【新潟記念2022】追い切り/抜群の動きを見せたのは

新潟記念2022 追い切り

新潟記念2022の追い切り・コメントの記事です。新潟記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2022年9月4日(日) | 3回新潟8日 | 15:45 発走
第58回 新潟記念(GIII)芝・右 2000m
Niigata Kinen (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2022年・新潟記念の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
新潟記念2022の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2022年の新潟記念の出走予定馬にはヒートオンビートやフェーングロッテンなどが名を連ねています。注目レースの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも札幌2歳ステークスなどが開催される。
札幌2歳ステークス2022の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2022年の札幌2歳Sの出走予定馬にはダイヤモンドハンズやブラストウェーブなどが名を連ねています。注目レースの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
小倉2歳ステークス2022の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2022年の小倉2歳Sの出走予定馬にはプロトポロスやクリダームなどが名を連ねています。注目レースの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

新潟記念2022の追い切りをチェック!

新潟記念2022 追い切り

新潟記念に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
札幌2歳ステークス2022の追い切り・コメントの記事です。札幌2歳Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
小倉2歳ステークス2022の追い切り・コメントの記事です。小倉2歳Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
イクスプロージョン

最終追い切り
栗東・坂路・良(和田竜)
800m 57.1-41.5-26.9-13.4(馬なり)

房野助手
「以前はハミを自分から取らなかったのが、4走前から取るようになった。ブリンカーの効果も大きいのでしょう。距離が延びるのも問題ないと思います」
エヒト

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 50.2-36.3-23.6-11.7(一杯)
ダイシンピスケス(一杯)を0.4秒追走・0.4秒先着

高野助手
「少し疲れが見られたので小倉記念の予定をここへ切り替えて乗り込んできました。少し急仕上げではありますが、レースまでに調子を上げていければ」
カイザーバローズ

最終追い切り
栗東・CW・良(中井)
6F 81.9-66.1-52.0-37.5-11.5(強め)
アスクコンナモンダ(馬なり)の内1.2秒追走・0.3秒遅れ

片山助手
「前走は返し馬からモタれ方がきつく、レースにいっても制御するのが難しい状況でした。中間は立て直しを図り、牧場でうまく調整してくれました」
カナリキケン

最終追い切り
美浦・南W・重(木幡初)
5F 66.4-51.1-36.8-11.7(G前仕掛け)
クルールデュヴァン(馬なり)の内1.2秒追走・同入

竹内調教師
「古町Sを除外ならこちらへ。動きは良かったし、好調をキープ」
カラテ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.0-38.9-25.8-12.5(末強め)

辻野調教師
「軽い走りで動けるようになっています。(距離延長については)以前管理されていた高橋祥師が『そのうちマイルは厳しくなると思う』とおっしゃられていました。走りを見ても中距離の適性があると思います」
ココロノトウダイ

最終追い切り
美浦・坂路・重(助手)
800m 52.5-38.4-25.0-12.4(強め)
コースタルテラス(一杯)を0.2秒追走・同入

手塚調教師
「坂路で十分乗り込んできました。もう少し下(トラック)でやりたかったところもあるが、気はいいタイプなので。大型馬でも仕上がっています」
コトブキテティス

最終追い切り
美浦・坂路・重(助手)
800m 54.5-40.2-26.5-12.9(一杯)

田島調教師
「脚元の不安が長引いたので坂路で。見た感じ太め感はないけど、使いつつかも」
「追い切りは坂路で単走。今は脚元も落ち着いている」
ゴールドスミス

最終追い切り
美浦・南W・重(吉田豊)
6F 83.1-66.1-50.8-36.8-11.7(馬なり)
エレガンテレイナ(強め)の内1.1秒追走・0.1秒先着

高柳瑞調教師
「前の馬にしっかりと詰め寄っていた。好調をキープしているし、荒れ馬場も合うはず」
サンレイポケット

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.5-39.2-25.5-12.5(馬なり)

鵜木助手
「函館帰りになるけど状態は変わらず。左回り2000メートルはベストの条件。ハンデは背負うが流れが向けば」
「前走は斤量を背負い、道悪で厳しかった。この条件はいい」
スカーフェイス

