結果は1着:ラッキーライラック、2着:リリーノーブル、3着:マウレア。「ラッキーライラック」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2番人気のラッキーライラックが2歳女王に君臨する

2017年12月10日(日) | 5回阪神4日 | 15:40 発走
第69回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)芝・右・外 1600m
Hanshin Juvenile Fillies (G1)

動画

結果

1着:ラッキーライラック
2着:リリーノーブル(3/4馬身)
3着:マウレア(1/2馬身)
4着:トーセンブレス(2-1/2馬身)
5着:モルトアレグロ(3/4馬身)
6着:ラテュロス
7着:グリエルマ
8着:ソシアルクラブ
9着:ロックディスタウン
10着:マドモアゼル
11着:ノーブルアース
12着:トーセンアンバー
13着:コーディエライト
14着:サヤカチャン
15着:レグルドール
16着:ハイヒール
17着:ラスエモーショネス
18着:ナディア

勝ちタイム:1.34.3
優勝騎手:石橋 脩
馬場:良

レース後のコメント

1着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)

1着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「前回は力んでいたので、今日は返し馬から気をつけてのぞみました。今日は落ち着いていました。頭のいい馬です。道中はうまく運べました。この馬の力は分かっていたので信じて乗りました。身体能力が高い馬で、運もあります。このまま無事にいってもらいたいです。久々のGIですが、この馬で勝ちたいと思っていました」

1着 ラッキーライラック(松永幹夫調教師)
「力を出し切ってくれればいいレースはしてくれるだろうと思っていました。アルテミスステークスの時より冷静にレースを見ることができました。今日のレースぶりを見て改めて力があると感じました。このあとは桜花賞を目指すことになりますが、距離が延びてさらにいい馬だと思いますから将来が楽しみです」

2着 リリーノーブル(川田将雅騎手)
「中1週のレースでしたが、テンションが上がることなくいい内容のレースでした。抜け出してからつかまりはしましたが、今日のところは勝ち馬が強かったということで内容的には良かったと思います。来年は逆転できるようにこれから過ごしていければと思います」

3着 マウレア(戸崎圭太騎手)
「これまでの2戦と同じく、上手なレースをしてくれました。まだ追ってから遊ぶところがあって、グッとくる所がありません。狭いところには入って行けるのですが…。でも、今後の成長が楽しみな馬です」

4着 トーセンブレス(柴田善臣騎手)
「馬込みも我慢して、ギアチェンジもしっかりできました。脚も使っています。できればもう少しレースが(速いペースで)流れてくれれば良かったですね」

5着 モルトアレグロ(吉田隼人騎手)
「今日はイレこみが強かったです。メンコは効いていませんでした。競馬のセンスはいいですね。外回りでイメージ通りのレースでしたが、ラストはフラフラしていました。外回りの1600mはもっと落ち着きがほしいですね」

6着 ラテュロス(北村友一騎手)
「初めての騎乗でしたが、ゲートセンスが良くいいポジションを取れました。理想の位置と思えたのですが、ロックディスタウンが外から早めに動いてくれればこの馬にいい流れになったと思います。直線ではジリジリ脚を使って頑張ってくれています」

8着 ソシアルクラブ(福永祐一騎手)
「伸びそうな感じなのですが、まだそのポテンシャルを使い切れていない感じです。雰囲気があるので、体がととのえばもっとやれそうな感じです。もう少し距離があった方が良さそうです」

11着 ノーブルアース(鮫島良太騎手)
「(スタートで)出たところでレースをしようと思っていました。折り合いがつきすぎました。かといって仕掛けるわけにもいきませんからね。ラストはいい脚を見せてくれました」

12着 トーセンアンバー(横山和生騎手)
「馬込みの中で折り合いがつきました。成長を感じました。今日はチャレンジャーでしたから、内をついていいところを見せてくれました。この経験が今後生きてくればいいですね」

13着 コーディエライト(和田竜二騎手)
「ジワッとは行きましたが、番手よりもハナに行った方がいいように思います」

14着 サヤカチャン(松岡正海騎手)
「ゲートで元気がありませんでした。返し馬からかかるところもなく、気が乗っていない感じです。全体的に元気がありませんでした」

16着 ハイヒール(藤岡佑介騎手)
「スムーズでしたが、もまれて嫌がるところがあります。いい馬です」

18着 ナディア(四位洋文騎手)
「馬が力んでしまいました」

勝ち馬プロフィール

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 ラッキーライラック

ラッキーライラック(Lucky Lilac)牝2/栗毛 松永 幹夫(栗東)
父:オルフェーヴル 母:ライラックスアンドレース 母父:Flower Alley
馬名の由来:五弁のライラックの花(幸運のシンボル)

関連記事

・ラッキーライラックはこれで無傷の3連勝。来年のクラシックは彼女が中心に回りそうだ。

アルテミスステークス 2017 ラッキーライラック

【アルテミスステークス 2017】動画・結果/ラッキーライラックが無傷の2連勝

「アルテミスステークス 2017」の動画・結果です。アルテミスステークスの結果は1着:ラッキーライラック、2着:サヤカチャン、3着:ラテュロス。「ラッキーライラック」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

・昨年の阪神ジュベナイルフィリーズはソウルスターリングが優勝していた。

阪神ジュベナイルフィリーズ 2016 ソウルスターリング

【阪神ジュベナイルフィリーズ 2016】動画・結果/ソウルスターリングが無傷の3連勝

「阪神ジュベナイルフィリーズ 2016」の動画・結果です。阪神ジュベナイルフィリーズの結果は1着:ソウルスターリング、2着:リスグラシュー、3着:レーヌミノル。「ソウルスターリング」が勝利した阪神JFの詳しい結果、動画をご覧ください。