【マイラーズカップ2021】結果・動画/ケイデンスコールが差し切り快勝

マイラーズカップ2021 ケイデンスコール

マイラーズカップ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のマイラーズカップの着順は1着:ケイデンスコール、2着:アルジャンナ、3着:カイザーミノルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のマイラーズカップはケイデンスコールが差し切り快勝

2021年4月25日(日) | 2回阪神10日 | 15:35 発走
第52回 マイラーズカップ(GII)芝・右・外 1600m
Milers Cup (G2)

スポンサーリンク

2021年・マイラーズカップの動画

関連記事
昨年のマイラーズカップはインディチャンプが制していた。
マイラーズカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のマイラーズカップの着順は1着:インディチャンプ、2着:ベステンダンク、3着:ヴァンドギャルドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・マイラーズカップの結果

スポンサーリンク

1着:ケイデンスコール
2着:アルジャンナ(1-1/4馬身)
3着:カイザーミノル(ハナ)
4着:ダイワキャグニー(アタマ)
5着:エアロロノア(クビ)
6着:ザイツィンガー
7着:ギベオン
8着:エアスピネル
9着:ワールドウインズ
10着:ブラックムーン
11着:ラセット
12着:ボンセルヴィーソ
13着:ルフトシュトローム
14着:フォックスクリーク
15着:ベステンダンク
除外:パンサラッサ

勝ちタイム:1.31.4
優勝騎手:古川 吉洋
馬場:良

関連記事
G1・安田記念をにぎわす馬は?
安田記念は2021年6月6日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2021年で第71回を迎え、昨年はグランアレグリアが制した。安田記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

マイラーズカップ2021 ケイデンスコール

1着 ケイデンスコール(古川吉洋騎手)
「馬が強かったです。走るというイメージがある馬で、いいレースだけ見て、いいイメージで乗りました。(道中は)思ったよりテンが速くなったので、予定はもうちょっと前へ行って内に行こうかと思っていたのですが、思っていたより流れたので構える形になりました。(直線で抜け出す脚は)もう手応え通り、期待通りでした。(自身にとってライトオンキューで制した19年・京阪杯以来の重賞勝利で)うれしいです。乗せていただいたことに感謝しています」

2着 アルジャンナ(福永祐一騎手)
「ちょっと直線、スペースがなくて、内にモタれたのもあり、加速が鈍くなったけど、最後まで伸びている。長期休み明けだったし、まだまだ良化の余地はある。力がある所は見せてくれた」

3着 カイザーミノル(荻野極騎手)
「積極的に出して行こうと思っていた。前に主張する馬が多くて、じっくり脚をためる形になった。能力は証明してくれた」

4着 ダイワキャグニー(幸英明騎手)
「勝ち馬には抜けられましたが、2着とは差がなかったです。さすがに良い馬だと思います」

5着 エアロロノア(池添謙一騎手)
「オープンでこれだけ速いペースで競馬をするのが初めてで、道中追っつけていた。それでも食らいついていたし、能力はある。初の重賞でこれだけやれたし、体がしっかりすれば、やれる」

6着 ザイツィンガー(北村友一騎手)
「頑張ってくれました。良い競馬をしてくれました。最後も伸びています」

7着 ギベオン(西村淳也騎手)
「道中の感じは良かったです。久々のマイルも対応してくれました。この馬場でもしっかり来られましたし、次は前走くらいの状態で迎えると思うので、頑張りたいです」

8着 エアスピネル(鮫島克駿騎手)
「ポジション的には悪くなかったと思いますが、(追い出しを)待てる余裕がなくて、早めに促す形になりました。ジリジリ伸びていますが、久々の芝でこれだけ時計の速いレースになり、戸惑いもあったのかもしれません」

9着 ワールドウインズ(藤岡康太騎手)
「スタートは出てくれているんですけど、ペースが速くて、後ろの位置になりました。リズム重視で、しっかり脚を使ってくれていたし、これから良くなります」

10着 ブラックムーン(団野大成騎手)
「この年齢で馬が競馬を覚えているのか、もう少しテンでリズムに乗せて、流れに乗せていきたかったのですが、促してもハミが取れず、いつもと同じようなレースになりました。しっかり脚は使えていますが、時計も速かったですし、最後も際どいところまで来ています。頑張ってくれました」

11着 ラセット(秋山真一郎騎手)
「促してるくらいだったし、行きっぷりが良くなかった。思ったより動けなかった」

12着 ボンセルヴィーソ(松若風馬騎手)
「位置的には良かったのですが、ペースが速かったですね。もう少し(この馬の)ペースができれば良かったですね」

13着 ルフトシュトローム(岩田望来騎手)
「少しポジションを取りに行っても良かった。折り合いは問題なかった。少し外を回る形になって、申し訳なかった」

14着 フォックスクリーク(藤岡佑介騎手)
「ハナに行けるのが理想かなと思い、結構仕掛けて行きましたが、行き切れずペースだけが速くなりました。その分止まったという感じですね」

15着 ベステンダンク(浜中俊騎手)
「ブリンカーを着けて、どこまでの競馬ができるか、と思っていた。外からからまれたときに、控えようかと思ったけど、馬が行っていた。ブリンカーも効いていましたね」

勝ち馬プロフィール

マイラーズカップ2021 ケイデンスコール

ケイデンスコール(Cadence Call)牡5/鹿毛 安田 隆行(栗東)
父:ロードカナロア 母:インダクティ 母父:ハーツクライ
馬名の由来:軍隊で訓練時に唱和される行進曲、訓練歌

関連記事
ケイデンスコールは今年の京都金杯も制している。
京都金杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の京都金杯の着順は1着:ケイデンスコール、2着:ピースワンパラディ、3着:エントシャイデンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。