【日経賞2021】追い切り/動きを見極め勝利に近づけ

日経賞2021 追い切り

日経賞2021の追い切り・コメントの記事です。日経賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2021年3月27日(土) | 3回中山1日 | 15:45 発走
第69回 日経賞(GII)芝・右 2500m
Nikkei Sho (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2021年・日経賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
日経賞は2021年3月27日に中山競馬場で行われる天皇賞春の前哨戦。日経賞は2021年で第69回を迎え、昨年はミッキースワローが勝利した。日経賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも高松宮記念などが開催される。
高松宮記念は2021年3月28日に中京競馬場で行われる春のG1戦の始まりを告げる戦い。2021年で第51回を迎え、スピード自慢が集結する。昨年はモズスーパーフレアが制した。高松宮記念の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
毎日杯は2021年3月27日に阪神競馬場で行われる三歳限定の中距離重賞。毎日杯は2021年で第68回を迎え、昨年はサトノインプレッサが制した。毎日杯の出走予定馬・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。
マーチステークス2021の出走予定馬・騎手の情報です。2021年のマーチステークスの出走予定馬にはアメリカンシードやメモリーコウなどが名を連ねています。重賞の常連から連勝中の新星など楽しみなメンバーが名を連ねた。裏開催でも目が離せない戦いになりそうだ。
スポンサーリンク

日経賞2021の追い切りをチェック!

日経賞2021 追い切り

日経賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
高松宮記念2021の追い切り・コメントの記事です。高松宮記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アールスター

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.2-39.3-25.3-12.4(馬なり)

大久保助手
「動きは良くなってきたし、精神面も成長を感じる」
ウインキートス

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 69.6-53.0-38.0-12.5(馬なり)

丹内騎手
「凄く充実している。2000メートルだと短いぐらいなので距離はいい。重賞でもチャンスがあると思っている」

宗像調教師
「鞍上の言うことをよく聞いて動きも良かった」

ウインマリリン

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 69.5-53.9-39.8-12.6(G前仕掛け)

手塚調教師
「前走より状態はかなりいい」
オセアグレイト

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.5-53.0-39.7-12.6(馬なり)

菊川調教師
「今週の稽古の動きはすごくよく見えた」
カレンブーケドール

最終追い切り
美浦・坂路・稍重
800m 52.1-38.2-25.2-13.0(馬なり)
サトノエルドール(馬なり)を0.5秒追走・同入

国枝調教師
「追い切りは坂路で一番時計タイ。有馬記念(5着同着)もいいところを見せていたし、ここは頑張ってもらいたい」
ゴーフォザサミット

最終追い切り
美浦・南W・稍重
6F 83.0-67.6-52.9-38.6-13.5(馬なり)
レッドサイオン(馬なり)の内0.4秒追走・同入

藤沢和調教師
「追い切りの動きは良かった。前走でスイッチが入った感じ」
サトノルークス

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 84.5-67.3-52.0-38.4-12.2(一杯)
スヴァルナ(一杯)の内0.4秒追走・アタマ先着

池江調教師
「リズム重視でコンディションを整える程度。今回の条件は合っています」
シークレットラン

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.0-51.9-38.7-13.1(馬なり)
タンジェントアーク(一杯)の内同入

田村調教師
「きっちり仕上がった。この時期の中山の馬場は合う」
ジャコマル

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 84.2-67.6-53.1-39.1-12.6(一杯)

松永幹調教師
「順調。できればハナに行ってもらえれば」
ダンビュライト

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.8-37.9-24.6-12.5(馬なり)
インディチャンプ(一杯)に0.1秒先行・同入

音無調教師
「いい時計。いつ走るか分からない馬だが、中山は実績がある」
ナイママ

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 69.2-53.9-39.8-12.9(馬なり)

武藤調教師
「元気いっぱい。今の時計のかかる馬場は合う」
ヒュミドール

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.9-51.9-38.1-12.0(強め)
エバーサニーハート(一杯)の外1.6秒先行・0.4秒先着

小手川調教師
「追い切りはやればやるだけ動く。瞬発力があるので2500メートルにも不安はない」
ムイトオブリガード

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.7-38.4-24.8-12.4(一杯)

角田調教師
「動きは良かった。短期放牧を挟んで立て直した」
ラストドラフト

最終追い切り
美浦・ポリ・良
5F 65.6-51.1-37.4-12.1(馬なり)
ビバヴィットーリオ(馬なり)の内0.6秒追走・同入

斎藤助手
「ジョッキーは『先週より状態がいい』と言ってくれました。折り合い面も良くなっています」
ワールドプレミア

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.0-66.8-51.8-37.9-12.1(一杯)

友道調教師
「徐々に良くなってきています。ちょっと重い感じがあったけど、直線だけ追ってもらって(仕上がりは)間に合ったかなと思います」
関連記事
武豊騎手は負傷により騎乗見合わせ・復帰は5月ごろ
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(9/25・9/26)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
大阪杯は2021年4月4日に阪神競馬場で行われる春の中距離王を決める一戦。2021年で第65回を迎え、豪華メンバーが集結。昨年はラッキーライラックが制した。大阪杯の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。
桜花賞は2021年4月11日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2021年で第81回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はデアリングタクトが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。

シェアする