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.2-39.2-24.8-12.1(一杯)

橋田調教師
「先週しっかりやったのでこれでいい。いい感じだし、前走で減った馬体も戻った。左回りには実績がないが、直線の長い新潟のワンターンにも対応してくれると思う」

村井助手
「先週トラックでしっかりやっているので、今朝は感触を確かめる程度で。しまいの反応もいい感じでした」

ディアマンミノル

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 83.7-67.1-51.1-36.0-11.6(一杯)
ウラエウス(末強め)の外0.5秒追走・クビ遅れ

本田調教師
「しまい重点で(首差遅れたが)追いかけていったからね。休み明けでも大丈夫。ここ2走はいい脚を使ったし、走る気になってきたのかな」

中井助手
「久々はズブいところがあるけど先週より動きが良化。前走でもラストの脚は目立っていたし、ここも展開ひとつ」

ヒートオンビート

最終追い切り
栗東・ポリ・良(助手)
6F 83.1-67.0-52.3-38.4-11.5(馬なり)

友道調教師
「うちの厩舎に来た当初はゴール前で気を抜く面があったけど、それも徐々に解消し最後までしっかり走れるようになってきた。暑さも全くこたえてない感じで具合は良さそう。池添騎手はこの馬のことを一番分かってくれているジョッキー。前走(七夕賞2着)の福島より直線の長い新潟の方が走りやすいと思うから、もうひと押しを」
フェーングロッテン

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.7-38.1-24.6-12.1(馬なり)

宮本調教師
「素晴らしい動き。躍動感があった。妥当なハンデ。心身ともに成長しているし、ここで結果が出せたら、その後が楽しみになる」

久保助手
「全く違う競馬をして連勝。ブリンカー効果が出てきたのもありますが、競馬に幅が出てきました。精神的な成長はもちろん、ひと夏を越して体もさらに成長した感じ。古馬相手になるので力関係がどうかだけど、自分の競馬さえできれば」

フォワードアゲン

最終追い切り
新潟・芝・重(助手)
5F 66.7-51.1-37.7-11.9(馬なり)

中野調教師
「現地の新潟芝で馬なり。先週、函館から移動して順調に来ている。渋った馬場になれば歓迎」
「軽めの追い切りは予定どおり。ゆったり流れる外回りは合う」
プリマヴィスタ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.4-39.4-25.3-12.3(馬なり)

安藤助手
「歩様は大丈夫。先週、負荷をかけて今週はサラッと。順調に来ています」
プレシャスブルー

最終追い切り
美浦・南W・重(助手)
6F 84.7-67.8-53.1-38.8-12.0(強め)
サバンナモンキー(一杯)の内1.1秒追走・0.6秒先着

相沢調教師
「いい動きだったし状態は維持できている。前走は時計が速かった。外回りの2000メートルは実績があるしね。体はそれほど変わっていないけど条件はそろっている。馬場が悪くなるとチャンスだね」
ユーキャンスマイル

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.4-39.1-25.1-12.3(一杯)

友道調教師
「年齢は重ねていますけど、馬はまだまだ若いですね。具合もいいですし、得意にしているコースなのでチャンスだと思っています」
レッドジェネシス

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
5F 69.1-52.5-36.6-11.1(一杯)

友道調教師
「全く能力を出していないから前走後も疲れがなかった。復調気配はある」

2022年・新潟記念の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2022年 新潟記念|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2022年・新潟記念の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は小倉2歳ステークスでクリダームに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(10/8・10/9・10/10)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
紫苑ステークスは2022年9月10日に中山競馬場で行われ、関東から秋華賞へ向かう馬にとって重要な一戦。紫苑ステークスは2022年で第7回を迎え、昨年はファインルージュが制した。紫苑Sの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
セントウルステークスは2022年9月11日に中京競馬場で行われる6ハロンの電撃戦。2022年で第36回を迎え、毎年スピード自慢が集う一戦。昨年はレシステンシアが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

シェアする