【ニュージーランドトロフィー2024】追い切り・コメント/調教を見てわかる事

ニュージーランドトロフィー2024 追い切り

ニュージーランドトロフィー2024追い切り・コメントの記事です。NZTの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

調教を見てわかる事

2024年4月6日(土) | 3回中山5日 | 15:45 発走
第42回 ニュージーランドトロフィー(GII)芝・右 1600m
New Zealand Trophy(NHK Mile Cup Trial) (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2024年・ニュージーランドトロフィーの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
ニュージーランドトロフィーは2024年4月6日に中山競馬場で行われる三歳マイル王への前哨戦。NZTは2024年で第42回を迎え、昨年はエエヤンが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも桜花賞などが開催される。
桜花賞は2024年4月7日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2024年で第84回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はリバティアイランドが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
阪神牝馬ステークスは2024年4月6日に阪神競馬場で行われる古馬牝馬限定のG2戦。阪神牝馬Sは2024年で第67回を迎え、昨年はサウンドビバーチェが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

ニュージーランドトロフィー2024の追い切りをチェック!

ニュージーランドトロフィー2024 追い切り

ニュージーランドトロフィーに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
桜花賞2024の追い切り・コメントの記事です。桜花賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
阪神牝馬ステークス2024の追い切り・コメントの記事です。阪神牝馬Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
スポンサーリンク

エイムフォーエース

最終追い切り
船橋・良(西村栄)
6F 91.8-72.2-52.9-38.8-12.3(馬なり)

山下貴調教師
「間隔が詰まっているので調整程度。仕上がっているし体調は問題ない」

エコロブルーム

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(横山武)
5F 65.8-51.0-36.2-11.1(一杯)

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.9-38.7-25.3-12.6(馬なり)
オセアダイナスティ(強め)を0.4秒追走・0.1秒先着

加藤征調教師
「先週Wでしっかり追ったので今週は坂路で整える程度。動きも良かったし言うことない。脚質的にも中山が非常に合う。良馬場希望です」
「前走は進路取りの差。舞台設定は合っているし、道中息を入れられれば」

エンヤラヴフェイス

1週前追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.9-40.4-26.0-13.2(馬なり)

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.8-39.0-25.0-12.5(一杯)
ロードラディウス(末強め)を1.6秒追走・同入

森田調教師
「ラスト1Fがもうひとつだった。本来ならもっと時計も出る。併せた馬を突き放すぐらいでなければ。相変わらず、ひるむところがあるのでスムーズな競馬ができれば」

オーサムストローク

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(田辺裕)
6F 83.9-67.2-51.5-36.6-11.5(G前仕掛け)
カイザーブリッツ(馬なり)の外0.4秒追走・同入

最終追い切り
栗東・坂路・良(田辺裕)
5F 67.8-52.6-38.1-11.6(馬なり)
スズカコーズ(馬なり)の内0.5秒追走・同入

田辺騎手
「気が入る馬なので、久しぶりでも大丈夫そう。当日のテンションが鍵」

伊藤圭調教師
「仕上がっているし常に一生懸命に走る気性。休み明けでも心配ない。前々でレースを運びたい」

カズミクラーシュ

1週前追い切り
栗東・坂路・不良(助手)
800m 58.1-42.8-27.8-13.8(馬なり)

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.1-39.8-26.3-13.1(馬なり)
ディスペランツァ(馬なり)を0.2秒追走・クビ先着

吉岡調教師
「中2週だけど、しっかり調教をやれて動きは非常にいい。勝った前走も状態は良かったけど前走以上だと思う。能力が高く、重賞でも力は通用しそう」

キャプテンシー

1週前追い切り
栗東・CW・不良(M.デムーロ)
6F 81.6-67.1-52.7-37.4-11.4(一杯)
ラスハンメル(強め)の内1.0秒追走・同入

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.6-38.6-24.4-12.1(馬なり)
ラスハンメル(馬なり)に0.5秒先行・同入

松永幹調教師
「相手に合わせるような調教だったが、無理せずにいい時計が出ました。良くなるのはもっと先だとみていたが、思った以上に成長が早いですね。ハナにはこだわらず、マイペースで進めたい」

クリーンエア

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(助手)
6F 84.7-67.8-52.3-37.2-11.6(直強め)
フローティンローズ(馬なり)の外0.3秒先行・0.2秒遅れ

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
6F 83.4-66.4-51.6-37.8-11.7(馬なり)

上原博調教師
「動きは良かった。前走は馬場が悪くて3、4コーナーでのめっていたが雨馬場は経験できているので」

サトミノキラリ

1週前追い切り
美浦・ウッド・重(助手)
4F 55.9-40.4-12.7(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(横山武)
5F 70.1-54.5-39.3-11.3(G前仕掛け)
サトミノマロン(馬なり)の内0.6秒追走・0.4秒先着

鈴木伸調教師
「時計は出ていなかったけど動きは良かった。前走は消化不良のレースだったが、休み明けを一度使って良くなっている」

シャインズオンユー

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(石川裕)
5F 66.6-52.3-37.7-11.5(G前仕掛け)
ムーンウォーク(強め)の内0.6秒追走・0.4秒先着

最終追い切り
美浦・ウッド・良(石川裕)
6F 83.9-67.4-53.1-38.6-11.6(馬なり)
マイネルシーマー(末強め)の内0.7秒追走・0.2秒先着

青木調教師
「順調に来ています。良いものは持っているが、馬体が幼くて未完成。胸を借りるつもりでどこまでやれるか」

スパークリシャール

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(調教師)
6F 87.3-71.3-56.6-41.0-12.6(馬なり)
ゴルトシュトラール(馬なり)の内0.3秒追走・同入

最終追い切り
美浦・ウッド・良(調教師)
6F 83.3-67.4-52.1-37.6-11.6(馬なり)
フィールシンパシー(馬なり)の外0.8秒先行・同入

小島調教師
「状態は変わりなく来ている。相手なりに走れるのが特徴だが、気持ちが入り過ぎるので当日のテンションが鍵」

デビッドテソーロ

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(助手)
6F 84.8-67.8-53.3-39.0-12.8(馬なり)

最終追い切り
美浦・ウッド・良(原優)
5F 68.2-53.3-38.6-11.4(馬なり)
コスモインシスト(馬なり)の内0.8秒追走・0.1秒先着

小手川調教師
「前走ブリンカーを着けた効果が非常にあった。攻め馬でも良い動きを見せている。能力はあるし重賞でも」
「体調はすごくいい。道悪もこなしてくれるはず」

ドリーミングアップ

1週前追い切り
美浦・坂路・重(助手)
800m 58.4-42.0-27.7-13.7(馬なり)

最終追い切り
美浦・坂路・良(吉田豊)
800m 55.0-39.6-25.5-12.3(末強め)
コッレヴェッキオ(強め)を0.7秒追走・0.2秒先着

高橋文調教師
「坂路で時計がかかる中で動けた。今の中山は外を回しても間に合わないのでインを突ける競馬ができれば。暖かくなって硬さは取れてきた」

ブライトマン

1週前追い切り
美浦・ウッド・稍重(三浦皇)
6F 87.7-71.2-56.1-40.5-12.0(馬なり)
シャンパンマーク(馬なり)の内0.5秒追走・同入

最終追い切り
美浦・坂路・良(三浦皇)
800m 54.0-39.5-25.5-12.5(馬なり)
ソルドラード(末強め)に0.4秒先行・同入

蛯名正調教師
「元気があふれている。展開もそうだが気持ちも向くか。ポテンシャルはある」
「子供っぽさが抜けないので、その辺りのコントロールが鍵」

ボンドガール

1週前追い切り
美浦・ウッド・良(鮫島駿)
6F 79.8-63.5-50.4-36.5-11.2(強め)

鮫島駿騎手
「折り合いが難しそうなタイプだと思っていたが、スムーズに追い切れた。来て良かった」

最終追い切り
美浦・ウッド・良(嶋田)
6F 86.2-69.3-53.5-38.1-11.2(馬なり)

手塚調教師
「先週しっかりやっているし、動きは十分。デキや雰囲気は阪神JFを使おうとしたときよりいい」

ユキノロイヤル

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 67.9-52.6-37.7-11.9(G前仕掛け)

小野調教師
「中間も順調に来ています。前走は強いレースだった。ハミを取り過ぎる面があるので、前に馬を置いて折り合いたい」
「好調を維持できている。舞台は合うので、スムーズに先行できれば重賞でも」

ルージュスエルテ

1週前追い切り
美浦・坂路・重(助手)
800m 52.8-38.5-25.5-12.8(末強め)
ワンデイモア(強め)を0.3秒追走・0.1秒先着

国枝調教師
「坂路である程度しっかりやろうと思っていました。馬場が重いなかでもしっかり動けていましたし、良い1週前追い切りが出来たと思います」

最終追い切り
美浦・坂路・良(助手)
800m 51.8-37.3-24.7-12.4(馬なり)
ワンデイモア(強め)を0.4秒追走・0.2秒先着

国枝調教師
「前さばきの硬さは残るが良い雰囲気。逃げなくても競馬はできそう」

鈴木助手
「相手を前に置いて無理をしないでやったが、楽に動けていい時計。ある程度ポジションを取って、前を見る競馬ができればチャンスはあると思います」

2024年・ニュージーランドトロフィーの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2024年 ニュージーランドトロフィー|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2024年・ニュージーランドトロフィーの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は桜花賞でスウィープフィートに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/1・6/2)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
皐月賞は2024年4月14日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2024年で第84回を迎え、昨年はソールオリエンスが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
天皇賞春は2024年4月28日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2024年で第168回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はジャスティンパレスが制した。天皇賞春の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。